~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
飲む目薬
PICT2446.jpg


肝が疲労して目にトラブルが出ている友達に
にんじんをいっぱい使って「飲む目薬スープ」を作りました。



にんじんは血を増やし目の乾燥やかすみ、視力低下に良い
「食べる目薬」。

お腹を強くする働きもあり、気血を補います。




さらに血圧も高い、と聞いたのでセロリを葉ごと加えましょう~。

高血圧になると頭のてっぺんが痛くなったり
ふらついたりイライラして目が充血しやすくなります。


セロリはその上にのぼった陽気(イライラの熱気)を冷まして
のぼせを取るので目の赤みを改善します。


葉に薬効が高いので捨てないでね。





そして血をサラサラにして血栓を予防する玉ねぎと
漢方食材での目薬「くこの実」も忘れず煮込みます!



普通のにんじんポタージュに見えますが
ほんのちょっとひと工夫で’食べる薬’になりますよ。



気楽にトライしてみてね~♪



スポンサーサイト
【2011/01/30 22:57】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
たまにはこんな晩御飯も♪



うちの献立はいつも和食中心の地味なものが多いので
時々子供たちがつまんなさそう。


「ハンバーグ!」「スパゲティ!」「オムライス!」「カレー!」などなど
子供が喜ぶ一皿洋食メニューを出してやりたいのですが
我が家のご飯といえば、鍋か煮物や汁もの、焼き魚など
小さいお皿がこまごまと並びそうな感じのもの。




そこで今日はちょっと目先を変えて、小鉢に盛らず
お弁当仕立てにしてみました~~~!




レバーの甘辛煮とかオカヒジキのわさびマヨ和えとか
焼きシイタケとか筑前煮とか、結局は地味メニュー揃い。



これにダシ巻き卵とウインナーをサービスでつけて
ご飯を鮭おにぎりにし、デザートにおはぎまで添えると
急に子供たちのテンション、ア~~~ップ!!



何と単純なことよ・・・。





運動会のお弁当にしか登場しない山中塗のお重も活かせるし
こんなことで喜んでくれるなら
たまにはいつものおかずをお弁当に詰めてみようかな~。

【2011/01/27 18:29】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
体が柔らかくなりそうな?メニュー


このお正月にハマった食べ物といえば酢ダコ!


特にうすく切って、たっぷりの大根おろしとネギをかけ
ポン酢で食べるこの一品は、本当~~に最高!




タコは生では性質は「寒」。
ボイルしてから温性の酢に漬けこむことで体の冷やしすぎを防ぎます。


気を補って血を増やす効能がある食べ物なんですよ~




鍋や煮炊きものが多くなるこの季節の献立に
こういう一品があるとちょっと変化があっていいですよね。

1月も半ばを過ぎると酢ダコをスーパーで見つけにくくなりますが
この食べ方で是非お試しあれ~♪


【2011/01/25 20:53】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
国際伝統医学教育研究振興機構の互礼会に参加させていただきました!



リーガロイヤルホテル大阪にて上海中医薬大学日本校主催の
国際伝統医学教育研究振興機構様の互礼会にお呼びいただきました!




DSC00040.jpg


在日本中国総領事館の教育部門の室長様をはじめ
国際伝統医学教育研究振興機構の理事様
医療機器メーカーの社長様
生薬由来の健康食品の会社社長様
京橋総合文化学院の学院長様など
そうそうたる参加者の皆様にご紹介頂き
名刺交換させていただきました!


中でも農業振興策として国産生薬の栽培を手掛けられている方には
自分からイノシシのごとく突撃~~~!!


近い将来、日本で栽培された生薬が国内に流通するのが何よりの願いです!!



DSC00044.jpg 上海中医薬大学日本校の校長先生と。



日本での東洋医学関連のサービスやビジネスが
今後どんどん大きく広がっていきそう♪


そうすることで漢方や薬膳の良さが皆様に広く伝わっていけばいいなと
期待に胸膨らむ、とても素敵なパーティーでした!!




【2011/01/22 22:04】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
プライベートキッチンならではの魅力



香港でも有名シェフが自宅に1日数組限定で予約を取り
シェフの家に遊びに行ったかのようなおもてなしを受けられる
私房菜(プライベートキッチン)は隠れ家的レストランとして人気がありますが
奈良の学園前の素敵なお住まいを開放した
日本版私房菜に連れて行っていただきました!



「家庭料理です・・」とおっしゃって出されるお料理の体に良さそうなことといったら!!


DSC00013.jpg


素材を厳選し、一つ一つのお料理が心をこめて丁寧に作られていて
感激しっぱなし!!


DSC00015.jpg 紫イモのポタージュ



DSC00019.jpg サバとおからの黄金あえ


これには味のポイントに紅ショウガが入っていて
そのピリッとした辛みで引き締まってすごくいい感じです!


DSC00025.jpg DSC00028.jpg

揚げたてのてんぷらはむかごの串刺しや
ヒジキとスルメなど珍しいものがいっぱい。

しかもありがちな山椒塩などではなく、こちらの娘さんが
インドの方と結婚したとのことで、本場のスパイスと天然塩のブレンド!

DSC00022.jpg

DSC00030.jpg

先ほどから登場しているこちらの器もすべてその娘さんが焼かれたものだとか。

同じ大きさでもデザインに少しずつ違いがあったりして
その器を眺めるのもまたご馳走!


DSC00032.jpg


お手製の白みそのお味噌汁に赤米入りご飯、手作りの浅漬けで
体がすっかり浄化され~~~


DSC00034.jpg

何とデザートまで完璧の美味しさ!!



小豆と生クリームのお汁粉風。
抹茶と金箔が1月のおもてなしという感じでとても素敵でした。



体に良くて美味しいものを頂けるこの幸せ・・・
本当にご馳走様でした!!


【2011/01/21 20:34】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
パソコン得意ですか?
大好きなことでお仕事できるなんて
こんな幸せなことはないなぁと、いつも有り難く思っております!!



それが・・・
ただ一つ、本当に苦痛なお仕事がありまして・・・


ホームページの更新(爆




はぁ~・・・
パソコンが本当に苦手で~~~



小さい頃からお薬の箱や添付文書に書いてある内容を熟読する変な子でしたが
機械類やパソコンの説明書は全く興味が湧かず。


それでもこのご時世、パソコンなしではと思いまして
それこそ何度も上手くいかず「キーキー!!!」言いながら
こめかみに青筋立てて(←こういうやつ)
必死の思いで作ったド素人丸出しのホームページ。


作るだけではもちろんダメで、毎日のように更新してこそHPの意味があります。


かなり放置してしまいましたが
今日少しだけ中身のページを数か所をリニューアルしました。



1日かかってしまった努力の成果、是非ご覧ください!

ORIENTAL WISE


あー肩凝った・・・。

【2011/01/18 18:56】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
S-tage様で薬膳セミナーをやらせていただきました
奈良の高級住宅地 学園前駅近くのS-tageさまにご招待いただき
薬膳セミナーをやらせていただきました!


こちらの会場で野菜ソムリエの講師をされている
竹村様は奈良の「健康くらぶ」のお食事処で薬膳料理を出されています。

私のセミナーにも何度もお越し下さり
こちらの健康くらぶ内食事処「やくぜん」で、私のレシピの
香港美肌スイーツなどもメニューに取り入れて下さっているとお聞きして
とても嬉しく思いました!


竹村様が宣伝して下さるととたんにたくさんの方が来て下さり
会場に満員の、初めてお会いする皆さまの前で
薬膳のお話を思い~っきりさせていただける機会を与えて頂きました。

本当にありがとうございました!!


株式会社S-tage様の代表の関宏美様はシニア野菜ソムリエであり
メキシコのアボカド親善大使であり
ABC朝日放送『NEWSゆう+』にレギュラー出演されている
というではありませんか!!


初めてお目にかかりましたが
さすがテレビに出られる方はこんなにお美しいのかと・・・
おお!!!ドキドキスゴイ素敵な方!!!!!



大変緊張しましたが、とてもお優しい眼差しとものごしで。
という訳で、私のセミナーはいつも通りの等身大
関西弁丸出しでやらせていただきました~~(笑



これから数回に分けて、こちらで薬膳集中講座を
やらせていただくことになっています。

どうぞ宜しくお願い致します!!!


【2011/01/16 11:07】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
薬膳料理を撮影して頂きました~
DCF_0062.jpg DCF_0067.jpg

大阪の枚方にあるとってもおしゃれなカルチャースクール
「カルチャーハウス香里ヶ丘」さま
こちらのパンフレットに載せる薬膳料理講座用のお料理を
撮影していただきました!



3月から新店舗に移転して規模を大きくされるこちらのスクールの
新たな講座に薬膳料理を是非!とのことでお声をかけて頂きました。


残念ながら私のスケジュールが当分の間もうすでに埋まっていて厳しい為、
代わりにORIENTAL WISEにスタッフ登録をして下さっている
片峯敦子先生に講師として講座をお願いすることになりました。


私は講座のカリキュラムや、メニュー、講義内容の監修という形で
お手伝いさせていただきます!!!



薬膳の講座はどちらのスクールも’座学’が多いのですが、
こちらの素敵な広~いキッチンで
薬膳料理を実際に作って試食できる!という内容になっています。


体験講座は3月9日(水)10時半から13時まで

マグロとアボカドの薬膳タレ漬け美肌丼
にんじんのツヤ肌サラダ
黒豆のモンブラン
ローズティーの
「シミくすみ改善のカフェ薬膳」です!!

PICT2358_1.jpg 美肌丼
                      コチュジャンダレが染みたご飯もまたおいし~






DCF_0063.jpg

今日は片峯先生と半々で料理を準備していき、

春の薬膳テーブル
夏の薬膳テーブル
体験講座用の薬膳カフェセットの撮影のためのコーディネートをしました。


片峯先生はご自身も北京中医薬大学の薬膳アドバイザーの資格をお持ちで
私の開催するスクールや自宅での講座全てにお越しいただいたので
ほんとにスムーズに「あ・うん」の呼吸で、テキパキと仕事がはかどりました!


DCF_0070.jpg


セイロや中国茶器やレンゲなど薬膳をイメージしやすい小物を自宅から持って行き
こんな風にセッティングしていただいてすごくきれいな写真を撮って頂きました~♪


実は色々持ち物がありすぎて、なんと肝心の自分のデジカメを持っていき忘れ!
携帯で撮ったドヘタな写真しか掲載できずごめんなさい~

ホントはものすご~く綺麗に撮っていただいたんですよ~~~!



枚方近辺の方、調理実習付きの新・薬膳講座
是非ご検討下さいませ!



【2011/01/13 19:13】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
おにぎりでも薬膳



漢方薬局でのお仕事が始まってからずーっと
ランチは簡単なおにぎりを持って行っています。


他の先生方と交代で裏に入ってササッと短時間で食べられるし
何といってもお仕事の最中にしっかり噛みしめて甘みを感じながら
食べるおにぎりの美味しいこと~~♪


中に入れる具やご飯そのものを変化させ、天然塩で握ることによって
おにぎりでも薬膳を意識した立派なランチになるんですよ!



だいたい基本はいつも家で食べている
白米に発芽玄米を半々ずつ混ぜて炊いたご飯。



中の具は、春なら梅干しやご飯にゆかりを混ぜ込む。

夏なら中に鮭のほぐしたものを入れて、はと麦ご飯でおにぎりにします。

秋なら具にピリッと辛いちりめん山椒とか

冬なら黒豆ご飯に昆布の佃煮とか。



PICT2351.jpg


季節のお茶のティーバッグ(今は杜仲茶や黒豆茶、ほうじ茶)と
保温マグにはお味噌汁を入れて。



お弁当箱を洗う手間もいらない気楽な薬膳ランチです(笑


【2011/01/12 16:22】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
芯からポカポカ 増血ホットドリンク
 ナツメと竜眼肉の薬膳茶



「増血ドリンク」って気持ち悪いですか・・・?




そうは言っても、血液は女性の美と健康にとって
ほんっとに重要な要素!!!

なのに女性の生理機能は血を失うコトばっかりなのです。



婦人科系の病気予防だけでなく、
肌の潤いやツヤ感、そして安定した精神状態には
何と全て「血液がたっぷりある」というのが必須条件。


こんなに大切な働きを担う血液を補うのに
ナツメのホットドリンクはいかが?




鍋に水とナツメやくこの実、あれば竜眼肉を入れて
弱火で10分煮出します。
仕上げにお好みで黒砂糖を加えるだけ。




寒さや乾燥が気になるこの季節にもぴったりだし
ナツメも竜眼肉も精神安定作用があるので身も心もリラックスできますよ~



特に女性は生理の後に是非、この増血ドリンクを飲んでみてね♪
【2011/01/11 16:15】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
リネンのちから



肌が触れて「気持ちいい~~~~♪」という感触は
免疫力まで高めてしまうほどのパワーがあるので
よくセミナーでは寝具やパジャマなどのリネン類は
麻かシルクがおススメですよ~ってよくお話しています。


麻はまさに「一生ものの布」。
何度も洗濯するうちにくたっとした独特の味のある風合いが出てきます。

夏のシーツにするとその涼しげなシャリ感がたまりませんよ~!




前から気になっていた麻100%のキッチンクロス(=ふきん)。

重みがある割に柔らかで手に馴染み、すみずみまで水滴を取ってけば立ちもなし、
と、多くの料理研究家が推奨しているので
一度贅沢にリネンを「ふきん」として、麻素材100パーセントのものを
使ってみたいなぁ~と思っていたんです。



ところがご存じのように一生ものといってもやはり麻は高価!
40センチ×40センチの大きさの市販のリネン100%のふきんは
2枚セットで4200円\(◎o◎)/!


1枚2100円の布巾って・・・




というわけで、カワユイ布地を置いている手芸屋さんで
麻生地を買ってきて自分で縫いま~す!


リネン100%で値段は1m2000円弱。
麻は反物の幅自体が広いものが多いので、これで大判の布巾4枚は取れます。
1枚500円ぐらいで出来るわけですね~

洗濯を何度もするキッチンクロスとして使っても
麻はとても丈夫なので10年は持つと言われています。


麻は結構縮むので、1度洗ってのりを落としてから
縮み具合をみて布を裁断します。



同じような雰囲気の麻テープを1か所に縫いつけながら
4辺をまっすぐ縫うだけ!
洗濯しても落ちない布用のスタンプでも押せば
オリジナルキッチンリネンの完成~♪





DSC09169.jpg


色違いのリネン生地をもう1m買って
お揃いのアイロンアップリケをつけたエプロンとクロスも作ってみました~!
あ~やっぱりクラフト、楽しい楽しい♪♪♪



結局4000円かかっているじゃないか、と思ったアナタ。

エプロン+クロス5枚+スッキリ気分>クロス2枚

の大きな違いなんですよ~


ハハハハハ~~~~!!!


【2011/01/08 08:43】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
七草がゆでお腹を整えましょう



お正月休みの食べ過ぎ飲み過ぎで
お腹が弱っていませんか?


お粥は日本では病人食のようなイメージがどうしても強いですが
中国、香港、台湾や韓国でもお粥はお腹に優しい日常食として
ほんとによく食べられます。


薬効の高い食材を水と米を合わせて一緒に煮ることで
エキスをもれなくお米に含ませて無理なく摂取できることから
薬膳ではおかゆは非常に治療効果や保健作用が高い
「薬粥」という大切な位置付になっています。


病気の時だけでなく、食べ過ぎが続いたなと思ったら
3食のうち2食をおかゆにするだけで全然違ってきますよ。



水と米を火にかけて、私ははと麦や小豆を一緒に炊くことが多いです。
水が少なくなったら適宜足して、味付けは塩少々のみ。


簡単に出来ますから、是非日ごろからお粥を取り入れてみてください。


【2011/01/07 10:12】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
さむ~



う~寒い寒い!

こんな夜には温性食材揃いで作るサムゲタン風スープはいかが?



スーパーの精肉コーナーででたまに出る鶏のガラを見つけたら
「お!今日はコラーゲンスープを作ろう!!」となります。

骨の周りからたっぷりのコラーゲンが出るわ
2匹分の鶏ガラが入ってたったの40円だわで、
このご時世、有り難い食材ではありませんか!





たっぷりのお湯を沸かしながら、もち米を洗って水に漬けておきます。

酒と生姜スライス、長ネギの青い部分と洗った鶏ガラを入れて
沸騰したら弱火でじっくりコトコト煮込みます。


一緒にもち米とナツメを入れてね。



本場韓国の参鶏湯は丸鶏のお腹の中にもち米やら生薬を詰めるので
もち米をたっぷり入れてもスープはどろっと濁りませんが
簡単サムゲタン風は今回のように鶏ガラと鶏もも肉とか
水炊き用のぶつ切りの鶏を使うので、もち米は少なめにするのがポイント!

さもないとスープが離乳食のようにドロドロになってしまいます。



栗は時期外れなので甘栗でいいし、人参も今ストックがないので省略。
その代わり松の実のこりこりがおいしいので絶対入れます。
温性食材ばっかりで、体がポカポカ、ほんとに温まるんですよ~



発芽玄米を混ぜた固めのご飯をスープに入れてクッパのようにして食べます。
カクテキとは最強のコンビなのでイチ押しです!!!


【2011/01/06 23:57】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
明けましておめでとうございます
 おせち盛り合わせ
                                今年もナマコあります!



皆様、新年明けましておめでとうございます!


いつもたくさんの応援を頂戴し
本当に有り難く、心より感謝しております。



今年もただただ皆様にどのようにしたら喜んでいただけるかを常に考えながら
大切に、丁寧に、一つ一つのお仕事を自分自身も楽しみながらも
精一杯「魂込めて」やらせていただきたいと思っております!


DSC09147.jpg かずのこの黒豆クリームチーズ
                    塩気が緩和されてクリーミー♪






今年一年も変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます!!


【2011/01/02 22:37】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。