~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
猫猫さんでしあわせランチ♪
去年の11月、香港で仕事をした際、日本から駆け付けて下さり
現地ツアーに参加して下さった薬膳セミナーの生徒の皆様が
ランチの集まりを企画して下さいました!

DSC09384.jpg

高槻市のチャイナキッチン猫猫(マオマオ)さん。
猫ちゃんの置物がいっぱいのとってもキュートなお店なのです!




こちらのオーナーシェフのご夫妻 宮崎さん♪

宮崎さんも現地ツアーに参加して下さったうちのお一人。
ずっと猫猫さんにお邪魔したいと思っていたので今日はとっても嬉しかったです!


DSC09391.jpg   DSC09390.jpg
DSC09389.jpg DSC09387.jpg
猫好きのオーナーのお店だけあって猫ちゃんがいっぱい 

DSC09392.jpg
特にこの子好きだなー。ムスっとした表情!





お料理がまた超美味しい~~~~!!!

DSC09395.jpg DSC09396.jpg

DSC09406.jpg DSC09405.jpg

DSC09399.jpg DSC09401.jpg
DSC09403.jpg DSC09412.jpg 
                  猫猫風薬膳スープはフカヒレ入り!



DSC09413.jpg DSC09421.jpg 
メバルの蒸し魚           イカとレタスの豆豉炒め
 

DSC09418.jpg 
豚の柔か煮 白い台湾風の蒸したパンに挟みます!



DSC09426.jpg DSC09429.jpg

薬膳がゆは香港のシチューのようなトロトロお粥そのもの!



モーお腹いっぱいで入らない~と思ってもデザートは別腹!!

DSC09433.jpg

楊枝甘露、杏仁豆腐、栗とクコの実のパウンドケーキ
3種類も作って下さいました!!


楊枝甘露、ちゃんとグレープフルーツほぐして入っている・・(涙)
これほんとに面倒なのに・・・感激!!!



心のこもったおもてなしを本当にありがとうございました!
多謝~~~!!!


大阪高槻市 猫猫さん
スポンサーサイト
【2011/04/30 20:11】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(2)
大好き!アジアのご飯もの



私は「米(こめ)」がないと生きていけない。

だからヨーロッパやアメリカではなく
アジアの食べ物が好きになったのだと思います。


今日のひとりランチは簡単にササッと
「ナシゴレンともずくスープのカフェ風ランチ」
・・・なんちゃって!



最近はタイカレーの素だけでなく、ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)の素
というのがペースト状で売られているんです。

アジアの食もだんだんと身近になってきましたね~。

市販のペーストだけで出来上がったら味見をして、何となくいまいちだった時は
ダシしょうゆや鶏がらスープの顆粒などで味をつけ直したりもします。




アジアご飯の盛り付けは、丸く抜くとカワイイ~
それだけで現地の趣たっぷりです!


まず型抜きに使うお茶碗を軽く水で濡らしたら
一番初めにエビなどの目立たせたい具を先に入れ
それからご飯をぎゅ~っと詰めると、ひっくり返したときに
キレイにエビがトップに来てくれます。

きゅうりの薄切りを添えると、ごはん+おつけもの感覚で
アジアご飯がサッパリと食べられますのでおススメですよ~。



もずくスープは、即席と言っていいほど超簡単!
酸っぱいものが苦手な私がどうやってもずくを食べようかと行きついたレシピで
お吸い物の中に味付けもずくパックをそのまま入れてしまいます!

もずくなどの海藻はデトックス効果抜群のアンチエイジング食材。
酸味のあるものは春に摂るとこの時期に弱る肝が喜びます。




だし汁100ccに醤油少々、そこに味付けもずくのパックを開けて
漬かっている汁ごと50ccほど加えて火にかけます。
ごま油を少々たらり。
ごまと松の実をパラパラとして出来上がり!


酸味がまろやかになって食べやすい!
これならもずくパックそのままの酸っぱさが苦手な方でも大丈夫ですよ。


【2011/04/28 15:13】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
困った時の韓国料理頼み


韓国料理ってホントに健康になれるエッセンスが
ギュッと詰まっているわ~、とつくづく感じます。

デトックスや免疫力アップに良い多くの発酵食品を
日々取り入れる知恵はぜひ見習いたいものですね。



今日の献立は何にしようかな~?と思った時は
韓国料理から一品作ることが多い我が家。


唐辛子の量だけ調節すれば、健康食&美容食として良いことこの上なし!

気持ちが落ち込んで仕方ない時は気持ちを引き上げて発散させるため
唐辛子はやや多めに。
胃腸が弱っている時や口内炎がある、のどが痛い時などは唐辛子は控えます。



「豆腐の豚キムチがけ(トゥブキムチ)」の作り方で~す!


木綿豆腐 1丁
豚薄切り肉(ももでも切り落としでも)50g
白菜キムチ 100g
ごま油 大さじ1
三温糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
中華ダシの素 小さじ1


風邪気味の時は白ネギの白い部分の斜め薄切り2分の1本分
風邪やインフルエンザが流行っている時は抗菌作用のあるにんにく1片
血液サラサラにしたい時は黒キクラゲ乾燥5g
または玉ねぎ2分の1個分をスライスなど

その時の身体が必要としている効能を持つものを加えるのが
「その一品を薬膳にする」ポイントですよ!


作り方は

1、木綿豆腐はキッチンペーパーで巻いて重石をして水けを切っておく

2、フライパンにごま油を熱し、ざく切りしたキムチを炒める。
  (これで古く酸っぱくなったキムチでも美味しく食べられます)

3、そこへ一口大に切った豚肉を合わせて炒め、白ネギまたはにんにく
  または黒キクラゲや玉ねぎなどを加えてさらに炒める。

4、調味料で味を整え、豆腐を並べた上へ豚キムチを盛り付ける。




仕上げにいりごまやごま油(分量外)を少々振りかけると風味が良くなりますよ~
【2011/04/26 18:25】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(1)
親子で習い事



子供が小さい頃の習い事と言えば、
「なかよしクラブ」みたいな幼児教室に始まり、
そのうちスイミングやバレエなどの運動系、
ピアノなどの音楽系、
英語などの語学系などなど
幼い頃からアフタースクールが結構ハードな最近の子供。




春ですし、うちも何か新しいことを始めよう!と思い立ち、
そこそこ大きくなった娘2人と親子共々一緒に楽しめる習い事を探していたら
ご近所の素敵なお花屋さんでフラワー&グリーンアレンジメントを
月に数回開催しているとのこと!



今日はプリザーブドフラワーで母の日アレンジメント
可愛いじょうろ型のブリキの器にアレンジしました。


細かい作業もあるので大丈夫かなと思いましたが
アレンジするパーツが少ないデザインだったので、
横でワイヤー通しさえ手伝えば何とか他の大人の生徒さんにも
遅れずに無事ついていけました!




講座は毎月季節によってテーマが変わり、好きなものだけ受けられます。

時には素焼きの鉢に季節の花苗の寄せ植え講座。

時には透明ガラスにカラーサンドを横ストライプに敷き詰めて
そこに多肉植物を植えるアレンジなど
クラフトとしてのフラワーアレンジだけでなく
寄せ植えの植物の選び方のコツや花苗の管理の仕方なども勉強でき
ガーデニングとしても勉強になりそう!


去年の年末からの2度の断捨離で、かなりすっきりした我が家。
ちょっとあっさりしすぎた場所に可愛い作品が増えるの、
ウキウキ楽しみいっぱいで~す!
【2011/04/23 14:47】 | Daily Life | トラックバック(1) | コメント(0)
雑穀の魅力



最近見つけたお気に入りのお店!


地元の農家が作った野菜や調味料、こんにゃくや卵や乳製品などを集めた
道の駅のような商品ぞろえで、覗く度に身体に良さそうで美味しそうな
ウキウキ楽しいものがたくさん置いてあるんです。



地産地消!ということで地元の「○○さんが作った」と名前が入っているような
作り手の顔が見えるものは何故か安心感がありますね。



今日は雑穀3種類を買ってみました!

古代米の赤米、黒米に、初めて見ました、緑米!?




赤米に含まれるタンニンは高血圧予防に。
黒米に含まれるアントシアニンは視力回復や美肌、アンチエイジングに。
緑豆にはクロロフィルが含まれるとか。


溶け出す色素成分に栄養が含まれるので、
ゴシゴシ何度も洗ったりせず、漬け込んだ汁もそのまま使うのがポイント!




両方ともうるちタイプともちタイプがあり、今回はもちタイプ。

噛むとモチモチっとした弾力のある歯ごたえがとてもおいしいんです!!




古代米の使い方としては白ご飯に炊きこんだり、
そのご飯をお粥やリゾットにするとよく合います。

単独で用いて古代米のお汁粉を作っても超美味!


上海中医薬大学日本校の健康養生学講座のDVDテキストで、
黒米を使った香港スイーツ「蓮の実入り黒米のお汁粉」のレシピを
調理の映像付きでご紹介していますよ~♪




雑穀は補気しながら老廃物は排出させたい時にピッタリ!



薬膳では精白されてビタミンミネラルをほとんど失った
真っ白い米、砂糖、小麦粉などより
玄米や雑穀、きび砂糖、全粒粉などを好んで用います。



白いものより茶色いものを意識して使ってみてくださいね!





【2011/04/21 20:24】 | 薬膳 | トラックバック(2) | コメント(0)
これなら読めます!



ネットでニュースをチェックするので
新聞を取っていないという方も増えているそうですが
実のところ私も分厚い新聞を隅々まで読んでしっかりと理解するのはちょっと苦手。


一度「女性のための経済新聞読解法」のような本を手元に置きつつ
毎日頑張って赤鉛筆で囲んだり、興味のある記事をスクラップなどしていた時期も
まぁ~あるにはあるのですが・・・その後はご想像にお任せします。



というわけで行きついた新聞がこちら。

「朝日小学生新聞」



分かりやすい。
ページが少ない。
ポイントだけ押さえてある。
とっつきにくいことを漫画で描いてある。

これってすごく大事!!



薬膳講座の構成を考える参考にもなります。

溢れる情報の中から限られた時間内に、何をポイントに持ってくるか?
難解な内容をいかに分かりやすく説明できるか?
講座の始めから終りまで、興味を持ち続けられる話ができるか?などなど。



この新聞、難しい時事問題を言葉を噛みくだいて
とてもわかりやすく解説してあります。


興味のないことをあまり進んで知ろうとしないタチの私、
この年になっても社会人としてどうかと思いますが
ニュースを見て「はぁ~?」と思った経済用語や政治に関する話なども
子供に語るように書いてあるのでスラスラ理解できます!

それだけで何となく分かった気になって、それほど興味のなかったことでも
おもしろく感じるようになるのが不思議ですよね~!




時々冬虫夏草などの生薬の紹介があったり、
子供でも作れる簡単料理レシピが載っていたり。


クロスワードパズルや計算のコーナーあり
同じ小学生で芸能界で頑張っている子のインタビューがあり
モネの芸術作品をカラーで掲載していたりと
飽きないように頑張って作っているのが良くわかります。



子供が世の中のことを新聞を通じて興味を持てればいいな~と取ったけど
結局家族の中で読んでいるのは私一人。


まぁ、それでもいいっか~


【2011/04/18 15:16】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
想い出の香港スイーツ店
 

               日本の糖朝の箸置き マンゴープリン型!



大阪難波タカシマヤのダイニングメゾン7階にある糖朝へ行ってきました!



私にとって糖朝はまさに香港の食に魅了されるキッカケとなった想い出の店。

香港に住み始めた頃とても印象に残ったのが
「甜品」と書かれた看板のある小さな薬膳スイーツ屋が至る所にあったこと。

そのお店には、豆腐のシロップがけやらドロッとしたお汁粉やらを
レンゲですくって食べている老若男女の姿がありました。



昔ながらの伝統的な薬膳スイーツの甜品屋(デザート屋)が
家賃の高い香港であちらこちらに存在し、
若い人からお年寄りまで男女問わず人々の生活に不可欠な存在であることを
とても不思議に、またとても感動したことを覚えています。



今でこそ、現地のどんな汚い甜品屋にもふらっと一人で入れますが
当時はおっかなびっくりガイドブックに載っていた超有名な糖朝に
まずは行ってみました。



身体に良い食材で作られた香港スイーツのバリエーション豊富なこと、また
スイーツだけでなく軽食としての麺やお粥の美味しさに
あっという間に虜になってしまいました。



そこで糖朝の女性オーナーが出しているレシピ本をローカル書店で買い集め
その中に紹介されている香港人が昔から日常に食べている薬膳スイーツを
片っ端から作る日々!


蓮子(ハスの実)や紅棗(なつめ)や百合(ゆりね)銀耳(白きくらげ)
合桃(くるみ)などの食材を使った薬膳デザート作りにハマり
日本人のママ友達を家に招いては味見してもらい
新作を作ってはまた友達を呼んでいたこと思い出します。




DSC09350.jpg DSC09348.jpg

豆腐花の杏仁汁粉がけ     豆腐花の黒ゴマ汁粉がけ



日本の糖朝のスイーツ・・・香港の本場再現率90%ってとこかな!?

でもとっても美味しかったで~す♪






【2011/04/16 21:41】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(0)
イライラを取るフルーツ


春はストレスを感じやすい季節!

こんな時は酸っぱいフルーツがおススメです。


柑橘類をカットした香りを嗅ぐと、フッと気分が楽になりますが
滞った気を流す「理気(りき)」作用があるんです。


いちごもまた清肝除煩作用(=肝がストレスでイライラするのを鎮める)
があるので、ちょうどいちごがお安くなってくるこの時期にはピッタリ!



いちごも出回ってから時間が経つと
粒が不揃いなものや小粒なものがお値打ち価格で出回ります。



そんな時は待ってましたとばかりにこれを作ります。
毎年この時期に記事にしていますが、今年もお届け!


やっぱり美味しい~~~いちごのババロア!!





春のイライラ解消に、是非どうぞ!


1、いちご1パックはへたを取って洗いフードプロセッサーでピュレーにする。
  (ミキサーでは液体を入れないと回りませんのでフードプロセッサーで)

2、水大さじ2にゼラチン10gを溶かしてよくふやかしておく。
 
3、1を鍋に移して加熱し80度程度になるまで温めたら
  2のゼラチンとレモン汁大さじ1、砂糖80gを加えてよく混ぜる。
  火を止めて今度は鍋底を氷水に当てて粗熱を取る。
  (砂糖の量はいちごの甘みを見て調節してね!)

4、6分立てにした生クリーム150ccと3をむらなく混ぜ合わせ
  型に流して冷蔵庫で固める。




取り分けておいたいちごのスライスとミントを飾って出来上がりです♪


【2011/04/13 14:39】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
桜が咲きました
DSC09327.jpg

DSC09328.jpg DSC09330.jpg


今日は1日どこにも出勤しないでいい日♪

それでも完全なお休みではなく、いくらでも家でやる仕事があるのですが
1日の稼働時間を3時間ごとに分け、
この3時間は集中して仕事!この3時間は集中して家事!
この3時間は集中して「ぼ~~~~・・・・・っ」とする時間に分けます。

最近はオンとオフの時間の使い方が上手くなりました(笑



今日の3時間集中「ぼー」タイムは、一人でお散歩に出かけ
公園の満開の桜の下に、ただずっと座ってきました。


さすが日本人の心・・・かなり癒されました。



ストレスを感じやすくなる原因になりますが、
こうして自然界に陽気が増してくるのは冷え性の私としてはやはり嬉しいものです。


3つの首(首と手首&足首)を冷やさないスタイルを冬の間中キープするため
デコルテの開いた7分袖の服が着られるようになると、
それだけでホントに足取り軽くなります。




ストレスは「気」を滞らせてギュッと固めてしまうので
陽気が高まりだしたら人間も外の空気を吸って、
こり固まった気を「発散」させないといけません。


皆様もせっかく温かくなったので、家にこもっていず
じんわり汗をかく程度の軽い運動を心がけて下さいね~




いつもは車でブーンと走りすぎる道にも、
お散歩すると春がたくさん芽吹いていることに気がつきます。


これも小さな発見ですね♪


【2011/04/12 11:35】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
皆様の温かい眼差しは本当に有り難い~
PIC_0202-1.jpg

上海中医薬大学日本校 健康養生学講座のDVDテキストの撮影、
3回目の今日は薬膳料理実習をやってきました。


この講座、香港からもたくさんお申込みいただいているそうで
本当にありがとうございます!!

こうして離れていてもいつも応援して下さり、心から感謝申し上げます!!!




料理実習ではデモンストレーションの形で
薬膳料理の作り方をお見せしていくのですが
今回は始めから終りまで、とにかくカメラに向かってカメラだけを見て
話し続けるというものでした。



これまでは生徒さんに講義をお聞きいただく形での撮影でしたので
いつものように皆様のお顔を見ながらの授業。


「ほ~」という表情や、「うんうん」という納得の表情
時々笑って下さったり、優しい微笑みをずっと絶やさないでいて下さったり。


今日はつくづくこの皆様の温かいまなざしにいかに救われているかということが
本当によくわかりました。


皆様の表情を見ていると、私の方が元気が出て来て話がノッてきて(笑
それがあるから色んな薬膳にまつわるあんなことこんなこと
頭の引き出しが開いてどんどん出てくるのに
今日はカメラを回して下さっているカメラマンさんが唯一
目に入る生身の人間!


そのカメラマンさんが撮影に集中しながらも
耳に入ってきた話に「ぴくっ!」と反応してくれるのだけを頼りに
緊張した時は人をジャガイモと思えというの反対で
そこに皆様がいる!!たくさんいる!!と頭で想像しながら
なんとか最後まで終えることができました~~



ツヤ肌の必須要素や、目の周りにできるいぼ取りの生薬など
美容関係の話になると「ぴくっ!」「ぴくっ!」と反応してくれたのは
わざわざいつも東京からこの撮影にお越し下さる
・・・実は、女性カメラマンさんなんで~す♪




リアクションして下さってホントに助かりました~
ありがとうございました(笑





【2011/04/07 19:01】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。