~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ブログを引っ越しました
長い間こちらでご覧いただきました薬膳ブログですが

アメブロにお引越しさせていただきました!

新しいブログはこちらをどうぞ!

国際薬膳学院 学院長がお届けする 
働く女性の美と健康を応援する薬膳弁当「TSU-YA膳」と
ガンの時代への備え「きのこ薬膳」のブログ



フェイスブックも是非ご覧ください!

国際薬膳学院FACEBOOK

赤堀真澄FACEBOOK

ORIENTAL WISE 赤堀真澄



長い間こちらのブログでのご愛読
誠にありがとうございました!!!
スポンサーサイト
【2014/09/07 22:33】 | アジアの薬膳料理 | コメント(0)
執念のホットッ


東京に行ったので、新大久保に寄ってきました!


目的は何よりもこの「ホットッ(ホットク)」。
アジア紀行の本で読んで以来、絶対これ食べてみたい~~!!と思って早数年。


これまでの私とホットッの歩みの歴史はこちら

2011年のホットッ(鶴橋でゲットしたホットッの素で)

2010年のホットッ(想像で一から手作り)





韓国人のお兄さんが焼いていたこのホットッは限りなく本場に近いと見ました。


なるほど!!!
作る手順を穴があくほど見ていると、かけている油の量が想像以上に多い。
これはやはり噂どおり、焼くというより「揚げ焼き」ですね!!!




皮がパイのようでもありサクサク、中身がとろ~り!!
本で読んだ通り、巻いていたストールに付きそう(*^_^*)ウフフ


これが本場のホットッかぁ~(*^。^*)



最終やっぱり韓国で食べてみたいなぁ!
それでやっとこのホットッへの想いはようやく落ち着くでしょう・・・(笑






【2013/04/30 11:17】 | アジアの薬膳料理 | コメント(0)
大阪で食べられる香港のおかゆ


先日の大阪本町での薬膳調理実習の仕事の帰りに
アシスタントをお願いしている他の先生方と
香港がゆランチをしてきました~



こちらのシェフが中国のご出身とのことで
本場のシチューのようなトロトロおかゆが大阪でも食べられま~す!



HAPPY CONGEE(幸福 粥店)

大阪市中央区備後町4-2-5
06-6222-1885



香港のチャーチャンテン(大衆食堂)のような風情の店内。
(こんなに飾り付けされてないけど)




P6130309.jpg


デザートの杏仁豆腐もクリーミーでとってもおいしかったです!

【2012/06/15 07:11】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(2)
台湾からのお持ち帰り編



毎回恒例、台湾で買って来たものをお見せしちゃいま~す!




上の黄色いのは「金針菜」。
百合の花のつぼみを乾燥させた漢方食材で、素晴らしい増血作用と
精神安定作用があります。


色が鮮やかな黄色なのは台湾産だけ!
これがお料理に映えてとてもきれいなのですよ~~~


愛玉ゼリーの素となる材料や大好きな松の実!

お花のハーブもとても種類が豊富で、レースの生地でサシェを作りたくて
良い香りのラベンダーを買いました。


枕元に置いて安眠効果・・・って必要ないぐらいめっちゃ眠れてるけど(笑




PICT2931.jpg
P1000903.jpg 壺の上の柚を切った状態が上のもの


秋からまたセミナー続きでしゃべる機会が増えますので
喉スースーの漢方漬けの柚もお持ち帰り!


漢方薬や漢方食材、どれもこれも感動ものに安い!!
台湾、ほんとにめっちゃ安い!!!




PICT2944.jpg

とても興味のあった客家料理も食べました。
これは客家料理には欠かせない金柑ジャム。
蒸し鶏のつけだれとして使います。


前々からとても知りたかった客家民族の食文化を少し垣間見れたかな?

もう少ししっかり調べて自分の中で消化できてからまたお話したいと思います。



PICT2933.jpg

台湾料理を再現するための調味料たくさん!

特に魯肉飯の素と、台湾人女性が産後に必ず食べるという
麻油鶏を作る時に必要な黒ゴマの油「黒麻油」、
台湾の美味しい唐揚げは仕上げに振りかける特別な胡椒でそっくりに再現。




PICT2943.jpg

大好きなダブルハピネス模様の雑貨。

幸せがダブルで2つ続けて訪れるという意味で、
「結婚とおめでた」などウエディングの際にこの模様が良く使われますが
可愛いものは可愛い!!

ウエディング関係なくても集めてしまいます~!


切っても切っても喜喜の文字のアメちゃんもキュートでしょ!

手前の四角いのはマグネットです。





PICT2946.jpg


台湾はホントにびっくりするぐらい物価が安かった!

このハンコも日本円で3000円しないのですが
晩御飯を食べる前にオーダーしておくと
その間に彫っておいてくれたスピーディーな仕上がり!


ティーポットと迷って蓋椀柄に名前を彫ってもらいました。

桃とか金魚とかいろんな可愛いデザインがありましたよ。




あ~ホントに台湾も楽しかった!

何より人が優しくて、漢方薬もめちゃ安くて
身も心もホントにすっかり浄化されました!!!
【2011/08/16 09:38】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(3)
台湾の可愛いもの① ~客家花柄~


美味しいものに引き続き、台湾で出会ったカワイイものをご紹介!




この花柄、とってもレトロでかわいいと思いません?

PICT2927.jpg

客家花布と呼ばれる、台湾で50~60年前に流行った花柄模様で
かつては吉祥富貴の象徴だったそう。

当時の花嫁さんの布団に、この花柄の布が良く用いられていたそうです。



乾物街の迪化街では布を売る市場もあり、とても安くこの生地が買えました。
台湾のテーブルコーディネートの時に使おうかな!





何より器好きの私をうならせたのは、こちら!

PICT2937.jpg
PICT2941.jpg


台湾の陶器メーカーが、この昔懐かしい花柄を日常生活で使う食器に
転写して作ったのだとか。

一面の花模様を見ながら昔懐かしい「吉祥富貴」の意味を思い出し
鮮やかな色彩のこの器を普段使いに用いることができるようにとの思いを込めて。




は~・・・やっぱり素通りできなかった~(笑
また手荷物で担いで帰ってきてしまいました~~
帰国後2~3日間、重い荷物で肩が超痛かったけど
帰って来た今は食器棚を見るたびにニンマリ。

台湾の可愛い器たち、我が家へようこそ(笑




客家花柄の食器は色が5色展開で、クリーム、ピンク、パープル、水色、赤。
花布は色柄ともにさらに豊富でした。

【2011/08/14 12:35】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。