~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Japanese ' TEMPURA' !!



今日のWise Salon(自宅料理教室)は
香港人の生徒さんと日本食レッスンでした。


英語と日本語と広東語を入り混ぜて
とても楽しいひと時でしたよ~!



今日のメニューは天ぷらと親子丼と白和え

PICT9017.jpg


香港にお住まいの方が生徒さんなので、気をつけた点は
全ての材料が香港の日本食スーパーや
ローカルスーパーでも買えるかどうかということ。


いりごまとすりごまの違い、絹ごし豆腐と木綿豆腐の用途の差、
つぶあんとこしあんの違いなど、食材のパッケージを見せながら説明しました。


私も外国で料理を習ったとき、その食材がどういう袋に入って売られているか
それを見ておかないと自分で買いに行った時にわからないということがあったので
これは絶対必ず!



そして、どうして天ぷらの衣はよく冷やす上にあまり混ぜてはいけないのか、
材料の水分を良~く取るのはなぜか、
豆腐の水切りをこれでもかというほどやるのはどうしてか、
ふわふわ卵にするポイント、などなど
美味しくできて失敗しないための「コツ」を重点的にお話しました!





そしてデザートはいちご大福!


PICT9012.jpg PICT9015.jpg


かつての和菓子のレシピは大きな蒸し器を出してきて
布巾で蓋をくるんで火加減に気をつけて・・・と結構大変でしたが
最近はレンジで作る和菓子のレシピがたくさん出てきています。


今日のいちご大福も、餅生地をレンジで作れて超簡単なのに
失敗知らずのレシピにしました。



和菓子の賞味期限はたいていその日、または2日ぐらいしかないので
たくさん作っても一人では食べきれないことがほとんどです。


だから和菓子レッスンの時は ’人様におすそわけ’するための
ラッピング講座ももれなくついています~


お菓子の空き箱にいちご模様のワックスペーパーを敷き
季節を考えて桜の和紙にラフィアのひもをリボンにしました。



箸袋も和紙を着物風にして作ったものを差し上げたら
とても喜んでいただけました♪



今度私が香港へ行ったら、その時は一緒に食事に行きましょうねと
お誘いいただいて嬉しかったです!
メールアドレスを交換しました。



また香港での楽しみがひとつ増えました!
スポンサーサイト
【2010/02/25 16:12】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(0)
気分は・・・「明洞の街角」in Seoul
IMGP2388.jpg
PICT9003.jpg PICT9010.jpg



今日の我が家に遊びに来られたお客様は
大の韓流スターファン!!!


というわけでおもてなしのメニューは
気分を盛り上げていただけるよう韓国料理に即決まり。


こうやってお客様の好みがハッキリしていると
お料理のテーマが選びやすいですね。




PICT9002.jpg

これは以前韓国旅行した時に食べた
韓国版フライドチキン「マヌルチキン」


唐揚げにた~ぷりのニンニクソースがかかっていて
現地で食べたものの中でも感激の美味しさだったので、
家に帰ってから味を忘れないうちに何度も試作に試作を重ね
とってもおいしく再現できました!


Wise Salon(自宅料理教室)でも人気の自慢のメニューです♪




PICT9004.jpg

こういうのもちょっと入っちゃったりして(*^_^*)
まぁ昼間っから!へへへ・・・
明日はお仕事なのに♪



明日の生徒さんは、なんと香港から旅行中の香港人なんです!
日本食と和菓子のレシピを教えますよ~。


韓国スターの楽しいお話とマッコリの余韻を楽しみたいところですが
しっかり切り替えてがんばりま~す!
【2010/02/24 18:36】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
甘酸っぱい美肌のお姫様


世の中に、いちごが嫌いな人っているのかな・・・?


ビタミンCが豊富で甘酸っぱくておいしいし、
写真に撮っても、真っ赤な色と愛らしい形はそれだけで絵になりますね。



いちごは赤い食材(=増血作用がある)なので
これから春夏になって肝や心に負担がかかる季節には
是非摂るべき食材です。

いちごの持つ葉酸がヘモグロビンの生成にかかわり
造血を促進することが証明されていますよ。


ビタミンCが豊富で増血作用があるなんて
これはまぎれもなく「美肌食材」!




さらに、肝はストレスに弱い臓器ですから
特に春は1年中で一番イライラしやすいシーズンです。


いちごの清肝除煩作用(=肝がストレスでイライラするのを鎮める)もまた
この季節にはぴったりですね!




いちごが店頭に出始めると、毎年すぐに買い物かごに入れてしまいます。


初めは大事に大事にそのまま食べますが
春も終わりなってくると徐々にといちごが安くなってきて
粒が不揃いなものや小粒なものが出回りますよね。



そんな時はみんな喜ぶいちごのババロアはいかが?
とっても贅沢な食べ方ですね~~~


冷たいデザートは身体を冷やすので、くれぐれも食べすぎにはご用心!
でもたまのお楽しみに、いちごの魅力を最大限に引き出す
一口食べればあっという間に幸せな気分になるいちごのババロア・・・
大好き!




作り方です♪


1、いちご1パックはへたを取って洗いフードプロセッサーでピュレーにする。

2、水大さじ2にゼラチン10gを溶かしてよくふやかしておく。
 
3、1を鍋に移して加熱し80度程度になるまで温めたら
  2のゼラチンとレモン汁大さじ1、砂糖60gを加えてよく混ぜる。
  火を止めて今度は鍋底を氷水に当てて粗熱を取る。

4、6分立てにした生クリーム150ccと3をむらなく混ぜ合わせ
  型に流して冷蔵庫で固める。
【2010/02/22 14:58】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(4)
香港日本人倶楽部 機関紙に薬膳記事を連載します!
今年2月末刊行の3・4月号の香港日本人倶楽部機関紙「香港」に
「美麗YOJO生活 キレイと元気の薬膳レシピ」と題した
薬膳コラムの連載がスタートします!



香港日本人倶楽部は在香港日本人向けの会員制の倶楽部ですが
去年の秋にこちらで薬膳セミナーをやらせていただいたご縁で
薬膳記事執筆のお仕事をさせていただくことになりました。


日本人倶楽部のご担当の方からこのお仕事のお話があった時
「薬膳に関して思ったことを何でも書いて下さい!!」と言って頂きました。


「だ。である。調で」とか「何字以内で」などのご指定もなく
字数もた~っぷり頂戴してあったので
「どんな記事にしようかなぁ!」とワクワクしました!


昨年9月に香港でセミナーをやらせていただいた時に
お越し下さった皆様のお顔を一人一人思い浮かべ
「そうだ!香港で頑張っておられる皆様へ、エールの気持ちを込めて
日本からお手紙をお届けするような文章にしよう!」と思いつきました。



馴染みの場所を離れ、異国の地での生活はそれだけで身体に負担がかかります。



そんな中、頑張っておられる香港の皆様へ
「お元気でお過ごしですか?」
「こういうものを食べて下さい、元気になりますよ!」
という気持ちを込めたお便りのつもりで・・・


中医学の専門用語を避けて出来るだけ読みやすくなるよう
直接お顔を見ながらお話させていただいているような語り口調で書きました。


また、来てくださった方が主婦である奥様が多かったことから
誰しも女性なら興味のある美容のエッセンスも入れつつ
香港でいつでも無理なく手に入る食材を使って
おもてなしの機会も多い皆様に役立てていただけるような
メニューになっています。



日本人倶楽部会員の皆さまのお宅へ、今月末ごろ郵送されて届くと思います。
隔月刊行です。



是非ご覧くださいませ!






【2010/02/18 23:13】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(1)
白いマグカップ


緑茶やほうじ茶、時にはカルダモン入りチャイやクコの実レモンティー、
美容のためにローズヒップティー、花粉症予防の薬膳茶・・・などなど

いろんな茶葉と生薬をストックして、その時の体調や気分で選んでは
いつも何かしらお茶を飲んでいます。



「茶飲みの友」として、気になってくるのがマグカップ。

何もかもが’ぴったりしっくり’くるマグカップに出会うと
自然とそのカップを手にとってしまいます。


ブランド食器のカップは存在感もある上
いろんな可愛い絵付けも施してあり、磁器が薄くて口当たりもいいのですが
洗う時や重ねて収納する度に欠けたりしないか心配だし
縁にゴールドの飾りがあるものなどはレンジにかけられなくて
普段使いには不向きだなぁと感じます。


そこで気楽に使える白いマグカップを集めるようになりました。



マグカップに必要な条件はある程度の厚みがあること。
それと倒れにくいシェイプであること。


アツアツで入れた飲み物をそばに置いておいて
テキストを作りながら少し飲んで、
パソコンでレシピを打ち込みながら少し飲んで・・・ってしていると
薄いカップだったらすぐに冷めてしまいます。


コーヒーショップでテイクアウトせず、その場で飲むと
カップはかなり分厚いものに入って出てくることが多いですが
厚みがあればあるほど中身が冷めにくいので
ああいうカップになっているそうですよ。


でもあんまり縁まで分厚いと口当たりが悪いので
縁に行くに従って薄くなっているかどうか
買う時にお店でカップの縁を指でつまんでチェックします。


近くにある本やらキーボードに倒れて中身がこぼれるなんて最高に悲しいので
安定感があるものがいいですね。



それから私は手がすごく小さいので、
カップの持ち手を持ってみて指が滑ってしまうもの
またはカップそのものがずっしり重すぎるものもNG~。



あとはカップの容量ですね。
1度に飲める量もその時々によって違います。


たっぷり飲みたいときは写真後ろ側左が350cc
右が400cc入るのでそのどちらかを、

少しで充分と感じるときは前列左から順に
150cc、200cc、250cc入るので
何となく直感で「これ!」と選びます。



和食器のマグカップ(写真中央)は他のものと違って
カップの素材自体がひんやりしていなくて、
飲み物を入れたときカップを温めていなくても温度が冷めにくい!


見た目よりも安定感もあり、持ってみるととても軽いのですよ。


最近1番のお気に入りマイカップです

【2010/02/15 15:02】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
新年快楽!
PICT8851.jpg

香港在住の皆さま
明けましておめでとうございます!


明日は旧正月ですね。
楽しいお休みをお過ごしのことと思います。


今年のお正月の雰囲気はどんなだろう~?
イルミネーションはとても華やかでキレイなんだろうな・・・って
香港のことばっかり考えていたら無性に中華が食べたい~~~!!!


記憶と胃袋はつながっているのですね。



さて、香港でよく見る食材の中でもこの干貝(ゴンブイ)ですが
ホタテ貝の貝柱を乾燥させたものです。
とってもいい「ダシ」が出るのですごく重宝しますよね。


これ、日本で買うとものすご~~く高価なのですよ!
百貨店のデパ地下の食料品売り場などでやっとこさ見つかりますが
大きさも小さい上、少ししか入っていないのに、高い~~~!!


というわけでいつも香港で買ってきます。


でも干貝を使ったメニューのバリエーションがないという方のために
おススメのちょっとしたコツです♪



干貝は戻すのに時間がかかるので、あらかじめ水で1晩
戻しておいたものを冷凍しておきます。

だいたい1回に使う量は3~4人分で3個で十分ですから、私の場合
いつも9個をいっぺんに戻して、残りの2回分はほぐして冷凍しておきます。


和え物や炒め物、チャーハンや雑炊、スープなどを作るとき
必要な分だけ取り出して加えるだけ!

さっと使えて重宝しますし、貝柱の旨みが効いて
いつもの味がグレードアップしたように感じますよ~。



そして今日は白菜のクリーム煮!

PICT8863.jpg


平鍋に水と中華ダシの素、戻してほぐした干貝と白菜を入れて煮ます。
そこへエバミルクを加えて塩で味を整えたら水溶き片栗粉で
とろみをつけます。



PICT8855.jpg

エバミルク(無糖練乳)も香港ならではの食材ですよね。
マンゴープリンにもたっぷりかかって出てきます。

淡白な白菜に干し貝柱の旨みがギューと染みています。



「ザ・香港食材」で作る一品!
満足です~。




今年1年も香港の皆さまがいつもお元気で良い年であります様に。

恭喜発財、身体健康!!!

【2010/02/13 09:32】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(0)
歯科医院様へ薬膳レシピをご提供させていただいています
大阪守口市にあるおかもと歯科医院さまへ
去年夏から薬膳レシピご提供のお仕事をさせていただいています!


大阪守口市 おかもと歯科さま
http://www.okamoto-dentalclinic.com/



医院長の加藤先生は歯科医師のイメージを180度覆すほど(←失礼!)
と~っても可憐で綺麗なお医者様!!!


歯科治療メニューではホワイトニングはもちろんのこと
クリーニングに歯肉のアロママッサージや
フェイシャルマッサージも取り入れられているとか。


特に、西洋医学の観点のみならず
東洋医学や栄養療法、運動療法などを総合的に組み合わせて
トータルなホリスティックケアに力を入れられています。


加藤先生は院内で漢方処方もされているほど東洋医学に造詣が深く
薬膳にも大変興味をお持ちで、今回のこのご縁となりました。


おかもと歯科さまへの薬膳レシピは、
普段のメニューに取り入れやすく簡単に作れて
しかも歯科医院ならではの
「歯にも良い」メニューであることを常に心がけています!

院内掲示だけでなく、薬膳レシピを沢山プリントアウトして
患者さまにご自由にお持ち帰り頂いているとのこと・・・


身の引き締まる思いです!



加藤先生のイメージにぴったりの洗練された優しいイメージの
ホームページ内「RECIPE」にて薬膳レシピをご覧いただけます!!


大阪守口市 おかもと歯科さま
http://www.okamoto-dentalclinic.com/




【2010/02/09 19:03】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
中身は小豆が最適ですね


最近、下の娘の学年では学校で「むかしあそび」を教えて頂いているそうです。


先日、学校の体育館を使って地域の老人会の方をお招きし
こままわしやめんこ、おはじき、竹馬、けん玉など
いろんな種類の道具を使って遊び方を教えて頂く機会があり
老人会の皆さまのお手伝いをする父兄募集があったので、私も
お邪魔しに行ってきました。


行ってみると私は「こままわし」コーナー担当になりました。
名人級のおじいさまが生徒たちに教えて下さる中
手が足りないときにお手伝いのご父兄も子どもたちに指導を、と
先生方から言われたのですが・・・


・・・私のコマ回し技術ときたら激ヘタ~~!!!


まずは私から、まわし方の指導となり(-_-;)
おじい様が手取り足取り懇切丁寧に教えて下さるのですが・・・
「手伝い」どころか、呑み込みの悪い逆に手間のかかる父兄~(←私)


私には子どもの時から父方、母方ともに祖父がいなかったので
「おじいさんが遊んでくれるってこんな感じなんだな~」と
この年でしみじみ嬉しく思いました。



さて、家に帰って下の娘と「楽しかったね~~」と話していると
上の娘が突然「私、今まで一度もお手玉ってしたことない」と
仰天発言!

生後すぐから小学校2年生になるまで香港育ちだったので
確かにそんな機会はなかったかも・・・と
あわてて布のハギレと糸を出してきてお手玉を作りました。


昔のおばあちゃん作のお手玉は短冊形の布を4枚かざぐるまのように
重ねて縫ってありましたが、今はこんな簡易な形もあるんですね。
ネットで見て簡単バージョンにしました。

正方形の布を中表にして筒状に縫ったら、上下はぐしぬいで絞ります。
子どもの手にもおさまりがいいように、大きさは小ぶりのみかんぐらいです。


中身は小豆が最適だよ、と遠い昔に誰かから聞いたことがあったので
小豆を50グラム、きちんと計って入れました。

つかむ度に一つ一つの重さが違っていたら
なんだか変な感覚だろうなと思うので・・・


もちろん初めはお手玉が上手にできなくて、
キャッチボールのようにして違う遊び方をしていましたが、
そのうちにだんだんと上手に遊べるようになってきました。




子どもが飽きてお手玉がほったらかしになってきたら
今度は私がボケ防止に3個使ったお手玉に挑戦してみま~す!


【2010/02/08 11:29】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良公園はお宝が放し飼い?



漢方薬の人参や、シカの角化する前の幼角である
鹿茸(ろくじょう)はともに高級中薬です。

この2大高貴薬を合わせたものを「参茸(さんじょう)」といい
特に腎が弱いことから来る虚弱体質を改善し
生命力を補って体力をつけ気血を増やします。


香港に住んでいるときに日本人女性の美容師さんに髪を切ってもらっていましたが
その方のお話によると、彼女の香港人のご主人さまのお母さん(要するにお姑さん)
が、その美容師さんの妊娠中にはいつもこの鹿の角を買って来て
スープに入れて飲ませて下さったとのこと。


鹿茸は「腎の陽」を強めるお薬です。

腎陽は

1、身体を芯から全身を温める
2、生殖能力を高める
3、消化吸収機能を活発に旺盛にする

という大きな働きを担う場所ですので
食べたものの栄養がきちんと吸収され、きれいな血を増やして身体を温め
赤ちゃんがしっかり育つようにというお姑さんの心遣いだったのですね。



すばらしいわ~~~~~~!!!!!



鹿の角は、刺されると痛そうな堅くなったものではなくて
まだ生えたばかりのぶよぶよした状態を乾燥させたものが
高級中薬として出回ります。


奈良県在住、香港人ママ友達の実のお父さんが
香港から奈良公園に遊びに来た時に
「こ、こんなに鹿茸をつけた状態の鹿を放し飼いにして盗まれないのか???」
ととても驚かれたそう。


・・・大丈夫なんですよ、お父さん(笑



漢方薬の中には動物から作られたものも多く
鹿の角やらロバの皮を煮出したものやら色々あります~。


麝香(じゃこう)はオス鹿の体液の一種で、
それを1000分の1に薄めたものは、かの有名な官能の香り
「ムスク」となり昔から動物性香料として使われていました。

これらの香料は沸点が高く揮発しにくい性質があり
揮発しやすいローズやゆり、ジャスミンなどの植物性香料に
ほんの少し調合しただけで香りを長く保つことができるそう。


日本では麝香はお香の原料として、
ヨーロッパではシャネルの5番など高級香水に使われています。



奥が深い~~~~
中薬学は驚きとともにおもしろさ満載です!!



【2010/02/05 11:14】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
恵方巻き・・・七福神にちなんで7種の具で



今日は節分ですね。
恵方巻き食べましたか?


デパートやスーパーでも今日はたくさんの恵方巻きが売られていましたが
海鮮巻きとなると1本680円とか980円とか\(◎o◎)/!ヒャー


一人1本まるかぶりが基本ですから
家族全員分買おうとすると高~~~~くつきます。


そこでお刺身を買ってきて、今年も自分で巻きました。

こうすると好きな具を選べるうえに
無理なくまるごと1本食べられるように、敷く酢飯の量を加減できます!
しかもとっても安上がり~~~♪



今年の恵方は西南西でしたね。

願い事を思い浮かべながら、子どもたちと同じ方角を向いて
1本一気に黙ってもくもくと食べました(笑



これからの1年もみんな元気で良い年になりますように!!


【2010/02/03 18:58】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
冬の薬膳美容講座 好評開催中です!
 P1050527.jpg


薬日本堂漢方スクール大阪校にて
冬の薬膳美容講座 好評開催中です!!


前回1月の「冷え取り養生 血めぐり薬膳」セミナーも満員お越しいただき
本当にありがとうございました!


当日はたくさんの身体を温めるホットドリンクのレシピをご紹介し
そのうち3種類試飲していただきました。

講座では「なぜ冷えるのか?」を
中医学的身体が冷える仕組みを徹底解説、
毎日の生活にすぐ取り入れられる冷え解消の生活養生法、
そして内側から身体を温め、血のめぐりを良くする食養生などなど
盛りだくさんでお届けします!


冷え症改善の上記講座は残りあと1回、2月17日(水)11時から開催します。
その日も身体を芯から温めるホットドリンク3種類
試飲頂きますので、ぜひぜひお越しくださいませ~。

詳しくはこちらから



さらに!!!

3月4月の春の薬膳美容講座は
ウキウキの「香港スイーツ 総集編」です!!!


3月7日(日)14時から16時
4月15日(木)11時から13時の2回開催します。

詳しくはこちらから


香港スイーツの講座は、初めて薬日本堂さんでお仕事させていただいた時の
第1回目のセミナーのテーマだったんです。

だ~~~~いすきな香港の話を一日中ずっとしていられるなんて最高に嬉しくて
薬日本堂の東京事務局の方との打ち合わせの時
「また是非香港スイーツやらせて下さい!」とお願いして再び実現しました。



P1050745.jpg IMGP2123.jpg tonsoi5.jpg


1回目の講座にさらにいろんな着色をして、レシピを増やしてテキストを作り直し
~総集編~と銘打ってお届けすることになりました。


香港人女性の美肌の秘密を、香港食文化をひも解いて
楽しく分かりやすくお話しますね!(←とまらないかも。時間内に終わらせないと!)


そして香港美肌デザートに使われる材料の薬効解説、
日本でも手に入る材料で作る沢山の香港スイーツレシピ(←レシピ絞りきれない!)
その中から、女性を元気にキレイにする
陳皮、ハスの実、ユリ根の入った小豆のお汁粉
「百合蓮子紅豆沙」をご試食頂きます!(←美味しいんですよ、これ!)


陳皮や百合(百合根の生薬名)、蓮子(ハスの実の生薬名)の
下ごしらえの仕方、和の献立の取り入れ方も学べますよ!


香港フリークの私が「魂込めて」お届けする、
香港美肌スイーツ講座
ぜひぜひお楽しみに~~~~!!!

【2010/02/01 08:31】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。