~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
食べて視力回復


学校の眼科検診の視力検査でCランクを頂いてきた次女。


そろそろきたかぁ~・・・と思っていたけど一応念のため
病院でチェックしてもらうと片目0.5、両目で0.7程度とのこと。


全然、生活に不自由な感じがなかったのでかなり意外でしたが
その結果に医師は「これは仕方がないことですから」とあっさり。


遺伝的なものもあるし、それはそうなのかもしれないけど
こりゃ~薬膳でなんとかしなければ!と張りきってしまいます!!



あるんですよ~「食べる目薬」食材が!


視力低下や目のかすみは基本的に肝血の不足が原因なので
ブルーベリーやにんじん、クコの実がいいんです。



これらを毎日使いつつ、子供が嫌がらないようなメニューを
たくさん考えなくては。


クコの実が浮いていてお子様が嫌がるなら、すごく煮溶けやすいので
シチューや鍋や煮炊きものにはじめから一緒に入れて溶かしちゃって下さい!





最近我が家でハマっているのがブルーベリーのシロップ漬け。


甘すぎないシロップに大粒のキレイなブルーベリーがたっぷり
漬けこまれています。


そのままでも喜んで食べますし、ヨーグルトにかけてもOK!

エキスたっぷりのシロップだけを使って牛乳で割った
ブルーベリーミルクにしても美味しい!




あきらめませんよ~絶対視力回復させてみせるわ!


スポンサーサイト
【2011/08/30 17:16】 | 薬膳 | トラックバック(5) | コメント(0)
産後の女性におススメの効能を持ちます


ヤッタ~!!アワビ

嬉しい~~~~!!!


めったにお口に入らないけど、今日は殻つきのアワビが届いたので
お刺身とにんにくバターしょうゆのステーキで頂きました!



アワビと言えば私の中では
精と血を消耗した女性向きの食材というイメージ。


アワビは貝類の中でも温性の食材。

そして海から採れるものは天然の鹹味(しおからい、という意味)を持つので
腎のトラブルに良い食べものです。


それだけでなくアワビは血液を補い肝が高ぶってイライラするのを抑える
平肝という働きもありますので、アワビが最も適するシチュエーションと言えば
例えば産後疲れや育児ストレスで母乳が出なくなるママにぴったり!




まず、お産をするというのは女性の生理機能の中でも特に精を消耗します。
すると腎が弱ります。


お産で出血するので、産後の女性は否が応でも「気血両虚」となります。


乳汁は血液から作られますから、母乳の出が悪くなるのは当然。

理想は産後のママは赤ちゃんと一緒に寝起きして
赤ちゃんが眠っている時はママもしっかり眠る。

そしてできれば誰かがおさんどんしてあげて
産後のママは体をしっかりと休め
気と血を補う食事(特に汁ものにして)をたっぷり食べれると理想なんですよね~


ここで無理をしてすぐ動いたりすると
子宮下垂などのトラブルが出やすくなりますので注意!
気虚で内臓をその位置で保持してられなくなるからです。


気血両虚で乳汁不足になるのは虚証の場合。

トラブルには必ず実と虚の側面がありますので
実証の乳汁不足もあります。



それが産後、育児へのストレスなどで乳汁不足になる場合。

これは肝の経絡の管轄である乳頭にトラブルが出て、
乳房が張って肺が圧迫され息が苦しくなる程、
すご~~~~く痛いのですよ!!!
(経験者は語る



アワビには気(精)と血を補うだけでなく、
肝をリラックスさせるという働きがありますから
虚実両方のタイプの乳汁不足に良いんです!!



牡蠣やアサリにも似たような効能があるので
これからママになる女性の皆さま、覚えておいてね~!


【2011/08/28 21:18】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
想い出の里芋の白煮


昔、まだまだ料理の腕が未熟だったころ
親戚のおばさんが作った、柚を散らした里芋の白煮を食べたんですが
上品な塩気と調味料の染み込み具合、
新鮮な里芋のほっくり具合がホントに絶妙で
「将来絶対こんなふうに美味しい里芋が炊けるようになりたい!」と
思ったことがありました。


季節のはしりの里芋を頂いたので早速煮てみました。
傷みが全くない綺麗な里芋だったので、気合いを入れて
キレイに剥かなくちゃ!


頭とおしりを落としたら、縦にひとすじ一気に剥きます。
その反対側を同じようにひとすじ剥きましたら
残りの皮が付いている幅をそれぞれ2筋均等にむくと
綺麗な里芋の六角むきができますよ。


だしを濃い目に取って、はじめはだしとみりん、砂糖少々だけで
炊いていきます。


味がしっかり染み込んで柔かくなったころに薄口しょうゆ少々加えます。
このやり方で、先にだしと甘みだけで煮含めておくと、
醤油をダボダボ入れなくても味が決まります。



里芋はやまいもと同じくネバネバのムチンを含む食材。

昔から粘りのある食材は長寿の素と言われています。



知れば知るほど野菜のパワーってホントにすごい!
美味しいだけでなく、身体を瑞々しくしたり毒素を排出したり。



一度しっかり野菜の効能効果にスポットライトを当てた
ベジ薬膳講座を開いてみようかな!?




テキストを作るだけで元気になれそうです!!



【2011/08/25 20:49】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
薬日本堂の講座へお越し下さった皆様~!!
8月13日と昨日の21日、お久しぶりに薬日本堂漢方スクール大阪校で
夏ECO対策体の中からクールダウン薬膳講座をやらせていただきました。


定期的にこちらでセミナーをやらせていただいていた時とは違い
ずいぶんとご無沙汰してしまっておりますし、夏休みやお盆休みで
皆様お忙しいだろうから人が集まるのかしら?と思っていたのですが
早くから満員御礼のキャンセル待ちまで出ていたとお聞きしました。


ホントに嬉しくて感激しております~ありがとうございます!!



ほとんどが以前からお越し下さっていた生徒様。
「久しぶりの講座を楽しみにしていました!」と言って下さり
忘れないでいて下さったことを大変嬉しく思いました。



あ~あの方も、あ~この方も来て下さったんだ~!!と
心の中で思いながら授業していました。


講座が終わってからもなんやかやしていたら
「あ、もうお帰りになってしまった・・・」と
ちゃんとご挨拶できなかったことに後悔・・・


この場をお借りして、皆様に深くお礼申しあげます!!


Iさん~昨日もお帰りの際にはと麦茶を買って下さっていたのを見て
この時期おススメとお話したから早速お試しいただけるのかなと
嬉しくなっていました。

もうほとんどの講座受けて下さってますよね、いつもありがとうございます!


R子さん~梅干し、また手作りの貴重な品を本当にありがとうございます!
実はR子さんの話題、8月13日の講座でしていたんですよ。

手作りでお味噌や梅干しを作られている生徒さんがいるんですよ~って。



TさんもYさんも奈良の講座が無い時は薬日本堂にお運びいただき
ホントにいつもありがとうございます!!


他にもお名前存じ上げないんですけどお顔見たら「いつもお越し下さる方だ!」と
内心とても喜んでおりました。

直接ご挨拶やお礼を申し上げられずホントにすみませんでした。



皆様に心から感謝しております。
いずれ時間が取れて、また薬日本堂さんでセミナーする機会がありましたら
その時は何卒よろしくお願いいたします。


再びお会いする日まで、どうぞ皆様お元気で
楽しい毎日をお過ごし下さいませ!!




【2011/08/22 16:08】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
かぼちゃは実は夏が旬



冬至の日にかぼちゃを食べると風邪を引かないと言いますから
かぼちゃの旬は秋冬のような気がしますが実はウリ科の夏の野菜なんです。


薬膳では胃腸虚弱を改善する食材。
お腹の弱い赤ちゃんの離乳食でもかぼちゃのマッシュは良く用いられますね。


かぼちゃの濃い色はβカロチンで、これが秋冬に乾燥しがちな粘膜を保護したり
心筋の働きを正常に保つビタミンAも豊富です。


ビタミンAは「目のビタミン」と言われ、疲れ目やドライアイ
夜盲症を改善します。


βカロチンは脂溶性ビタミンですから、油と一緒に調理すると
体内への吸収力がアップします。

揚げものでおススメのこめ油などの良質の油で素揚げすると
かぼちゃはホクホクしてホントに美味しいですよね~




さらに「かぼちゃ+玉ねぎ」の組み合わせは
高血圧の予防や改善に最適なゴールデンコンビになります!


でもかぼちゃと玉ねぎを一緒に調理するメニューってあんまりないなぁ…と
思っていたら見つけました、最近の大ヒット!!


カボチャカレーがマイブーム!




ほっくり素揚げしたかぼちゃは油をしっかりと切っておきます。

カレーには玉ねぎが必須ですから、炒めた玉ねぎをルーに溶かしこんでおき
具には気血を補う鶏肉や免疫力アップのシメジなど。


そして素揚げしたかぼちゃを仕上げに加えると、
玉ねぎ入りカレールーとかぼちゃの相性にカンゲキの美味しさ~~!!



年中同じ具のカレーではなく、季節ごとにバリエーションをつければ
立派な薬膳カレーになりますよ。



日本のカレーに飽きたらタイカレーも夏場には最高で~す!

【2011/08/19 20:41】 | 薬膳 | トラックバック(1) | コメント(0)
台湾からのお持ち帰り編



毎回恒例、台湾で買って来たものをお見せしちゃいま~す!




上の黄色いのは「金針菜」。
百合の花のつぼみを乾燥させた漢方食材で、素晴らしい増血作用と
精神安定作用があります。


色が鮮やかな黄色なのは台湾産だけ!
これがお料理に映えてとてもきれいなのですよ~~~


愛玉ゼリーの素となる材料や大好きな松の実!

お花のハーブもとても種類が豊富で、レースの生地でサシェを作りたくて
良い香りのラベンダーを買いました。


枕元に置いて安眠効果・・・って必要ないぐらいめっちゃ眠れてるけど(笑




PICT2931.jpg
P1000903.jpg 壺の上の柚を切った状態が上のもの


秋からまたセミナー続きでしゃべる機会が増えますので
喉スースーの漢方漬けの柚もお持ち帰り!


漢方薬や漢方食材、どれもこれも感動ものに安い!!
台湾、ほんとにめっちゃ安い!!!




PICT2944.jpg

とても興味のあった客家料理も食べました。
これは客家料理には欠かせない金柑ジャム。
蒸し鶏のつけだれとして使います。


前々からとても知りたかった客家民族の食文化を少し垣間見れたかな?

もう少ししっかり調べて自分の中で消化できてからまたお話したいと思います。



PICT2933.jpg

台湾料理を再現するための調味料たくさん!

特に魯肉飯の素と、台湾人女性が産後に必ず食べるという
麻油鶏を作る時に必要な黒ゴマの油「黒麻油」、
台湾の美味しい唐揚げは仕上げに振りかける特別な胡椒でそっくりに再現。




PICT2943.jpg

大好きなダブルハピネス模様の雑貨。

幸せがダブルで2つ続けて訪れるという意味で、
「結婚とおめでた」などウエディングの際にこの模様が良く使われますが
可愛いものは可愛い!!

ウエディング関係なくても集めてしまいます~!


切っても切っても喜喜の文字のアメちゃんもキュートでしょ!

手前の四角いのはマグネットです。





PICT2946.jpg


台湾はホントにびっくりするぐらい物価が安かった!

このハンコも日本円で3000円しないのですが
晩御飯を食べる前にオーダーしておくと
その間に彫っておいてくれたスピーディーな仕上がり!


ティーポットと迷って蓋椀柄に名前を彫ってもらいました。

桃とか金魚とかいろんな可愛いデザインがありましたよ。




あ~ホントに台湾も楽しかった!

何より人が優しくて、漢方薬もめちゃ安くて
身も心もホントにすっかり浄化されました!!!
【2011/08/16 09:38】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(3)
台湾の可愛いもの① ~客家花柄~


美味しいものに引き続き、台湾で出会ったカワイイものをご紹介!




この花柄、とってもレトロでかわいいと思いません?

PICT2927.jpg

客家花布と呼ばれる、台湾で50~60年前に流行った花柄模様で
かつては吉祥富貴の象徴だったそう。

当時の花嫁さんの布団に、この花柄の布が良く用いられていたそうです。



乾物街の迪化街では布を売る市場もあり、とても安くこの生地が買えました。
台湾のテーブルコーディネートの時に使おうかな!





何より器好きの私をうならせたのは、こちら!

PICT2937.jpg
PICT2941.jpg


台湾の陶器メーカーが、この昔懐かしい花柄を日常生活で使う食器に
転写して作ったのだとか。

一面の花模様を見ながら昔懐かしい「吉祥富貴」の意味を思い出し
鮮やかな色彩のこの器を普段使いに用いることができるようにとの思いを込めて。




は~・・・やっぱり素通りできなかった~(笑
また手荷物で担いで帰ってきてしまいました~~
帰国後2~3日間、重い荷物で肩が超痛かったけど
帰って来た今は食器棚を見るたびにニンマリ。

台湾の可愛い器たち、我が家へようこそ(笑




客家花柄の食器は色が5色展開で、クリーム、ピンク、パープル、水色、赤。
花布は色柄ともにさらに豊富でした。

【2011/08/14 12:35】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
台湾の美味しいもの③ ~夜市編~



朝を食べたら夜も食べます!!


台湾での夜市ははずせませんよね~~~




P1010013.jpg

P1000996.jpg
P1010012.jpg

色んな屋台があって、とっても楽しそうでしょ!!!



その中でもピカイチ美味しかったのがこちら!!

P1010023.jpg

・・・あんまり美味しそうに見えないですけどこれ「葱油餅」。

サクサクパリパリの生地に目玉焼きがくっついていて
何とも言えないおいしい甘辛いタレがかかっているのです!


台北ウォーカーでも紹介されて、芸能人のサインが店の看板に
いっぱい書いてあるほど有名店の葱油餅の屋台!

P1010024-1.jpg






P1000997.jpg

屋台の漢方スープを飲みました。

P1000998.jpg

この味からして当帰とナツメは絶対入っているはず!






さぁ、そろそろゲテモノ行きます~~~???

P1010002.jpg

ハイ!これ、猪血湯!!

豚の血の固めたやつで~す!


香港でもありましたよ~、でも食べられなかった。
でも自分、それでいいのか?それでアジアの薬膳を語れるのか!?と
わが身を奮い立たせ、食べてみました~1個の半分!(笑


味は悪くないのですよ、食感も別にどうというわけでもないし。
ただ頭の中でぐるぐる回るのです、加工前の状態が。





お次は臭豆腐!!

P1010005.jpg


これ、ほんとに「クサッ!!!!!」

辺り一面くさい匂いが漂います!!!
・・・が、さすが台湾人は平気のへの字。


なんで?この匂いでなんで??と一人激しく辺りをキョロキョロしつつも
これも食べずには語れません、台湾料理!


P1010006.jpg

揚げ臭豆腐は初心者向きとのこと。


P1010007.jpg

テーブルに運ばれてくると、わお~~~なお臭い!!


カメラを持つ手元が狂って変なモードになってるのを知らず
慌てふためきながら撮った写真でごめんなさい!

盛られてきた皿に日本語で「おいしい」って書いてあった(笑



口に入れるまで臭かったけど、それより先は結構美味しい。
ソースと添えてある野菜をたっぷり乗せて食べるとホントに結構美味しい・・・





はぁ~・・・、これも修行ですね!!

【2011/08/13 15:54】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(1)
台湾の美味しいもの② ~朝ごはん編~



早い時間から朝ごはんが充実しているのも良いですね~




本場の鹹豆漿(具だくさん豆乳スープのようなもの)を食べました。

これはレシピ本で見て、自分でも日本の家で作っていましたが
本場のは思った以上に具がたっぷり!!


P1000929.jpg

油條やザーサイや干しエビだけではなく、じゃこも入ってた!

食感や味は本場に近い、なかなかいい線いってました。



P1000930.jpg

香港でもお粥に入れる油條ですが、この店では手作りの実演があり
食後にそれを側に立ってジ~~~~ッとしばらく見せてもらいました!


延ばした生地をカットしたら、細い棒状の生地を2枚重ね、
定規で真ん中に線をつけていき、両端を手で引っ張ってチョリソーのように
ビヨ~ンと延ばしたらつぎつぎ油に放り込んでいきます!

めちゃやってみたかった・・・





P1010028.jpg

別の日の朝ごはんには魯肉飯を!


ゴーヤスープにはパイナップルが入ってた。
南国の趣たっぷりですね!


揚げ豆腐には甘いソースがかかっています。
これ、臭豆腐ではないですよ、臭豆腐についての記事はまた次回ね!!


P1010026.jpg

魯肉飯がとってもおいしくて、スーパーに立ち寄り
これの肉みその素を買って帰ってきました。


ひき肉と干しシイタケを用意すればこの素で魯肉飯が家でも食べられる♪



P1010098.jpg

もち米のおにぎり、肉団。



この中にも実は油條が入っていたのですよ~、びっくり!

日本ではお弁当などを詰めたときに揚げものの油がご飯につかないように
仕切りをしたりするのに、おにぎりの中の具に油條を入れるとは!!



油條はまだまだいろんな方法で食べられていました。

温かい豆乳に油條を浸して食べたり
冷たいピーナッツ入りの甘い飲み物に浸して
「つけパン」ならぬ「つけ油條」がポピュラーなようでした!



【2011/08/12 08:05】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
台湾の美味しいものいっぱい①


そろそろ台湾で出会った美味しい食べ物についてご紹介しま~す!


アジア各地、いろんなおいしい麺がありますが
台湾で一番初めに食べたお料理がこの「度小月」の担仔麺!


P1000868.jpg きしめんのような太麺と

P1000869.jpg 糸のような細麺があります


ともに米から作られる麺ですが、もちろん玉子めんもありました。



昔、漁師の一家が、海風が強くなって漁ができなくなる
4月から10月までの小月と呼ばれる時期に
一家を養うため麺を担いで売り歩いて評判になったのがこの店の由来だとか。


小月の度に麺を担いで売り「度小月担仔麺」という名前が付けられたんですって!

なるほど!!!



香港の坦々麺はピーナッツバターがしっかり効いた味だけど
台湾は脂身のない醤油味の肉そぼろにエビのだし、にんにく、黒酢が
入っていて全くの別物でした。


私が日本人だからか「香菜(シャンチァイ)は入れて大丈夫か?」と聞かれ…

「全然、オッケー!!!山のように乗せて下さい!!!」




さて、夜は台湾料理レストラン「鶏家荘」へ。

台湾料理をオシャレにモダンにアレンジした観光客用のレストランじゃなくて
ホントに台湾人が好んで通う台湾料理を食べさせたいと言って
友人の台湾人のYちゃん一家がここへ連れて来てくれました。



Yちゃんのお母さんとかお姉さんとかお姉さんの旦那さんとかも来てくれて
い~っぱい人数がいたので、いろんなお話もできて、しかも
たくさんの台湾料理を食べられてとっても楽しかったです!!



オーダーはお任せ!

どんなものが出てくるのかなぁ・・・ワクワク!!


P1000915.jpg

パリパリの鶏の皮?と思ったら、これは「腸」!
わお~いきなりモツですか!!


P1000908.jpg

豚足と豚の角煮盛り合わせ!

奥はシジミの醤油煮で、日本のものよりかなり大きめのシジミの
つるん!という食感がとても美味。



P1000912.jpg


干し大根入りの玉子焼き。

湯葉巻きとシラス入り青菜のスープ煮。


P1000911.jpg

牡蠣の豆豉炒めの牡蠣。
これは日本よりかなり小ぶり。




初日からアクセル全開で食べまくって、こりゃぁ~胃が大変だわと思い
スープは胃袋入りを注文!


食べ過ぎの旅はモツで始まりモツで〆る。
同物同治ですね~


P1000921.jpg

胃袋と生姜のスープ



P1000917.jpg

台湾料理のプリンはこんな形らしいですよ~。
クリーミ~~



美味しいもの、珍しいもの、まだまだ続々登場しますよ。

お楽しみに!


【2011/08/11 08:14】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
漢方食材街は「からすみ」でも有名
アジアへ行くと必ず立ち寄る漢方生薬街。
迪化街は台北の乾物や漢方食材を売る通りです。

P1000893.jpg P1000895.jpg




ここは台湾名物「からすみ」を売る店が並ぶことでも有名で、こんなふうにブラブラ…
(これは模型ですが)





P1000883.jpg


からすみ専門店がたくさんありました。





しかしお目当ては漢方薬屋さん

P1000900.jpg

台湾の漢方薬は瓶や生薬箪笥ではなく、壺に入っているんですね!


P1000896_1.jpg

漢方薬を配剤しているおじさんに「写真撮っていい?」と聞くと
わざわざ手を止めてにっこり笑ってカメラ目線!


優しい~~~~・・・



松の実やなつめ、枸杞の実、杜仲、山薬、蓮の実などの漢方食材から
菊花、玫塊花、ジャスミン、ハイビスカスなどの花茶、
ツバメの巣や白きくらげなどの乾物定番品以外に
香港でも韓国でもなく、台湾のココだけで初めて見たのがこちら。


P1000902.jpg



柚を丸ごと1個漢方に漬け込んだ喉の薬。(木の蓋の上にある物体)

P1000903.jpg


柚子茶なども喉の不快感のある時に良く飲まれますが
この丸ごと漢方薬漬けの柚を注文があるたび包丁で切って売ってくれます。


P1000882.jpg (右側の袋が切った後の状態)


食べるとほんのり柚子の風味がするのですが
味はやはり漢方薬。

その後驚くほど、喉がスースーすっきり爽快になります!


話す仕事の人は食べたほうがいいよ、とのこと。
へ~、色々あるんですね~。




ホント乾物ひとつとっても、その土地ならではの
いろんな楽しいものがありますよね~!!!
【2011/08/10 08:23】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(2)
台北で台湾料理を勉強してきました


沖縄とは別の日程で、台湾へも行ってきました~!!!


いつの間に2か所も行ったのって?へへへ…体2つあるんです!
なんちゃって!!!
(あったらいいですよね~)



アジアの薬膳料理やその土地ならではの郷土料理に大変興味があるのですが
多くのアジア諸国の中でも今まで台湾料理だけ習う機会がなく
香港に住んでいた時に台湾人の友達に台湾料理を教えてもらっていた程度。

本場の台湾の味を自分の舌と肌で感じてみたくて
やっと行くことができました。



さて、世界の中でもこれほど親日的な国はないですね。

台湾へは14年前に高雄へ行ったきりになっていましたが
台北も美味しいものがたくさんあり、また人々の人情あふれる優しさに
身も心もすっかり浄化されて戻ってきました!


また続々と台湾で出会ったものについてご紹介したいと思います。




一つ、忘れられない出来事になったのは台湾で占いに行ったこと!


性格が単純なので言われたことそのまま全部信じ切ってしまいそうで
香港でも日本でも決して占いには行ったことがなかったのですが
台北滞在中に朝起きたら突然「絶対ここで占いに行かなくては!!」という
切羽詰まった気持ちになり、突然予定変更して突撃してきました。



生年月日と生まれた時間、手相と人相でおじいさんの占い師に
ビシバシ!!と性格を言い当てられ、本当に怖いぐらい。


聞きたい質問が2つあったんですが、こちらから聞かなくても
何を聞きたいか知っているかのように向こうから言ってくる…\(◎o◎)/!ヒャー




有り難いことにこの一件で迷いや悩みがいっぺんに吹き飛び
すっかり肩の力が抜けて本当に楽になりました。
(ね、丸ごと信じてしまっているでしょ!)



人相学で一つ注意されたことを近いうちに実践してみようと思っています。

急にある日突然顔がガラッと変わるかも?!(笑




明日からの台湾についての記事も、どうぞお楽しみに~♪
【2011/08/09 07:41】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(1)
沖縄お持ち帰り編
沖縄で買って帰って来たものをお見せしちゃいま~す!






紅型と呼ばれる沖縄独特の染色技法の柄のランチョンマット。


紅型は琉球王朝時代には王族や貴族の衣装として染められたのだそう。

焼きものと同じで、近隣諸国の文化の影響を受けているような独特の柄ですね。



PICT2877.jpg

沖縄の竹のお箸を添えて、先ほどのランチョンマットを敷けば
即席沖縄テーブルの完成!


この竹箸は島やさい食堂てぃーあんだでも使われていたお箸です。


PICT2904.jpg

ゴーヤ茶とハイビスカス茶。

ともに暑さを下すのに最適。



PICT2869.jpg 以前から好んで使っていた粟国の塩


PICT2871.jpg 沖縄産のもずくは太くて歯ごたえが良い!


PICT2872.jpg 秋ウコンは肝臓の薬、春ウコンは免疫力アップだとか


PICT2874.jpg アオサはお吸い物に入れると美味しい


PICT2876.jpg 珍しいあご(トビウオ)の削り節


PICT2868.jpg ミネラルたっぷりの黒砂糖



沖縄長寿の秘訣・・・


海藻類や海のものをたっぷり食べ
豚の色んなパーツを食し、
そして何よりこの青く澄んだ海に囲まれて、のんびりゆったり暮らすのが
長寿の秘訣ではないでしょうか。



温かいところが好きなので、移住しようかな~?(笑
【2011/08/08 18:13】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄のやちむん(焼き物)と琉球グラス編
器好きには素通りできません!

沖縄のやちむんの里(窯元)と琉球グラス工房!





沖縄民家の家の門や屋根に、このシーサーを飾っている家の多いこと!

口を開けているのが男の子、口を閉じているのが女の子で
必ず2つセットで置いてあります。



家の魔よけと福を呼び込むのが男の子シーサーで、
取りこんだ福を逃がさないようにするのが女の子シーサーの役目。



琉球の焼きものは600年ほど前から
中国や朝鮮、日本、東南アジアなどの影響を受けながらも
沖縄独特の窯元別の多種な胎土を活かして焼くため
同じ沖縄のやちむんでも、それぞれ雰囲気が違うのが特徴。




ぽってりと厚みと重みのある読谷山焼の窯元やちむんの里へ行ってきました。


ベージュに青や赤の模様も沖縄っぽくて素敵だったけど
やっぱり深いグリーンのこんなものを連れて帰りたくて
また手荷物で抱えて帰ってきました!

PICT2885.jpg

真四角の器って大好き!

お重のように詰めたり、空間を活かして均等に並べたり。



PICT2886.jpg

脚付きの器は真横にカメラを構えて足が見えるように撮ると趣が出ますね。





お次は琉球グラス!

PICT2882.jpg

ちょっと大きめのこちらのグラスは、飲み物はもちろん
カップサラダや冷製スープなどの器にしても素敵!




PICT2883.jpg

これは泡盛を飲むのには最適な形ですね!


IMGP4887.jpg

飲みやすい泡盛(それでも30度)もお持ち帰り。

沖縄料理を再現して一緒に楽しみま~す!



【2011/08/07 18:15】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
~沖縄家庭の台所 市場編~
 キャァァァーーーーー!!!!


サングラスをかけているところがおちゃめ?

今回は沖縄家庭の台所、第一牧志公設市場をご紹介!



那覇市にある牧志公設市場の中には所狭しとびっしり店が並んでいます。

IMGP4869.jpg




あまり見かけない派手な色の魚

IMGP4873.jpg

見た目はカラフルでも中身は白身だそう(笑


イラブチャーは沖縄では赤や黄色も採れますが、青が一番美味しいらしい。

高タンパク低カロリーの白身魚でコラーゲンも豊富、
くせがなく上品で淡白なお味なんですって!





IMGP4870.jpg うらめしや~~~


これもちょっとこわっ!
目が恐ろしくて、写真のアングル考えている余裕なかった。


アバサーはハリセンボンと聞くと「えっ!」と思いますが、フグの仲間です。
急に高級魚で美味しそうに見えてくる。



ここで選んだものを市場2階の食堂で調理してくれます。


IMGP4874.jpg

かつお節消費量全国ナンバー1の沖縄。

ゴーヤチャンプルーにもしっかりカツオだしの味が効いていました。





肉、魚、野菜、乾物、調味料、ここで何でも揃いますよ。
ホント世界各国どこでも市場はとっても楽しいですよね~!
【2011/08/06 17:54】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
~沖縄料理編③~ 沖縄B級グルメ
DSC00157.jpg

そろそろB級グルメも気になります!

その土地で採れるもので作られた気軽に食べられるレシピは
簡単に再現できるものが多いので五感を研ぎ澄ましてしっかり味見。

レシピを頭の中で想像しながら食べ歩きます~~




P1000684.jpg

沖縄ローソン限定版 油みそおにぎりと

P1000687.jpg

ポーク卵おにぎり!



油みその原料は味噌、砂糖、油、大豆。
大豆の豆のつぶつぶ感が残った甘味噌です。
ピーナッツを絡めると千葉の「ぴーなっつみそ」になるような味と食感でした。

これをご飯のおともにするのが沖縄定番!



ポーク卵は沖縄の家庭料理。
それをおにぎり仕立てにしたものが沖縄のモバイルフードとして売られています。



スパムを軽く焼いて卵と挟んであります。
三角もあるけど、道の駅では四角い形になっているのもありました。





P1000772.jpg

はい、これなんでしょう~?
そう!豚の耳!!

その名も「ミミガー」。

こりこりしててクラゲのようですね。
コラーゲンが豊富です!




コラーゲン豊富と言えばこちらが王道!

DSC00110-1.jpg

じゃじゃーん!「てびち」!!!=豚足

どこを食べてもぷるっぷる!!!




DSC00148.jpg

おやつは紅芋の蒸しまんじゅうと
ポーポー(黒糖入りクレープの巻物)





P1000649.jpg

移動屋台のようなものを沖縄では「パーラー」といいます。

ハンバーガーやアイスなどを売っている中で
沖縄甘味の定番、ぜんざいを注文!


P1000647.jpg

沖縄でぜんざいといえば、この氷ぜんざいのこと。


甘さ控えめにとろりと煮た金時豆(小豆ではない)にかき氷の山。

かき氷にぜんざいをかけるのではなく、かき氷で蓋をするように乗せる。
この乗せ方にすると逆にするよりも、氷が溶けにくいのだとか。




IMGP4867.jpg

ドライブ途中の道の駅も楽し~い!!


左上から時計回りに

小エビのてんぷら
ピーナッツみそ
ばくだん(餃子の具をかまぼこの生地で包んである)ピリ辛とプレーン
黒糖サーターアンダギー
チンピン(黒糖が入らないポーポーのこと。チヂミみたい)
油みそ
黒砂糖
ばくだん(油みそおにぎりをかまぼこの生地で包んである)
ジーマーミー豆腐


ジーマーミー豆腐は、ピーナッツとタピオカと芋くずが原料の
プルンプルンの豆腐(くず豆腐のよう)に
砂糖じょうゆのような甘いタレをかけて食べます。




個人的には、ばくだんの餃子の具入りピリ辛が超おススメでした!!


【2011/08/05 17:16】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
~沖縄料理編②~ のんびりした時間が流れます
P1000616.jpg


今日は読谷村の素敵な食堂をご紹介します!
沖縄本土の真ん中あたりに位置する読谷村へ行ったら是非このレストランへ行ってみて!



島やさい食堂「てぃーあんだ」
沖縄県読谷村都屋448-1
098-956-0250





「てぃーあんだ」とは、沖縄の方言で「手のあぶら」という意味。

料理をする際に手間暇かける、愛情を込めるといういう時に使うんだそうです。


のどかな読谷村にある沖縄家屋をレストランにしてあり
縁側でもゆったりと緑と風を感じながら
手間暇かけた愛情たっぷりの定食が食べられて
と~っても素敵な雰囲気のお店なんです!


沖縄の人はのんびりしてて、なんかいいなぁ~・・・



おススメは季節の自家製飲料水というドリンクメニュー!

夏の今は

黒糖バナナ酢ソーダ
黒糖バナナ酢ミルク
青レモンソーダ水
梅ソーダ水
黒糖生姜湯



バナナ酢ソーダがおススメと聞いてそれをオーダー。

右側の黄色いジュースは沖縄ノシークワーサー!

左下のは金時豆のぜんざい。スプーンが懐かしい風情。

DSC00052.jpg




P1000624.jpg

これが子供用定食。

小学生用とか未就学児用と子供の大きさに合わせた定食メニューがあるもの
嬉しいですね!




これが大人用定食。

P1000630.jpg

金城町屋嘉地区栽培の玄米を土鍋でじっくり炊いたものに

ラフテー
島野菜のてんぷら(島にんじん、紅芋、ゴーヤ、なす、かぼちゃ)
お魚料理 の中からメインを選び

副菜には

ジーマーミー豆腐(ピーナッツ豆腐)
アオサのお吸い物
もずく酢
ゴーヤのはちみつ漬け
ナスの冷やし鉢
冬瓜のうす葛煮
クーブイチリー(すき昆布と豚肉の炒めもの)
青パパイヤの炒めもの
金時豆のぜんざい

など10品で1260円と、感激のコストパフォーマンス!




沖縄の長寿の秘訣は「海のもの」を良く食べる食文化だわ、と
早々とその謎を解き明かしたくなります。

もずく、昆布、カツオ(だし)、アーサ(あおさ)など
黒いものや鹹味(磯の風味)のものは生命力を司る腎を強める食べ物なんですよ!!


P1000636.jpg





あとはこのゆ~ったりのんびりした雰囲気がなお良いのでしょうね・・・

P1000609.jpg ファ~ッ・・・


【2011/08/04 16:46】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄へ長寿料理の勉強へ行きました!~これぞ沖縄料理編①~
DSC00017.jpg

長寿を誇る沖縄料理の秘密を知るべく、沖縄へお料理の勉強へ行ってきました~!



昆布と豚肉、かつお節、ベーコンが日本全国の中で消費量がナンバー1の沖縄。

どんな食文化を持つのか徹底研究してきました。



まずはこちら、鮮度の良い地産食材にこだわる
沖縄料理おばんざい「膳zen」のお料理から。


レンタカーで移動したので、飲み物はうっちん茶を注文。

P1000573.jpg

おお~しっかりと肝臓の薬、ウコンの味がします!
ターメリックをお茶として飲むのですね。




P1000579.jpgP1000581.jpg
P1000583.jpg

海ぶどうの島豆腐サラダはプチプチ&シャキシャキの海ぶどうの歯ごたえと
味の濃い島豆腐がくせになりそう~!

県産豚を泡盛でじっくり煮込んだ柔かい三枚肉の角煮、ラフテー。

紅芋の天ぷらはサツマイモより甘みが少なく、どちらかというとじゃがいもに近い。




P1000586.jpgP1000588.jpg
P1000591.jpg


島ラッキョウのおかか炒めは、おかかの味でラッキョウの苦味がうまい具合の緩和され~
島ラッキョウは普通のラッキョウより細長く、ホクホクしているのが特徴です。

そうめんチャンプルーのそうめんは炒めもの向きにのびないそうめんを使っています。

アグー豚と夏野菜のにんにく焼きは、アグー豚薄切り、かぼちゃ、ゴーヤ、
ナスを素揚げしてニンニク入りおろしポン酢で和えた逸品!

ゴーヤの新しい使い方の参考になりますね!



P1000576.jpg

いの一番に食べてみたかった豆腐よう!
豆腐を泡盛につけた発酵食品だそうですが、味は奈良漬が豆腐になったという感じ!

このねっとりした舌触りのせいでお酒がすすむんだろうな~



器も素敵だし、お店のスタッフの方もキビキビされていて
とても感じのよいレストランでした。


P1000598.jpg

膳zen

沖縄県中頭郡読谷村瀬名波628
098-958-0555




【2011/08/03 08:19】 | 日本の薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
きゅうりがのぼせにいい感じです!
PICT2675.jpg

喉が渇いて仕方ない~という方。

きゅうりのお惣菜を召し上がれ!




暑さで火照った身体を冷ますとともに、汗で流れ出た水分とミネラル分を
補ってくれます。


「きゅうりの酢の物」など夏野菜+酸味は
暑さによるほてりを冷ましクエン酸で疲労回復と、
夏バテ予防のゴールデンコンビの一品になります!



今日は我が家の大好きなきゅうりの紹興酒和えのレシピをどうぞ~

<材料>


きゅうり 2本
塩 適量
A
しょうゆ 50cc
紹興酒 15cc
砂糖 10g
花椒 小さじ4分の1
酢 小さじ1~2(味を見てお好みで)
鷹の爪 1本


<作り方>

1、きゅうりは拍子切りにして塩をまぶしそのまましばらく置いて水を出す。

2、鍋にAの材料を入れて沸騰直前まで火を通す。

3、2が冷めたらファスナー付き袋に入れて、1のきゅうりの水気を両手で
  絞りながら袋に入れていく。

4、上下を返してまんべんなく液に漬かるようにすると数時間後に食べられる。


棒状に切った大根を加えても美味しく食べられます。
その場合はつけだれの分量を倍にしてね!

【2011/08/01 16:40】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。