~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
長寿を作る琉球菓子 


沖縄のドーナツ、サーターアンダギーを作りました。

台湾人のお友達Yさんが、先日ご家族で沖縄に旅行に行かれたそうで
「沖縄のご飯どうだった?」と聞くと、
台湾料理と似た味や、組み合わせの共通点が沢山あったとのこと。

ともに長寿を誇る食文化を持っていて
距離が近いだけに元々の発祥は同じなのかも?!

そう思う理由に、このサーターアンダギー、
そっくりなお菓子が中国にも台湾にもあるんです!

大きな口を開けて笑っているようにぱっくりと割れている姿から
「開口笑」という名前がついた揚げ菓子なんですが
見た目も味もそっくりなんですよ。

こう考えるとますます興味深いアジアの食です。


サーターアンダギーの作り方を書いておきますね。

1,卵2個をボールに割り入れ、砂糖100gを加えて混ぜます。
  (健康志向なアナタなら、琉球菓子らしく黒砂糖にしてもOK)

2,塩ひとつまみ、小麦粉200g、ベーキングパウダー小さじ2
  を一緒にして1にふるい入れます。

3,サラダ油小さじ2(私はここで紅花油を使いました)を加えたら
  しばらく冷蔵庫で寝かせます。

4,揚げ油を熱し(最近の我が家の揚げ油はこめ油)適当に
  丸く形取った生地を入れます。

こんがりきつね色になり、大きな口で笑ってるみたいに
ぱっかり割れたら竹串をさしてみて。
何も付いてこなければできあがりで~す!
スポンサーサイト
【2009/05/07 21:50】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(1)
<<薬日本堂漢方スクールデトックス講座終了しました | ホーム | 初夏の息吹たっぷりです>>
コメント

数年前に知ったのですが(!)、兵庫に住む祖父母が実は沖縄人だったので
私の「おばあちゃんの味」は沖縄料理なんです。(そうとは知らず、おばあちゃん
の料理だから普段見ないものなのかと思っていましたv-356

サーターアンダギーも大好きですが、「開口笑」、調べてみたらほんと同じ
お菓子ですね!ビックリしました。

母が生粋の沖縄人になるので、私にも半分流れている沖縄の血、なんだか
とても身近なところで中国の食文化とのつながりを感じて嬉しいです♪
【2009/05/12 14:29】 URL | ryuno #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/107-6194a339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。