~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
食べる美容液!


アボカドはまさに「食べる美容液」!



ビタミン14種、ミネラル17種、不飽和脂肪酸
オレイン酸など書き出したらキリがないほど豊富な栄養を持つため
「森のバター」と言われています。


中でも美容に良いとされる成分はビタミンEの抗酸化作用!
若返りのビタミンであるEは毛細血管の隅々までの流れを良くし
細胞の老化を防止します。


ビタミンEは熱に酸化しやすいのですが
ビタミンCと一緒に摂取すると成分が破壊されにくいので
変色を防ぐ意味でもレモン汁をかけるといいですよ。


アボカドは全体がすっかり黒っぽい茶色になって
持ってみた時にかすかに弾力を感じたら食べごろ。


切り方は、中に大きな種が入っているので
包丁を当てたらぐるりと種に刃を当てながらそのまま一周させ
両手で反対方向にひねるようにするとパカッと2つに割れます。

もう一度半分に切って縦割り4分の1になったら
手で簡単に皮がむけます。




わさび+醤油の、和の組み合わせにぴったり合うので
アボカドを芯にしてカニカマと巻く巻きずし
「カリフォルニアロール」にしたり


トーストに潰したアボカドを塗っても美味!




PICT0851.jpg


超簡単に、さいの目に切ってかつお節を乗せ、
だし醤油を掛けて食べるだけでもまるでトロ?!(笑
と~~っても美味しいのでーす!



肌につけるだけじゃなく、身体の内側からの美容液もいかが?
スポンサーサイト
【2010/07/28 21:44】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(9)
実は切手マニア♪
 香港の切手


切手が大好きで集めてま~す!

(わおっっ、、、地味!?)




というのも、海外に住んでいる友達が送ってくれる
クリスマスカードに貼ってある切手があまりにも可愛かったから!

カードはもとより、その国ならではの切手に目が釘付け。



PICT0843.jpg アメリカやヨーロッパの切手はさすが~


使用済みの切手ですからもちろん手紙を送るのには使えませんが
こういうのをクラフトやコラージュに使ったり
ラッピングの封に使うと、カワイイんですよ!





外国切手だけでなく日本の記念切手も、
気をつけてみていると和の風情のいいものがいっぱい♪


PICT0848.jpg
今年の海外向けのクリスマスカードはコレを使うつもり!




PICT0845.jpg 
世界に誇る日本のキャラクター、キティちゃん。



上海万博の記念に発行された切手で、シールタイプになってます。
郵便局で思わず「ほんとにこのハート型、普通に使えるんですか?」って
聞いてしまったわ。





PICT0849.jpg サンマリノ共和国の特殊切手


和の趣きのものばかりでなく、
日本郵便が時々発行する切手の中に
外国の美術や風景をモチーフにしたものがあるんです。



国内からの郵便に使えるのに海外の切手みたい!!
キレイですよね~~~



アニメや日本の祭りをイラストにしたものなど
見ていると飽きなくて面白いし、実際に貼って使えるので
切手はいいですよ~~~♪



次は秋に発行されるフィンランドとの共同発行を狙ってま~す!




【2010/07/26 15:33】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
ジャッキーチェンの大好物
PhotoBase Samples0094a



香港デザートで小豆のお汁粉「紅豆沙」はよくご紹介するのですが
今日は緑豆のお汁粉「緑豆沙(ろっだうさ~)」をご紹介します!



緑豆沙はかの有名なジャッキー・チェンの大好物だそう!
タッパーに入った緑豆沙を抱えながら食べるとか!?
(もちろん見たことはありませんが…)


緑豆は豆類の代表的効能「お腹を強くしてむくみを取る」に加えて
性質が身体を冷やす「涼」。

夏の暑さによるのぼせを取って食欲不振を解消してくれるので
夏バテ予防にもってこい。



このお汁粉、甘いデザートなのに、なんと昆布が入るのが定番なのです。

「えっ!」という組み合わせですが、食べてみるとあまり違和感ありませんよ。
そういえば、日本でもぜんざいの傍に塩昆布がよく添えてありますね。


皮つきの緑豆はデパチカの食料品売り場や
輸入食材を扱うお店で手に入ります。


真夏のデザートにお試しください♪




緑豆のお汁粉(4人分)

<材料>

緑豆  100グラム
昆布  5センチ角のもの
氷砂糖 適量

<作り方>

1)緑豆は洗って鍋に入れ、昆布を千切りにしたものと
  かぶるぐらいの水とともに柔らかくなるまで煮る。
  途中、水が少なくなったら足す。

2)氷砂糖を適量加え、好みの甘さに仕上げる。


【2010/07/25 23:17】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(4)
子供に食べさせるコツ



学校が夏休みになりましたね~~~~ハァ・・・


四六時中顔を突き合わせ
毎日毎日「朝昼晩」「朝昼晩」とご飯を作って
子供に食べさせないといけない40日余りの苦行の日々!

全国のママ業にいそしむ皆様、お疲れ様でございます・・・



この暑さ、子供も何でもかんでも喜んで食べてくれるわけでもなく
お昼にざるそばを出しても一向に手をつけない
食欲にムラのある元々が脾虚体質の次女。




こうなったら~~~~(-_-メ)!!!



「巻いて」みます。


子供とは単純な生き物で、
同じ食材を使っていて同じ味がするにもかかわらず
見た目がちょっと変わるだけで喜んで手を伸ばしてくれます!



ざるそばのそばを焼き海苔の大判を半分にカットして
細巻きのように巻いていきます。

一口大にキッチンバサミで切ったら
断面を上にして盛りつけます。
それをざるそばのつけつゆにちょんちょんとつけて食べます!


ハッキリ言って見事に「ざるそば」と同じ味。




しかしちょっとこうしただけで
「わ~~~い!」とか言いながらぺろりと食べてくれます。


いったい何がどう違うの~~~
巻いてある、というビジュアルに反応しているのですね。




たとえばこのテクはパンにも使えます。


サンドイッチ用の薄切りパンに具を乗せた状態で「ハイ」と出しても
余り食べてくれない・・・


それなら、端からクルクル~~~と巻いてラップで包み
両端をリボンで飾って「パンのキャンディ~」と言いながら出してみましょう!

喜んで食べますよ。




子供は何でも型で抜くのが好きですよね~!

野菜やフルーツは丸い形に、
ハムやチーズはクッキー型でハート型や☆型にくりぬくのも手!
これは是非子供にやらせてあげてください。


たくさん無駄な部分が出て困りますが
細かく切って何か別の料理に混ぜて使ってね~~




普通のお惣菜でも、ただ小さく切ってピックを刺し
オードブル風にするだけで手が伸びますし、
いつもは小さく作るプリンや茶わん蒸しのようなものは
逆にドドーンと大鉢で作ると歓声が上がります。



自分の子供が喜ぶことは他のお子さんも喜ぶことで
これらのテクは誕生日パーティーや子供たちの集まりの時に
こんなちょっとした工夫で盛り上がること請け合いですよ~!



【2010/07/22 19:53】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
赤い食べ物で心の負担を軽減!
PICT0828.jpg

海外のスーパーはアイデアの宝庫ですね!

どこかに旅したら、その土地のローカルスーパーを見て歩くのが大好きです。


中でもアメリカやオーストラリアのスーパーは目を見張るほど広く大きくて
売られているもの一つ一つがびっくりするほどデッカイ!!
カラフルなフルーツや見たこともない野菜(アーティチョークなど)、
珍しい調味料などが山積み!!


香港のスーパーで初めて烏骨鶏(うこっけい)を見たときには
その紫色した物体に仰天して後ずさり!
腐乳(中国のチーズ)や梅菜(菜心のお漬物)、
珍しい醤(ジャン)は見ているだけで本当に楽しくて
どうやって料理に使うんだろう?と想像してはワクワクしました。


そんなものをたくさん持ち帰っては、普段の献立に活かす方法はないかな~と
考えるのがとても楽しい!



海外の食品の中でも特に感動したのが
昔、お菓子作りを習っていた時に教えてもらった
「スプレータイプのバター」。

ケーキ型にはあらかじめバターを塗っておくというのはケーキ作りの基本ですが
その型によってはなみなみした部分などに塗りにくくて毎回面倒でした。


今では日本でもたくさん見かける缶入りのスプレー式バターですが
当時はそのアイデアグッズに涙がチョチョ切れるほど感心しました。
「シューーーー!」のひと吹きで済むなんて!!と
細かい部分までしっかりバターがコーティングされているのを見て
感激で身震いしたのを覚えています(笑




パプリカ(赤ピーマン)の瓶詰を知ったのも海外のスーパーに置いてあったから。

瓶に入ったトロトロの赤ピーマンはまるでトマトのような風情ですが
パプリカを丸ごとオーブンで焼いて皮をむいた状態で売っていて
手間暇省けてとても便利!

細切りしたりみじん切りにしたり、和えたりトッピングしたり
彩りもキレイなうえ、味にグッと深みが増すのが嬉しいところ。


パプリカは強力な抗酸化作用で紫外線による肌の老化を防いだり
この時期に汗で水分が失われると血もドロドロになる
津血同源の法則(汗を失う事は血管の中の水分も失われ血が粘る)にも
血液サラサラ効果が期待できます。



赤ピーマンの瓶詰は日本でも売っているんでしょうが
そうそう簡単には手に入らないので
そういう海外の市販品を参考に今度は自分で作ります。


パプリカはヘタとワタを取って縦に4等分し
オーブントースターで45分ぐらいじっくり焼きます。

焦げ目がつくまでしっかり焼いたらアルミホイルで覆って10分冷ますと
簡単にズルッと皮がむけます。

細切りしてから、今日はイタリアンドレッシングで和えておきました。

PICT0812.jpg



細めのスパゲティを茹でたら流水で洗い
良く水けを切ってからパプリカを合わせます。


塩と黒コショウとニンニクすりおろしで味を調え、バジルをトッピング。

夏向き冷製スパゲティー、トマトで作るのが有名ですが
パプリカでも美味しいですよ~!



【2010/07/20 21:56】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日はお仕事でした
梅雨が明けたと思ったらいきなり猛暑の毎日ですが
今日は朝9時に車で仕事に向かいました。


朝はまだ外はそんなに暑くなく空気がとても爽やかで
高速道路の上り坂はまっすぐにそのまま青い空に続いているみたい!
フッ~と車ごと空に吸い込まれそうですごくいい気分!



さて、今日の授業で「夏の暑い時期と冬の寒い時期の
どちらの方が元気に過ごせますか?」と皆さまにお聞きしたら
3分の1が夏、3分の1が冬、3分の1は季節の変わり目だけが弱いという方。


なるほど~・・・。




私個人的には完全に夏強い派!!!


思いっきり好きなファッションを楽しめたり
多少無理しても大丈夫。

「暑いの大好き!夏万歳!!」って言ったら
3分の1の生徒様が「え~~~~~!!!」とのこと(笑



その分、冬にめちゃくちゃ弱い派~。

1年中元気そうに見えるでしょうが、
着るものは防寒対策第一優先、3つの首(首、手首、足首)しっかり保温。

そうやって身体をこれでもかといたわっていても
もともとこの世界に入っただけあって虚弱体質。
少しでも寝不足しようものなら、あっという間にどこかサインを発します。

冬はそれこそ必死で身体のバランスを崩さないよう
気を張って(!)気をつけなければやっていけません。


人も自然の中の一部。
それぞれ、体調のいい季節を1年で1番楽しみながら満喫しましょう!!





さて夏の暑さは「心」に負担がかかる季節。


「心」(=しん)は東洋医学では
①血液を全身に運行させる
②精神活動、意識、思考を統括する

臓器として、五臓の中でも一番のボス(王様)としての地位を占めて
臓腑の機能活動を主宰しています。


鏡で舌を見たときに他の部分より舌の先(先端)が赤い場合、
「心に火がある」状態です。

これがある場合、夜中何度も起きたり夢をよく見るなどの睡眠障害や
怒りっぽい、いつも心配事が多く胸がざわざわするなど気分が落ち着きません。
血液循環に障害があると、動悸や息切れ、不整脈などとなって現れます。



「心」によい食材といえば、五行学説の理論から「苦味のある食べ物」です。

セロリや緑茶、きゅうりやパセリ、三つ葉、ピーマン、など
それ自体に自然な苦味のあるものは適量採ると「心」の働きを助けますので
この時期意識して取り入れてみて下さい。
【2010/07/19 15:13】 | 養生法 | トラックバック(0) | コメント(0)
悟りました
私、薬膳の授業で本当にたくさんの雑談をさせていただくのですけど
その雑談の中で「時代を感じさせる」類の話を良くするそうなんです。


自分では気づいていなかったんですが
生徒様からのご指摘あって
「あれで先生の年がだいたいわかった」って言われます(笑


後で考えても「え~?何を言ってたかな?年代物のギャグでも言ったのかな?」と
考えるのですが、ハッキリ覚えていないところはそれが雑談だから…。



よく生徒様からも「先生はおいくつですか?」と聞いていただけるのですが
包み隠さずお話しします!


自分の年齢に関してですが
ここ数年ジタバタジタバタしていたのですが
もうすっかり悟りました。

私がこの年だからといって誰に迷惑かけてる訳でもなく(笑
この年になったから感じる身体の変化などを
今まで学んできたことと照らし合わせて
体感していきたいと思っています。


今までの人生の中で出会った少し先を歩まれているたくさんの
素敵な先輩女性のその後を
ウキウキした気分でついていこうと思っています。


「あれはこういうことだったのか~」とか
「じゃあ、どうやって過ごしていこうかな」と
後付けでも自分の身体で実際に感じれるのを楽しみにしています。



事実、かつての自分の体に起きたことに関する記述は
テキストでただ読むよりもよっぽど頭に入ってくれます。
それを人様にお伝えする時には説得力が生まれます。



漢方薬もどんな味がするのか、どんな作用が身体に起こるのか
本当は漢方薬局に置いている薬の端から端まで飲んで試してみたい。


瀉(しゃ)の薬=身体の余分なものを下す薬は苦いものが多い
補(ほ)の薬=身体に足りないものを補う薬は飲みやすいものが多い
と習います。


強烈な下剤「大黄(だいおう)」は瀉下の作用が強烈と書いているが
本当はどのくらいすごいのかなとか。



私が生活の中で瀉の効能を持つ薬を飲むことはほとんど無いので
本当に、実際、どのくらい苦くて強烈なんだろう~?と
気になって仕方ないです。


自分の証はだいたいいつも同じだから
そんなにいろんな種類のお薬を試せるわけないのがすごく残念です。





話は戻りますが・・・




この大葉の気の効いたキャッチコピー(見える?左上)に
反応している私の年、分かりますか(笑


【2010/07/17 11:35】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(4)
夏向きおススメドリンク~!



関西地方は梅雨もいよいよ今週で終わりか?!と思えるような
来週の天気予報はいよいよ晴れマーク揃い


しかし今年の梅雨は本当にしっかりと雨が降りましたね~。
痰湿体質(身体に余分な粘りのある水分が多い)方、
体調は大丈夫でしたか?


さて、気温が上がる太陽サンサンの真夏になると
毎年よく作るドリンク、それは


「豆乳グリーンティー」!!!



スーパーやデパートのお茶売り場に「グリーンティー」が売っています。
加糖抹茶粉末のようなものです。

それをグラスに入れ、少量のお湯でよくかき混ぜて溶かしたら
上から豆乳を注ぐだけ!


夏に弱る臓器「心」の好む苦みのあるもの、
そして夏の汗で失われがちな体液を補うものを使って
何か出来ないかな~と思って家にあるもので作ったのがきっかけ。


簡単~しかもおいしい!
甘さや濃度はお好みで調節してください。



暑い夏に外から帰ってきたら
こんなドリンクで身も心もホッとして下さい!

【2010/07/15 18:39】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(4)
8月に東京でセミナーを開催します
東京渋谷にある、フラワーエッセンスとホメオパシーを主に用いた
癒しのライフスタイルを幅広くご提供されている
シャンドゥルール様からお声を掛けていただき
8月に東京で薬膳セミナーを開催することになりました!


シャンドゥルール様は、自然療法を用いたウェルネス事業と
美容・健康・暮らしに特化した癒しのライフスタイルを
様々な角度からご提案されています。


人も自然の中に存在する一部であり、
同じ自然界に存在するもののパワーを借りて
精神面や体調を整えていくという意味では
フラワーエッセンスも漢方生薬も同じ。


そこで広い視野で代替療法を総合的に学んで頂くことができるようにと
シャンドゥルール様のスクール部門のアドバンスコースの中に
漢方講座を組み込まれ、今回のこのご縁となりました。


講座の詳しい日程や内容はこちら



私自身もフラワーエッセンスの精神面への癒し効果については
前々から個人的に大変興味があり
中医師試験の勉強中も集中力を高めるため
フラワーエッセンスのOPTIMAL LEARNINGなどを摂っていました。


精神面をフラワーエッセンスやホメオパシー、アロマなどで
そして内臓のケアを漢方薬でトータルに身体と心を癒すことができる
総合代替医療センターのようなことが将来的にできたらいいな~と
漠然とした夢もあり・・・


その第一歩、初めてのコラボということで
今から講座をやらせていただくのが楽しみでとってもワクワクしています!



初めての東京でのお仕事でやや緊張しておりますが、私、
それが東京でも海外でも「どこにいても等身大」が何よりのモットー!


関西ACCENTがお聞き苦しいかもしれませんが
面白い!楽しい!!漢方&薬膳講座になるよう
精一杯やらせていただきます。



東京の皆さま、お会いできるのを楽しみにしております!!
【2010/07/09 19:53】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
暑い国の料理で夏のおもてなし
今日は昔からのお友達が我が家に遊びに来たので
彼女のリクエストにより東南アジア料理でランチしました~


PICT0725.jpg PICT0728.jpg

アジアの雰囲気が出るように、大好きな紫&グリーンのテーブルコーディネートで!
ロータス(蓮)とカエルのテーブルフィギュアも置いて雰囲気を出します。




PICT0733-2.jpg

生春巻きは具だけ準備しておいて直前に巻きます。




PICT0732-1.jpg PICT9850.jpg

ベトナムの鶏手羽のバター揚げ&
タイのグリーンカレーはそうめんを添えます。


鶏手羽のバター揚げとはこんがりと唐揚げにした手羽を
ヌクマムとバターで味付けるという
フレンチの影響を受けているベトナム料理ならではの一品。


タイのグリーンカレーに添えるのは今日は目先を変えて
ご飯ではなくそうめんにしました。

タイではもち米で作る細い生麺にタイカレーをかけて食べる
のも人気で、そうめんがその麺に食感と細さがそっくりなのです。





PICT9656.jpg

シンガポールの海南チキンライス

こちらは日本のケチャップご飯のチキンライスとは全く別物の
鶏ガラで取ったスープで炊いたご飯と茹で鶏を特製ソースで食べる
シンガポールの名物料理です。





PICT0747.jpg

デザートはタピオカココナツミルクのスイカ入りとマンゴー入り。



アジアの料理は普段自分ではあまり作らないとのことで
女性ばかりの集まりのときにはとても喜ばれます!


常夏の国の料理だけあって、使う食材が薬膳の理論でも
夏に摂るとよいもの揃い。


テーブルに並べた時の印象や見た目も涼しげですし
やっぱり暑い時期は暑い国の料理がいいですね!
【2010/07/07 17:33】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
女性必見!生理中の過ごし方
「中医婦人科」に関するテキストや書物を読んでいると
生理に関する病は立派な一つの「病気」として
きちんと病因病機(病を起こす理由)や
それに対する養生法があるもんだなぁと感心しています。



そこで今日は生理痛のある方へ
大事な生理中の過ごし方について書いてみたいと思います。

生理中は、生殖を司る「腎」のお仕事がひとつ増えて
いつもより負担がかかっているんだ、と思って養生してあげて下さいね。


1、よく眠る。
  血は深夜12時以降起きていることによりさらに消耗されます。
  それ以前に眠っていることが大事。


2、身体を決して!冷やさない。
  生もの、氷入りの冷たいもの、アイスなどを生理中に摂ると、
  血行を悪くさせ滞らせる。これが生理痛の元になります。


3、辛いもの、脂っこいもの、揚げ物、コーヒー、アルコールを控える。
  すべて身体に余分な熱を持たせて乾燥させます。
  これがさらに陰血を消耗する(=身体の悪い熱を冷ますものが減る)ため
  身体に要らない熱が溜まり、これが痛みを引き起こす元になります。


4、清潔な湯船にゆっくりつかって身体を温める。
  お気に入りのバスエッセンスやボディソープの香りでリラックスしてください。


5、服装は下半身は上半身より1枚多く!
  冬はもちろんのこと夏でも生理中は腰回りを冷やさないように。
  
 

生理痛は慣れっこになりがちですが
本当は「ない」のが普通です。

頑張って養生すれば身体はきちんと応えてくれて
毎月のお仕事がとっても楽になりますよ~!
【2010/07/05 17:51】 | 養生法 | トラックバック(0) | コメント(3)
2.5リットルからたったのひと瓶



クロテッドクリームが手に入ったので
早速スコーンを焼いてみました。


クロテッドクリームはイギリスで2000年以上前から作られてきた
伝統のクリームで、アフタヌーンティーには欠かせない存在です。

PICT0708.jpg


搾りたての牛乳をまだ温かいうちに遠心分離機にかけ
上に溜まった脂肪分の高いクリームと乳脂肪分を分離させて
作ったものです。


バターよりもあっさり、クリームよりも濃厚な
ふんわり軽い口当たりのチーズクリームのような風味です。


牛乳2.5リットルからやっとひと瓶作られるとか。
ミルキーな味と香りがスコーンにぴったり!




香港はイギリスのアフタヌーンティーの文化を受け継いでいます。
ホテルなどの下午茶のセットのスコーンに
この濃厚かつ風味豊かなこのクリームが添えてあり、
それから虜になってしまいました。


ブルーベリージャムやメープルシロップも組み合わせて
いろんな味のハーモニーを楽しみながらのアフタヌーンティー♪



最高です!!
【2010/07/02 08:56】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。