~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
女性を美しくする生薬


300種以上ある生薬の中で唯一(?)見目美しい生薬・・・
その名は「玫塊花(まいかいか)」



バラの花のつぼみが生薬だなんて、なんて素敵でロマンチック♪




P1040638.jpg

ほら、ローズのカップにもとっても映えるでしょ!
これも立派な薬膳茶。
信じられない。愛らしいわ~~~~~♪



大ヤモリやゴキブリ、ヒル、ムカデ、ミミズ、セミの抜け殻など
そうそうたるキモ系生薬がある中での唯一の癒し系。

ありがとう~~~~玫塊花!!!





香港では三花茶という名前で養顔(美肌という意味)茶として飲まれていました。

P1050510.jpg

手前から玫塊花、菊花、一番奥は茉莉花(まつりか=ジャスミン)





ストレスがある時のリラックスに。

シミが気になるお肌に。

血の流れを良くして瘀血を溶かしたい時に。





皆様もバラの香りに癒されて下さいませ~!
スポンサーサイト
【2011/03/07 22:19】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
五味を兼ね備える珍しいお薬


五味子(ごみし)という生薬は五味(酸苦甘辛鹹)の全てを兼ね備えるので
五味子という名前がついたと言われています。



一晩水に漬けてから煮出すと、キレイなうすピンク色の五味子茶ができます。
お味は甘酸っぱいアセロラのような感じ。


肺と腎のお薬であり、酸味が強いことから
収渋薬(しゅうじゅうやく)に分類されます。
「出過ぎるものを抑える」もので、肺と腎に関係するトラブルに効きます。

例えば、呼吸が乱れる(喘息や過呼吸)、腸の活動の乱れ(下痢が続く)
尿のトラブル(頻尿)などなど。



薬膳では五味子を煮出した汁をお酢の代わりに使う事で
咳を止めたり、腎を強めて抵抗力をつけるための一品に使いますよ。

【2010/10/03 20:06】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良公園はお宝が放し飼い?



漢方薬の人参や、シカの角化する前の幼角である
鹿茸(ろくじょう)はともに高級中薬です。

この2大高貴薬を合わせたものを「参茸(さんじょう)」といい
特に腎が弱いことから来る虚弱体質を改善し
生命力を補って体力をつけ気血を増やします。


香港に住んでいるときに日本人女性の美容師さんに髪を切ってもらっていましたが
その方のお話によると、彼女の香港人のご主人さまのお母さん(要するにお姑さん)
が、その美容師さんの妊娠中にはいつもこの鹿の角を買って来て
スープに入れて飲ませて下さったとのこと。


鹿茸は「腎の陽」を強めるお薬です。

腎陽は

1、身体を芯から全身を温める
2、生殖能力を高める
3、消化吸収機能を活発に旺盛にする

という大きな働きを担う場所ですので
食べたものの栄養がきちんと吸収され、きれいな血を増やして身体を温め
赤ちゃんがしっかり育つようにというお姑さんの心遣いだったのですね。



すばらしいわ~~~~~~!!!!!



鹿の角は、刺されると痛そうな堅くなったものではなくて
まだ生えたばかりのぶよぶよした状態を乾燥させたものが
高級中薬として出回ります。


奈良県在住、香港人ママ友達の実のお父さんが
香港から奈良公園に遊びに来た時に
「こ、こんなに鹿茸をつけた状態の鹿を放し飼いにして盗まれないのか???」
ととても驚かれたそう。


・・・大丈夫なんですよ、お父さん(笑



漢方薬の中には動物から作られたものも多く
鹿の角やらロバの皮を煮出したものやら色々あります~。


麝香(じゃこう)はオス鹿の体液の一種で、
それを1000分の1に薄めたものは、かの有名な官能の香り
「ムスク」となり昔から動物性香料として使われていました。

これらの香料は沸点が高く揮発しにくい性質があり
揮発しやすいローズやゆり、ジャスミンなどの植物性香料に
ほんの少し調合しただけで香りを長く保つことができるそう。


日本では麝香はお香の原料として、
ヨーロッパではシャネルの5番など高級香水に使われています。



奥が深い~~~~
中薬学は驚きとともにおもしろさ満載です!!



【2010/02/05 11:14】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
棗(なつめ)・・・お国違えばこんな食べ方も?!
PICT8560_1.jpg

イギリス在住のお知り合いの方が
美味しい紅茶と一緒にこんなものを送ってくれました。


Stuffed datesって書いてある・・・
おお!これはまさしくナツメ!!ヽ(^o^)丿狂喜乱舞

遠くイギリスでも食べられているのですねっ!!



お詫びと訂正:

欧米で食べられているDatesはナツメヤシというもので
棗とは遠縁の別種ということがご指摘を頂戴して判明いたしました。

漢方薬の棗をお求めの際はChinese dates
またはZizyphi Sativae Fructusという
英語名の物をお買い求めください。

お詫びして訂正させていただきます。


kokoさま、ご指摘ありがとうございました。
1月6日付のkokoさまのブログに事情を説明させて頂きました。
ご確認のほど宜しくお願いいたします。



なつめは大棗(たいそう)という生薬で、別名「脾の果」と言われます。
お腹を強くして気血を増やし、精神安定作用もあるので不眠解消にも。

甘くて食べやすく、女性に嬉しい薬効が多いので
いつも薬膳セミナーではナツメを使ったメニューを良くご紹介していますよ~。



ナツメにくるみ(上段)とピスタチオ(下段)が詰められています。
真ん中の白いのはクリームチーズかと思ったらマジパンですって。
へー、何だかすごい!


食べてみるとドライフルーツのよう。
紅茶ととっても良く合います!!
ワインにも良さそうだな・・・

生薬として出ている大棗より柔らかいので、きっと一度
砂糖か何かで煮ているのでしょう。
よし、家でも作ってみよう~



お茶受けに、お酒のおともに、ナツメを使ったメニューの参考になりました!

【2010/01/14 13:50】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(4)
お散歩していたら・・・


お散歩していたら、公園内の植木の中で
鼻づまり解消の生薬、辛夷(しんい)を見つけました。
「あ、辛夷だ!」と懐かしくなって思わず写真を撮ってしまいました。


これ、日本でも良く見るモクレンの仲間のタムシバですが、
この花のつぼみを乾燥したものは辛夷(しんい)という生薬なんです。


毛筆の先のような形と大きさで、白い細かい毛がびっしり密集しています。
独特の「スキッ!!!」とした芳香があるんですが
この香りを嗅ぐと香港の漢方クリニックを反射的に思い出します。


現地のクリニックで働いていたとき、診察が入っていなくて手持無沙汰の時は、
生薬のエキスや芳香を充分に引き出すよう
生薬の下ごしらえ(?)をするんですね。

党参を4センチぐらいの長さに切ったり、いろんなお薬を大袋から薬棚に
移し替えたりする他、
この辛夷を小さいボウルのような器に入れて金属製の重たい棒で
細かくなるまで砕くんです。

その時にあたりに漂う香りが、辛夷独特のスッキリ系のいい香りがしました。
この精油成分が、花粉症や慢性鼻炎の時の鼻づまりに効く要薬として有名なんですよ。


鼻が詰まって頭がぼーっとする時の薬膳茶として
辛夷と薄荷を煮出したお茶も効果的です。

辛夷には毛があるので、薬としてもお茶としても煮出すときには必ず
包煎(ほうせん)=お茶パックなどに入れて毛がお薬に混じらないように
するのがポイントです。



花粉症の体質改善は冬のうちから、といいますから、私も
来年春に向けてそろそろ考え始めないと。

年明けぐらいから、肺気を強めてアレルギー源をブロックする
体質になるよう、朝は玉屏風散を、夜は補腎のお薬を
そろそろ飲み始めようと思いますよ~


がんばりま~す!


【2009/12/18 19:52】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。