~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
身体を温める!珍しいフルーツ 桃


果物は身体を冷やすものが多い中で
桃はなんと性質が温性です。

芯の部分に種がありますが、あれを割ってみると中から
出てくる仁を「桃仁(とうにん)」と呼んでいます。
血の流れが悪い瘀血を溶かす生薬です。

古くから桃は不老長寿の果物として大変縁起の良いものとされ
中国香港ではお祝いの席には桃そのものや
桃をかたどった桃まんじゅうが付きものです。
これがまた可愛らしく作ってあるんですよ~


peach1.jpg
参考までにお見せしちゃおう~
こんな感じ。


身体を冷やす果物が多い中で桃は貴重な温性食品で、
血液の流れを良くし瘀血を溶かすので生理痛を改善する効能があります。

体液を増やして腸を潤すので
便秘にも良いなどなどたくさんの効能を持ちます。

愛らしい姿~赤ちゃんのおしりみたい
スポンサーサイト
【2009/07/27 19:22】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
趣味に没頭30分×3連発~!

趣味に没頭 30分の時間です~!

大好きなカルトナージュ(布箱工芸)3連発ですっ!

hobbie3.jpg
我が家の玄関は西向きなので、風水を意識して黄色でまとめました。
中には、鍵とか印鑑とか入れています。


hobbie9.jpg
ワンポイント刺繍を入れてみました。
刺繍した布をカードのように切って貼り付け、縁をレースで飾るだけ!
箸置きやレンゲ類をしまっています。

katorari.jpg
もともとあった黒い箱に厚紙でぐるりと蓋と底の部分を付けて
布で巻いただけという簡単仕様!
おそろい3つですが、あっという間に仕上がりました。
カトラリー類を入れています。

あー、楽しい!

お気に入りの絵柄の布を見つけたときは
つい手が伸びてしまいます。
1mでも買ってそばに置いておきたい気分。
時々出してきて布を眺めては幸せな気持ちになります。

カルトナージュのいいところは
こうやって箱にしておけば好きな布を
いつも目が届く場所に置いておけてるだけでなく
実用にも使えるというのが嬉しい~

キレイで作りがしっかりしている箱を見ると
これまたどうしても捨てられない私です・・・





【2009/07/22 22:19】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(4)
輝く天然のルビー色! 赤しそジュース


今年は1キロ分の赤しそを使って薬膳ジュースを作りました。

天然のルビー色がキレイ・・・
しかもさわやかな甘酸っぱさが
夏の身体をとっても癒してくれます!

6月から7月にかけて梅干しづくりの材料が
スーパーの目玉コーナーにお目見えしますが
赤しそもそこで袋に入った状態(だいたい300g入り)で
一緒に売られています。

この時期を逃すともう1年待たないといけないので
慌てて1袋購入。そして早速作ってみたら、
なんだかうまくいかず義母に電話

懇切丁寧に教えてもらって再度挑戦したら
おいしいのができました~~~!!

以下作り方です。

1800ccのお湯を沸かし、葉だけ摘んで良く洗った赤しそ300gを加えます。
すると赤かった葉がなんと急に緑色に変化!
しその成分は揮発性が高いので茹でる時間は3分と短くしてください。
そこでしその葉を引き上げます。

三温糖350gを加えたら良く溶かします。
米酢100ccを入れるととたんに
ドス緑色だった液体が急にルビー色に!
マジック~~!!

ここで必ず一度沸騰させましょう。
防腐効果が高まるのと、お酢のツーンがなくなります!

細かい目の万能漉し器で漉して
煮沸消毒したガラス製の瓶に移し替えます。

プラスチックの瓶を使うときは耐熱温度を確認してから
煮沸消毒してくださいね。
70度だったのに熱湯を回しかけてしまい
ビロンビロンにしてしまったことがあります・・・

ソーダで割ったり、ストレートで飲んだりと
いろいろ楽しんで下さい。
一袋分じゃあ、あっという間になくなってしまいそうなので
追加で赤しそを購入し、さらに2瓶余分に作って
これでこの夏は大丈夫でしょう!

「夏バテで喉がやたら渇く」時などにもってこいです。
お酢の疲労回復効果や収斂作用で
「暑くて汗がダラダラ止まらない~」なんて時も
しそジュースの出番です。

しそのアレルギー抑制効果で、来年の花粉症がどうなるか
乞うご期待!




【2009/07/15 00:42】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(3)
日曜日はお勉強です!
日曜日はお仕事がなければ
何らかの漢方セミナーに出席しています。

昨日は堺市のムカイ・クリニックさんとクラシエ薬品(旧カネボウ)さん
主宰の漢方研究会へ行ってきました。

講師は茨城からお越しの龍野佐知子先生で
皮膚科の西洋医学の医師で開業されている上
おじいさまが漢方の名医でも有名な方だったらしく
そのDNAをしっかり受け継いだ素晴らしい内容と
知識の深さにすっかり感動して帰ってきました。

今までの漢方セミナーといえばその全てを中国人医師から
聞いてきたんですが、日本語を母国語とする日本人の先生の口から
漢方の説明を聞くとこうなるんだ~と。

堪能な日本語で講義してくださっても、奥の奥深くのところが
伝えきれないだろうし、日本人として聞く方も全てを捕らえきれない。
やっぱり言葉の壁って厚いなと感じます。

イメージでしか掴み切れていなかった中医学用語があったんですが
昨日はその言葉の本当の日本語での意味を聞けて
今までの謎が解けてすっきりしました。

その後は先生方と場所を移して、薬膳料理を堪能して来ました。
烏骨鶏や山薬(山芋)、黒酢やブルーベリー入り杏仁豆腐など
主に疲労回復と滋養強壮に良いおいしいランチでした!





【2009/07/13 08:19】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
ん~香ばしい! コーン茶


季節や体調に合わせて毎日飲むお茶も変えています。

この雨続きのシーズンはどうしてもむくみやすくなり
身体に余分な水分が溜まってきたな~と思います。

そんなときはこのコーン茶!
香ばしくておいしい~~~~~

コーン茶は韓国では日本の麦茶のような感覚で飲まれていて
韓国料理を食べに行くと出てくるのがこのお茶です。
韓国食材店もしくは韓国料理店で売っています。

トウモロコシの実を焦げ茶になるまで炒ってあり
お湯を注いでフタをして数分待ちます。

マグに注ぐとなんとポップコーンのような香り!

トウモロコシは水分代謝を正常にする食べ物で
コーン茶も利尿作用があり尿量減少を改善するお茶です。
ちなみにトウモロコシのヒゲは浮腫改善の
「南蛮の毛」という生薬なんですよ。


今月7月20日(祝)近鉄文化サロン奈良での漢方美容講座では
「韓国の食に学ぶ美容薬膳」をやります。

そこで韓国料理と一緒にこのコーン茶を
ご試食いただきますね~~~
お楽しみに!



【2009/07/08 10:58】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(4)
薬日本堂 漢方スクール大阪 美容薬膳スープセミナーやってきました


今日は薬日本堂漢方スクール大阪校で
「自分で組み立てる美容薬膳スープの作り方」のセミナーを
やらせていただきました!

大勢の方にお越し頂きとても嬉しかったです。
ありがとうございます!!

今日の講座は超盛りだくさんで、いつも以上に駆け足だったのですが
皆さん最後までしっかり聞いて下さり、熱心にご質問してくださり
薬膳に興味を持ってお時間さいて足を運んで来て下さる
皆さんとの出会いは、ほんとに私の宝物です。

今日の講座を聴いていただき薬膳は
「意外と身近」に感じていただけたでしょうか?

今日から是非さっそく毎日の食卓に薬膳生活を取り入れていただき
皆様ますます美しく、ますますお元気になっていただければ
こんなに嬉しいことはありません。

今日も本当にありがとうございました!!

ちなみに今日のスープは血を増やしてツヤ肌目指す
コラーゲンスープでした♪






【2009/07/04 19:33】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
泉州名物 水なすのお漬け物


大阪泉州名物の水なすのお漬け物ご存じですか?
最近では近所のスーパーでもよく見かけるようになりました。

なすといってもまるでフルーツのようにジューシーで
手で簡単に握りつぶせるんですよ。
食べるときは包丁で切るより、写真のように手で裂いたほうがおいしい!
サラダ感覚でいけますよ~

だいぶ前住んでいた社宅が泉州方面で、
その時初めて食べてから大ファンになりました。

それから香港に住み始めてからは関空経由で香港に来る身内に
「関空で買ってきて~」と頼んでは、おいしさを噛みしめていました・・・

なすはご存じ夏が旬なので身体の熱を冷まします。
暑くて仕方ないとき氷入りのジュースごくごく・・・ではなくて
食べ物の性質が暑さを和らげてくれるものがいいですね。

私はもともと冷え性なので生姜醤油でこのお漬け物をいただきます。

なすの皮の色の元になっているアントシアニンの働きで
血をサラサラにする効能もあるんですよ。
【2009/07/03 13:47】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。