~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
英語会・・・はぁ~疲れました
子供の通う幼稚園ママに、なんと香港人女性を発見!!

園長先生から「そのような方がいらっしゃるのでお話が合うのでは?」と
お噂は聞いていたので、長年香港で暮らした身としては
是非ともお近づきに・・・と何かの行事の時にいつも探していたのでした。

あまりに日本語が堪能で(しかも完璧な関西弁)すっかり馴染んでおられて
なかなか見つけられずにいたのですが、
ようやくお会いできたときには感激でした!

あちらも「ずっとお会いしたいと思っていた!」とのこと。
久しぶりに香港の地元を知っている人と話ができたと
喜んでいただけました。

そんなこんなでおつきあいが始まりました。

いつも彼女と話題になるのが
「香港と日本での教育の相違点」
「香港人女性と日本人女性の男性に対する考え方の相違点」
「香港人と日本人のカップルはうまくいくか」など(彼女のご主人様は日本の方です)
それぞれの国民性を知っているならではのトークで盛り上がります!

最近になり、このメンバーにこれまた同じ幼稚園ママ友達で
彼女自身が幼少時代アメリカで過ごした帰国子女という方の発案で、
「英語会」なるものを始めてみることになりました。

誰かの家に一品持ち寄りで集まり、その中での会話はすべて英語でという
過酷な、いえ、ためになる一日を過ごす、というものなんです・・・

時々頭にシャッターが降りて空白の時間が流れる・・・のを阻止するために
衰えつつある脳細胞に必死にムチを打ち
すべての会話に100%集中するにはかなりキツイお年頃。
昨日久々にみんなのスケジュールが合い
5時間ぶっ通しの英語会が行われたのですが
とても疲れて早く寝たのはいうまでもありません(笑)

しかし、こんな機会はめったにないチャンス、
脳のアンチエイジングのために続けます、「英語会」!!









スポンサーサイト
【2009/02/28 10:26】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
中医セミナーへ行ってきました
今日は月1回の大阪天満の上海中医薬大学の
中医セミナーへ行ってきました。

中国人中医師で西洋医学のドクターでもある先生からの
じっくりみっちりの授業は本当にためになります!

今日のテーマは「花粉症」だったので
絶対行くぞ!何が何でも!!!と
数日前から意気込んでいたのでした。

まさに「腑に落ちる」見事な講義では
ほほ~~~、なるほど、と感心の連続!

体質別花粉症対策の薬膳のレシピを続々と考えますよ~~~
がんばります!!


【2009/02/22 19:42】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(6)
久々の和菓子レッスンです♪


久々に和菓子を習いに行ってきました。

層になったババロアとかゼリーのように3層にするという
洋菓子並みに手間がかかった一品
「浮島」です。

茶色い部分は黒あんの生地そのままの色で、
グリーンと黄色の部分は、白あんの生地を半々にして
グリーン→抹茶、黄色→くちなしで着色してあります。

上新粉の入ったあんの生地はふんわりかるかんのようで
甘納豆と栗の甘露煮のちょっと固めの食感がいい感じ。

今回も勉強になりました!


【2009/02/19 20:30】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
近鉄文化サロン奈良漢方美容講座レポート!
今月のテーマは排毒レッスン!



デトックスに効くメニューでした。


これ、普通のご飯とおかずに見えますが、実はじつは・・・
排毒作用のある生薬の煮出し汁で炊いているのですよ~~~

お味は・・・おいしい!!と生徒さん。
ん~、我ながらまったく違和感なし!

西洋栄養学ではしきりに「この栄養素を食べましょう」と推奨していますが
補うばかりでなく、その前にまず悪いものを「出す」のが大切です。

デトックスしてますか?



【2009/02/17 20:59】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
冬はやっぱり韓国料理!


暑い時は暑い国の、寒い時は寒い国の料理が
薬膳の理にかなうことがたくさんあっていいものですね。

夏はタイやベトナム料理、冬は韓国料理をよく作ります。
写真は韓国の岩のりの佃煮「ムッチム」。

冬は五行学説により、「黒いもの」を食べると身体をいたわる
ことができるんですよ。
黒いものといえば、黒豆や黒ゴマ黒きくらげ、黒酢などのほか、
海藻類がおすすめです。

海藻は黒いだけでなく、食塩に頼らないほのかな海の味
「鹹(しおから)」を持ちますよね。
この風味を持つ食材は、冬に弱りがちな「腎」の機能を
黒いものと同じぐらい高めることが出来るのです。

ほん~のりごま油を利かせたムッチム。
見た目は地味だけど滋味あふれる(笑)
一品です!


【2009/02/12 19:17】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
花粉症のシーズン到来間近!
そろそろ花粉症のシーズンですね。

今まで7年以上も日本を離れていて
ここ数年はほんとに春先、楽をさせてもらいました。

しかし今年はいよいよ、シーズン初めから終わりまで
花粉を思いっきり吸い込むことになります。
もともと目と鼻両方に思いっきり症状が出るタイプなので
さて、どうやってこの時期を乗り切るか、現在対策を立てているところなんです。


まずは漢方薬。
早めに「肺」の気を十分に補充しておき、皮膚の表面の衛気
(ウィルスや有害物質をブロックする力)をつけておきたいと思います。

肺気を補い、身体にバリアを張る
玉屏風散(ぎょくへいふうさん)をもう2月初めから飲み始めています。
これは風邪予防にも効果がある処方です。

後は、身体に余分な水分があると、それがだらだら鼻水の原因になるので
「健脾化湿(けんぴかしつ)」を徹底します!
お腹を強めて、余分な水分を溜めないように、
この時期は茶飲みな私も水分摂取量には十分気をつけます。

症状が出たらまず小青龍湯(しょうせいりゅうとう)を飲んで
効き目が弱いと感じたら石膏を足します。
鼻水、鼻づまりがひどい時は蒼耳子散(そうじしさん)も
すでに用意してあります。

後は食事ですね。
これはおいおいレポートします!

なんとか漢方と食療のみで、西洋薬を飲まずに
このつらいシーズンを乗り切れるといいな~と思っています。


注:記載の花粉症の処方は私自身の体質に合わせたものです。
  ご自身の体質にあったものを薬剤師さんにご相談くださいね。



【2009/02/09 12:57】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
趣味に没頭30分!
香港で売っていたアジアンテイストの布地を使って
趣味に没頭30分の時間です~

hobbie7.jpg


少し前に作ったこの2作品、
ほんとにあっという間に出来上がったのですよ!

くどいようですが、私にとって「すぐ出来るかどうか」ということが
気分スッキリのポイントなんです。

もともと持っている籐のかごに合わせて、厚紙で蓋になるベースの形を作ったら
それをすっぽりと布で覆います。
ふたの内側に一回り小さい型紙をまた布で巻いたら
ボンドでしっかりと内側に貼り付けます。

あとは同じ籐でできた輪っかとタッセルを付けたら出来上がり。
カルトナージュと言えるのかどうか、かなり手抜きなこの作品ですが
実用性抜群に活躍してくれています!

同じテイストの籐のかごに同じ生地を貼った物を作ると
部屋に置いた時インテリアの統一感を壊さないような気がします。


カルトナージュ友達のUさんの作品は、
彼女の雰囲気にぴったりの、麻の生地にかわいいドット柄。

同じ形を作っても、好みの布が違うと、
まったく違う作品に仕上がるのがこのクラフトの醍醐味ですね。

それにしても私と違って・・・
Uさんの作品は、本当に角の処理がとてもきっちり完璧!!で
仕上がりがものすごく美しいのは彼女がA型だから・・・?!

【2009/02/06 20:45】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
薬日本堂漢方スクール大阪校 香港美肌スイーツ講座終了!


薬日本堂漢方スクール大阪にて
本日「香港美肌スイーツ」講座をやらせていただきました。

寒い日曜日になりましたがたくさんの方に
お越しいただき、本当にありがとうございました!

美肌スイーツでご紹介したのは、この時期香港でも
旧正月に良く食べられるゆりねと蓮の実の小豆のお汁粉です。
香港スイーツのベースとなっている薬食同源の香港の食文化についても
お話させていただきました。

「去年のクリスマスに香港へ行ってきました~」とおっしゃる
生徒さんもおられて、なんとうらやましい限り!

今日は大好きな香港について好きなだけしゃべっていい!と
いうことで私もとても嬉しかったです。
これからも香港のすばらしい食についてお伝えできれば
こんなに幸せなことはありません。

今日来てくださった皆様、本当にありがとうございました!




【2009/02/01 20:24】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。