~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
近鉄文化サロン奈良 新企画でスタートです
近鉄文化サロン奈良でお仕事して早1年。

初めからずっといらしてくださっている生徒さんは
かなりご自身の生活に薬膳を取り入れてくださっているようで
本当に嬉しく思っています!

難し~い中国医学の理論も、かなりご理解いただいていて
ほんとに素晴らしい!!!


さて次タームの近鉄文化サロン奈良の新タームのご紹介です。

「漢方美容~もっと身近に漢方生活~」と題して
日々私が実践する漢方美容生活を、
実習を交えながらお持ち帰りもある新しい企画でスタートします。


11月16日(月) 薬膳ドリンク、薬膳酒、薬膳茶の作り方
          (薬膳酒をお持ち帰り頂きます)

12月21日(月) 手作り民間薬の作り方
          (のどが痛い時、咳の出る時などに
           自分で作る効果的な飲み物など)

平成22年
1月18日(月) 日本で手に入る生薬の調理法と効能
          (生薬入りバスソルトを手作りしてお持ち帰り頂きます)

2月15日(月) 花粉症対策 食事プログラムと養生法

3月15日(月) 作り置き薬膳ペースト、作り置き薬膳調味料の作り方
          (実習してお持ち帰り頂きます)

お申込みはこちらまで
近鉄文化サロン奈良 漢方美容講座



スポンサーサイト
【2009/08/30 10:59】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
漢方を美容にも取り入れよう!
苛性ソーダから作った陳皮入り手作り石鹸。
やっと熟成が終わり、使えるようになりました!

ホホバオイルやスイートアーモンドオイル
ココナッツオイルやパームオイルなど
リッチな美容に効くオイルをた~~ぷり使っているだけあって
洗い上がりはほんとうにしっとり~~~~



陳皮のツブツブのスクラブ感もいい感じです!

こうやって漢方生薬を「飲む」だけでなく、料理やお菓子
お茶などの普段の食事に取り入れたり、さらには
美容にまで生薬のエッセンスを取り入れると、本当に楽しいですよ!

たとえば、髪の栄養剤としてのヘアスプレーには
何首烏(かしゅう)という生薬入りのスプレーを
白髪が気になるところにもみ込んだり。

何首烏は、この生薬を発見した「何さん」が飲んだところ
カラスのように黒々とした髪になったことから
その名前が付けられたとか。


美容クリームには沙棘(さーじ)入りのクリームをたっぷりつけて眠っています。
フラボノイド類の抗酸化作用で肌の老化をストップ!

杏仁オイルにビタミンCがたっぷりのローズヒップの実を加えて
成分を抽出させたオイルでフェイスマッサージしたり・・・などなど
漢方美容ライフを楽しんでいます!

【2009/08/30 10:28】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
気を補う煮物


じゃがいもを掘ったことがある方はご存じだと思いますが
一本の茎を引っ張ると、ごそっと抜けた根っこには
小さい3センチぐらいの子じゃがいも(?)が沢山くっついてきますよね。


この小さいサイズのじゃがいもだけを使って作る
「ち●ころ煮」←ピー(放送禁止用語)

IMGP2799.jpg


じゃがいもの赤ちゃんだけあって、皮が薄くてみずみずしい~
皮つきのままおいしく食べられます!

皮ごとよく洗ったら水につけて水を数回換えます。

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、醤油と砂糖と塩で薄~い味の煮汁を作ったら
ごろごろと子じゃがいもを入れます。

そのまま煮汁が少なくなるまで煮詰めます。

ポイントは煮汁をたっぷりにすることと、砂糖を最初から
入れておくこと。
こうすると煮汁に粘度がついて「ニチャッ」とした煮物にならず
あっさりしつつもしっかり味の付いたおいしい煮物になります。

黄色い食べ物は「脾」を補うので、やる気元気の源「気」も補います。
夏の終わりの疲れた体をいたわる、やさしい味の煮物ですよ。

くどいようですが、この煮物、
名前は「ち●ころ煮」(ピー!)


【2009/08/25 18:43】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
個別カウンセリング 定員に達しました
9月22日(火)漢方診察体験&個別カウンセリング
定員に達しました。

ありがとうございました!
【2009/08/25 18:15】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
香港で漢方病院の診察体験&食生活と養生個別カウンセリングを開催します!
香港にある、かつて私が弟子入り&実習を受けていた
新華中医薬有限公司(漢方専門クリニック)にて
香港人中医師による漢方診察体験&
国際中医師masumiによる、ご本人様の体質にあった
食生活&養生カウンセリングを開催致します。
(9月22日の1日のみ、限定2名様)

日時: 2009年9月22日(火)11:00~、14:30~
場所: 香港 中環 新華中医薬有限公司
    http://www.moderntcm.com.hk/modules.php?name=Content&pa=showpage&pid=78

 

1,漢方診察体験の内容(約1時間):

  ご予約代行→クリニックのビル前でお迎え
  →初診受付の手続き→中医師(女医)の診察の通訳

  すべて私、masumiがご案内と診察の通訳をさせていただきます。

料金:初診料HK100ドルとお薬代約HK70ドル×日数分
    (だいたい目安は初診料とお薬代3日分でHK310ドル前後になります。)
    新華中医薬有限公司に直接お支払い下さい。
 
お願い:当日は通常通り、ドクターは香港人の患者様の診察もしているため
     ご予約時間と実際の診察時間がずれてしまい
     お待たせする可能性がございます。
     その間、masumiが体調に関するご質問などをさせていただきます。
     何卒ご了承下さいませ。
 
                ↓
薬局でお薬を作っている間に別室へ移り、マンツーマンでの
体質診断に基づく個別食生活指導と養生カウンセリングを行います。

                
2,個別食生活&生活養生カウンセリングの内容(30分間):

   診察の体質診断の結果を見ながら
   どうしてその体質を招いてしまったのか(原因)と
   改善するべき生活注意事項の説明
   その体質の方に合う食生活指導 

料金:HK200ドル
    個別カウンセリング終了時、masumiまでお支払い下さい。

3,お薬のお渡しと飲み方のご説明(約10分)

以上で終了です。

お申し込みはinfo@orientalwise.comまで
ご希望の時間滞(11時or14時半)をご記入の上、メールでお願い致します。
メールの先着順でご予約時間を確定させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます!


【2009/08/21 06:07】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
香港日本人倶楽部 薬膳セミナー 詳細
来る9月21日(月)香港日本人倶楽部で開催する
薬膳セミナーの詳細が決定しました。

--------------------------------------------------
~日本人倶楽部会員の皆様~

日本人倶楽部会員の皆様、
続々とお申し込みありがとうございます!
30名の定員まであと数名となっております。

今後のお申し込みにつきましては、会員の皆様は
日本人倶楽部まで直接お願い致します。
講習料は100香港ドル
時間は13:00~14:30です。
よろしくお願い致します!

--------------------------------------------------
~非会員の皆様~

非会員の部ですが、時間は15:30~17:00で決定しました。
定員は30名
講習料は会員様と同じ100香港ドルです。

お申し込みはinfo@orientalwise.comまでメール、
またはこのブログの非公開コメントに

1,お名前
2,お電話番号
3,ご住所
4,ご連絡がつくメールアドレス をご記入の上 送信願います。

メールいただいた方へ、香港の銀行口座の番号をご連絡致します。

振り込みの段階ではお名前を確認できないシステムになっているので
振り込んで頂いた時に出てくる払い込み用紙を
当日受付までお持ちいただき、ご予約のお名前と
ご本人を確認させていただきます。


楽しい講座になるよう、精一杯やらせていただきます。
香港でお会いできるのを楽しみにしております!

【2009/08/19 12:11】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(3)
クロ瓜のお漬け物


自然がいっぱいの田舎へ帰省してきました!

そしてこのクロ瓜、関西ではあまり見ませんが
北陸ではスーパーで普通に売っているとか。
大きさは30センチ弱ってところでしょうか。

手作り&もちろん無農薬栽培のクロ瓜を使って
義母に一夜漬けを習ってきました♪

瓜は体内の余分な水分を排出する上に
体液を補充するという、一見相反するような効果を持つんです。

「むくむ」という状態は、体に充分な水分があるように思われますが
正確には不必要な場所にいらない水分がたまっているのに
潤いの必要な場所には足りないっていう状態です。

その余分な水分は出してくれて
必要な場所に潤いを届けてくれるのが瓜類です。

夏には太陽の恵みをいっぱい受けた夏野菜を
1日1種類は摂りたいですね。

IMGP2795.jpg
生で食べると歯ごたえの良いメロンのような味。
一夜漬けすると水分が出て塩味がマイルドになり最高です!
冷え性の私は唐辛子を余分に入れました。
【2009/08/16 20:59】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
香港へ行って薬膳セミナーを開催します!
香港から帰国して1年半、思い続けた願い叶って
再び来港できることになりました!!!



日時: 2009年9月21日(月)
     13:00~14:30(日本人倶楽部会員の方のみ)
     15:30~17:00(非会員の方もお入りいただけます)

香港 コーズウェイベイの富豪酒店横にある
香港日本人倶楽部にて 薬膳&耳つぼ講座開催いたします!!

現地で中医師として活躍する松谷葉子先生とのコラボセミナーです。
講座の後半に松谷先生の耳ツボ施術もありますよ!
これは私もホントに楽しみにしているんです。

この機会に香港在住の皆様も、
この時期香港へご旅行の方も
ぜひともご参加くださいませ!!


香港日本人倶楽部ホームページ(単発 薬膳教室)
http://www.hkjapaneseclub.org/class/classindex.html


当日私の担当、薬膳セミナーでは
「薬膳が分かる!漢方食材の調理法&献立への取り入れ方」と題して

漢方食材の中でも特に料理に取り入れやすい生薬を選び、
その効能と調理法、合う体質のお話を解説致します。
さらに日本人でも取り入れやすい薬膳料理の献立例までご紹介します。

漢方食材とは漢方薬と同じパワーを持ちながらも
食品としても流通している生薬のこと。

香港ではスーパーや街中でも手軽に買えるので
普段からよく目にしてはいるものの、
実際の調理法や効能が今ひとつ分からなかったり
実際に買ったことはあるけど余らせてしまったなどの経験が
あるのではないでしょうか?

そんなお悩みを解決すべく
献立にバリエーションをつけて
普段の食卓に無理なく漢方食材を取り入れていただける方法を
分かりやすくお伝えします!

せっかくの香港在住という恵まれた環境の中
漢方食材を普段の料理に取り入れてみたいという方、
ぜひお見逃しなく!

当日は日本人倶楽部会員ではない方にもご受講いただけるよう
時間を分けて設定してあります。
第2部(非会員様用)は15:30~17:00の予定です。
会員様の第1部と同じ講座をやらせていただきます。


日本人倶楽部会員様のお申し込み締め切りは8月27日(木)です。
日本人倶楽部のホームページから直接お願いします!

非会員の皆様はinfo@orientalwise.comまで
1,お名前
2,お電話番号
3,ご住所
4,連絡のつくメールアドレスを記入の上 送信願います。
 
よろしくお願い致します!



【2009/08/08 14:03】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国へ韓医学と料理の勉強へ行ってきました!パート6~お持ち帰り編~
いや~、ほんとに。

旅行というものは、非日常の世界へ身を置けるとともに
帰ってからもこうやって、撮った写真や持ち帰ったものを眺めては
しばらくの間、幸せな気分に浸り続けられるのがいいですね。

さて、韓国から大切に持ち帰ったものをご紹介します!




まずはコチュジャン(赤い箱)とサムジャン(緑の箱)
サムジャンは前回ご紹介したサンパプ(包みご飯)にはかかせない味噌です。



IMGP2681.jpg
そしてこちらは漢方食材類。

アンチエイジング食材のくるみ
美肌食材の松の実
そして五味子(写真真ん中)

五味子は、例えば暑すぎる場所でも寒すぎる場所でも
身体がそれに対抗できる強い抵抗力を付けることができる生薬です。

チャングムの長期撮影の時にも女優さんたちがこのお茶を飲んで
厳しい冬の寒さをしのいでいたとか。

慢性の咳や体内の潤い不足、
不眠や夢が多いという精神面にも作用する
薬効の高い漢方食材なんです。



IMGP2694.jpg
そして京東市場で買ったごま油エゴマ油以外にも
ストック用に買った缶入りごま油。

香港で韓国料理を習っている時に使っていたブランド。
ゴマの風味と香りが濃厚です。



IMGP2697.jpg
料理用竹塩と
IMGP2680.jpg
竹塩入り歯磨き粉

韓国産天然塩を青竹に詰めて焼いた竹塩は栄養分が豊富な上
美容にも良いお塩。
引き締め効果があるので歯みがき粉にも入っています。

マッサージ用の竹塩もあります。



IMGP2684.jpg
漢方薬でできた入浴剤。
中身の生薬名を見ると血行促進や抗菌、老廃物排出に良さそうです。



IMGP2688.jpg
韓国版パッチワーク「ポシャギ」

伝統韓服チマチョゴリの配色を思わせるパッチワークは
テーブルクロスとして使いたくて購入。
同じ配色のペンケースは、タダでおまけに付けてくれました!



IMGP2687.jpg
韓医学ツアーを体験した韓方の大学病院からおみやげにもらった
大学名入りボールペン。

赤には女の子、青には男の子の飾りがついて
(男=陽、 女=陰なんです。こんなところにも陰陽で気が利いてる!?)
文房具大好きだし、どこへ行っても売っていない貴重な品をもらえて
とっても嬉しい~~~



IMGP2749.jpg
IMGP2752.jpg

そして極めつけはなんと言っても韓国陶磁器!
ずっとずっと前から欲しかったんです。
大切に機内に持ち込んで手で運んで帰ってきました。

アジアの食器は同じくベトナムでも有名な
こんなブルーグリーンの色の陶器(セラドン焼き)が多いですが
韓国のは縁の形と皿に彫り込まれた細工が繊細!

スープを入れる器は、スッカラ(韓国スプーン)ですくったときに
こぼれにくいよう器の縁が内側へ丸く入り込んでいます。

並べてみているだけで本当に幸せ



本革のコートもブランドのバッグも買えませんでしたが
私にとっては宝物の、お持ち帰りの品々でした~~~!










【2009/08/04 11:24】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国へ韓医学と料理の勉強に行ってきました!パート5~インパクト料理編~


韓国ドラマでも良く登場する、真っ黒ソースがかかるこの麺、
韓国人の国民食「チャジャンミョン」。

絶対今回の滞在で食べてみようと決心していた一品です!

ソースの濃厚さといえば、日本のカレーのルー並み。
黒味噌に玉ねぎ(めちゃ大ぶり)とかすかに挽肉も入っています。
韓国風ジャージャー麺ですね。
辛いものの国、韓国の国民食の割には甘いんですよ、このソース!

ハサミで麺を適当にカットしたら(横に座っていた現地の方の
やり方を横目でチラチラ伺いながら)一心不乱に麺とソースを混ぜます!!
後は口の周りが黒くなるなんて気にしないで食べます!!!

おお、これが噂の韓国ジャージャー麺!!!

ジャージャー麺は四川風、北京風、香港にも香港独特の
甘辛いジャージャー麺がありますが、これもインパクト強いですね~

玉ねぎがいい味出している上、付け合わせのキムチのさっぱり感が
濃厚ソースのこってりを緩和してくれてぺろりと食べられます。

だいたいどこでも一皿5000W(約400円弱)の安値で食べられるので
幅広い層に人気があり、韓国では出前の定番になっているそうです。



そしてこの「マヌルチキン」
IMGP2679.jpg

マヌルとはにんにくという意味で、フライドチキンににんにくすり下ろしが
これでもか!っていうぐらい、た~~~~っぷりまぶされているんです!

ビールがすすむ~~~ ←羽目はずし


チキン専門店では、ベースのフライドチキンに
「マヌル(にんにく)」
「ヤンニョム(甘辛いコチュジャンソース)」
のいずれかのソースを絡めたものと
オリジナルの何もまぶしていないものの中から好きなタイプを選んで
ハンマリ(=一羽)単位で注文します。

「一羽単位!!?」とびっくりしますが
写真のこの量で一羽です。そんなに量多くないでしょ
全然オッケー、軽く食べられます!

これ、ほんとにおいしいんですよ。
レシピを改良して、料理教室 WISE SALONの韓国料理のメニューに
加える予定です!!







【2009/08/04 10:19】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国へ韓医学と料理の勉強に行ってきました!パート4~サムパプ編~

ここもまた、フードジャーナリスト平松洋子さんのお薦めレストラン
「元祖サムパッチ」

チコリ、ケール、青梗菜、エゴマの葉、苦菜、
茹で白菜、茹でキャベツ、わかめや昆布など
このポスターの中の30種類の有機野菜が全部出てきて
ご飯と焼いたお肉を包んで食べる
サム(つつむ)パプ(ごはん)=包みご飯やさんです。

ソウル市内に流れる漢江という川の南側を江南(カンナム)といいますが
開発が盛んなその地区の中でも下町風情残る場所にひっそりあります。

ここの目玉は圧巻、その野菜の量が半端じゃないこと!!

こんなふうに目の前にズラリ
IMGP2717.jpg
IMGP2718.jpg
IMGP2719.jpg
これには一同、あ然・・・

さすが、日本人の8倍もの野菜を食べると言われる韓国人!!


気を取り直してお肉を見ると、カンナで削ったようなこんなに薄いお肉が
こんな感じで出てきて
IMGP2704.jpg

お肉を醤油ダレに漬けては焼き、漬けては焼き
野菜を数種類を手に持って、焼いたお肉とご飯、そして味噌やキムチを
お好みでのせたら、小さくくるりと包んで、パクっ!!

IMGP2703.jpg

うお~おいしい~~~~~!!!!!!!!


ん~、なるほど、お肉が薄い理由が分かった。
この薄さだから野菜で巻きやすい上に、野菜とご飯の味もしっかり味わえて
さらには醤油ダレも効いてて味をぼやけさせず・・・

それぞれの味がトータルで醸し出すハーモニー。
感動です!!!!


個人的には良くある葉野菜じゃなく、茹でた白菜やキャベツ、昆布で
巻くのがとってもインパクトがありました。

これだけの野菜とこのおいしさで一人前8000W(二人前より注文)
日本円で約600円とはアンビリです!!!



元祖サンパッチッ

住所:江南区論峴洞165-15
電話:02-548-7589
予約不要 24時間営業










【2009/08/04 00:16】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国へ韓医学と料理の勉強へ行ってきました パート3~精進料理編~
パート3では、韓国の精進料理のお店をご紹介します。

韓国料理といえば焼き肉&キムチ&真っ赤なチゲなどを思い浮かべますが
肉だけでなく野菜や海産物をおいしくたくさん食べる知恵がいっぱい詰まった
医食同源の食文化を持っています。

今回の滞在では、遭えてガイドブックに載っているような所ではなく
フードジャーナリスト 平松洋子さんが5年前に特集した
韓国のおいしいもの紹介の記事に出ていたお店をチョイスしてみました。

雑誌の特集で組まれていた平松洋子さんの記事を
大事に切り抜いて保管し、その後5年の年月を経て
やっとこのお店に来られたときにはとっても嬉しかったです!


さて、このお店の名前は「甘露堂(カンロダン)」といい
韓国の代官山といわれているおしゃれなエリア、「三清洞」にあります。

肉類、にんにく、ネギ、などの香りが強い野菜を一切使わず、
使う調味料も全て天然のもの、という徹底した精進料理。
仏教徒とベジタリアン、僧侶の食事として考案されたものだとか。



近年の健康志向で注目を集めているこのお店には
チャングムを演じたイ・ヨンエさんも来られたそうですよ~!


IMGP2631.jpg
サボテンの実の色素を使った色鮮やかなピンク色のキムチ


IMGP2635.jpg
長いも・レンコン・エリンギの松葉焼き 竹塩につけて


IMGP2634.jpg
野菜サラダ 五味子ソース
ドレッシングが五味子の絞り汁でできています。新鮮!


IMGP2632.jpg
発芽玄米がゆ


IMGP2640.jpg
小判餅


IMGP2643.jpg
大根、のり、にんじん、百年草のジョン盛り合わせ


IMGP2654.jpg
ぜんまいや山菜のナムル


IMGP2647.jpg
しいたけの揚げ物 ゆず茶ソース
甘酢ソースをゆず茶で作る・・・ほほぅ~


IMGP2660.jpg
薬飯 蓮の葉つつみ と みそ汁


IMGP2651.jpg
カボチャとナッツの蒸し物、豆腐のしいたけ挟み揚げ


IMGP2661.jpg
デザートに出たのは、生姜汁から作った甘いお菓子
チャングムでも出てきましたよね。
半円の方のお餅は、アカシアの花を入れて作られているそうです。


市販の調味料を使わず、オーナーの食と健康へのこだわりを
感じさせる精進料理の数々。
こんな料理を出すお店があるのも、韓国の食の奥深さを感じました!


甘露堂

住所:ソウル市鐘路区花洞87-1
電話:02-3210-3397(ホテルのコンシェルジュに頼んで予約してもらいました。
              日本語不可ですが英語を上手に話すお姉さんがいました)
【2009/08/03 12:03】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国に韓医学と料理の勉強に行ってきました!パート2~市場編~
            三元ガーデンの夜の風景
IMGP2559.jpg

韓国レポートパート2は市場編でお届けします!



向かうは韓国最大規模を誇る漢方薬市場 薬令市場!
やっぱりここを見ませんと。



IMGP2565.jpg

あ~大好きな漢方のにおい。
し、しかし・・・ハングルがわからん・・・

通りが全部生薬を売るお店です。
中にはお店の主人が、診断をしてくれるお医者さまを兼ねていたり。

韓国ではこうやってビニール袋にぱんぱんに入って売られているんだ~
香港でも店先に段ボールいっぱいに入っていたなぁ。

重さではなく、木のますで計って一杯いくらで売ってくれます。
買いたい量が分かりやすくて良かったですよ。


大通りを挟んだお向かいは京東(キョンドン)市場。
食材を中心に扱う卸問屋が多いので
庶民の台所だけでなく、韓国の食のプロも訪れるとか。

た、確かにここには観光客っぽいのはいないな~

IMGP2566.jpg


ごま油&エゴマ油専門店
IMGP2570.jpg
辺りにはごまのいい香り~~~!!
それもそのはず、何とその場でごまを引いて油を抽出しているんです!!

早速、両方お買い上げ!
おじさんに頼んでお店の中を見せてもらい、
ごま油を作っているところを見せてもらいました。

その後は唯一覚えていった韓国語
「サジヌル チゴド ケンチャン スムニカ?」
(写真を撮ってもいいですか?)でおじさんに許可をもらって
店内をバチバチ撮らせてもらいました~!

おじさん、カムサハムニダ~


ホントに市場いっぱいに新鮮そうな野菜や果物を売るお店が並び
持って帰れることなら新鮮野菜を買って帰りたかったです~

【2009/08/02 20:08】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(1)
韓国へ韓医学と料理の勉強へ行ってきました!パート1~韓医学編~
IMGP2643.jpg

韓国へ韓医学体験と料理の勉強へ行ってきました!


まず今日は韓国の四象体質医学の体験ツアーのお話です。

かつて中国医学が韓国に伝わり、韓国独自の風土と
国民の体質や食生活、また韓国で良く採れる漢方生薬を
中心に独自に発展して「韓医学」が出来ました。

それは全く中医学と同じではなく、特に韓医学の特色として
「一鍼二灸三薬(鍼治療が主)」と
「四象体質医学」というものがあります。

今回はこの独自の体質診断学「四象体質医学」では私はどう
診断されるのか、またどんな風に中医学と違うのかを体験するため
ソウルの慶熙大学付属韓方病院を訪れてきました!



日本から四象体質医学を体験できる病院をネットで検索。
http://japan.kyunghee.or.kr/03/02.php
大学病院を見つけました。

言葉の問題もこの病院なら大丈夫!
日本語の出来る看護婦さんが常駐していて、
はじめから終わりまで一緒にいて通訳してくれます。

あらかじめ、出発前に担当のキムさんにメールで予約。
上手な日本語で返事をもらい、朝9時に予約完了!

当日は現地のホテルからタクシーでこの病院まで向かいました。

タクシーに行き先を告げると運転手さんが片言の日本語で
「あなた、病気か?病気か??」「・・・勉強です」
「ここは病院です、あなた病気なのか!」「・・・・」
なんていうやりとりをしながら朝9時前に病院に到着。

下の受付から連絡をしてもらうとキムさんがわざわざ
入り口までお迎えに来てくれました。
お歳は・・・失礼ながら40代ぐらい?
でもやっぱり肌がつるっつる!!
(韓国人女性はほんとにきれいでスリムな人が多かったです!!!)

国際人診察室というお部屋に通され、初診受付をしてくれます。

IMGP2562.jpg
お部屋はこんな感じ


その後、この大学病院内の検査室で
四象体質医学に基づく検査をして体内の状態を把握した後
性格検査(チェック項目がたくさんある性格検査のようなもの)
それからいつもの脈診、舌診、お腹を押して
「太陽人、太陰人、少陽人、少陰人」の4タイプに分別します。

その韓医学的検査というのが、今までの認識をくつがえす
スゴイハイテク&目から鱗の検査なんです!!!

まず検査室に通され
身長、体重、体脂肪の検査(韓医学版人間ドックみたい)の他
良導絡検査、脈電絡検査、手陽明絡検査、体成分検査というのを
受けました。

脈もこの診察室では人の指でみるのではなく
何と機械が脈のツボを押して心電図のようなグラフに表す!

その後椅子に座り、片手で銀の棒を持ちながら、手足の
ツボになにやら当てては機械が診断。

そしてベッドに横になり、心電図検査のようなタコの吸盤を
胸の上のライン1直線にプチプチされたかと思うとまた診断。

両手両足首に血圧を測るときのように巻かれ(足に血圧測定を巻く
のは初めて)それが交互にぎゅ~と絞られてなにやら
循環器系を診断。

などなど、実際何を計られているのか後の説明を聞くまで全く
分からずされるがまま!


それからさっきの初診受付してくれたお部屋で性格検査。

「多くの人と上手につきあうのは苦手だ」とか
「嫌なことがあるといつまでも引きずる」とか
「細かいことを最後までやり通すのが得意だ」とか
全て日本語で書かれてあるので楽々~!

自分に当てはまる項目にチェックしていきます。

するとキムさんがパソコンに集計し、パソコンから
なにやらまた出てきて診断。

ここでいよいよドクターが現れました!
背の高いすらっとした男性。こちらも40代ぐらいかな?
・・・香港でもそうだったけど、
どうして東洋医学のお医者さんって見た目植物的な人が多いんだろう?

ここからはよくある体調の問診(生理の状態や便通などなど)
脈と舌を見てもらって検査結果、性格診断とともに総合判断でした。

私の体質は、「泌尿器系と卵巣が弱い」冷えるタイプ。
これは中医学でも私は腎虚なので相違ありません。

ところが韓医学的検査の中では「消化器系に内熱がある」
「交感神経が副交感神経よりいつも優位」であることが発覚!

こういった体内の寒熱のバランスの崩れとしてよくあるのは
「体の表面は冷えるけど内臓に熱がこもるパターン」と
「上部に熱が上がり下半身は冷えるパターン」とあり
虚実が一緒に身体の中に存在する
診断や養生がややこしいタイプなんです。



そしていよいよ総合診断!
私は四象体質医学で診断するとなんと「少陽人」!!!

簡単に言うと、消化器系に熱が有り、体調が悪くなると
むくみやすい。活動的で積極的。内より外向き。

へぇ~~~そうだったのか!
でも性格診断はたしかにモロ少陽人(笑!!

消化器系の熱を取るためと腎の働きを活発にするため
ベッドに寝てお腹を押さえた後、いきなり先生がシャキーン!と
鍼を取り出して針治療が始まりました。
さすが「一鍼・・・・」の韓医学!!
もちろん1回使い切りのディスポーザルの鍼でしたよ。
こんなところ必ずチェックを怠らない医療関係者の私。


最後に3日分のお薬と、生薬で出来た美容液をおみやげにもらって
これで2時間半の四象体験ツアー終了。

韓医学検査&診察&針治療&薬など全て込み込みで
550,030W(約4万円ちょっと)でした。

以前四象体質医学の本を買って読んだことがあったのですが
自分がいまいちどれだか分からなかったのでまたゆっくり読もうっと。


ほんとに何から何まで興味深い1日でした。


【2009/08/02 16:42】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。