~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
羅漢果・・・糖尿病の代用糖だけでなく美髪にも!?


羅漢果(らかんか)は瓜科のつる性植物で、
葉は神経性皮膚炎や腫瘍、
根は疱瘡、皮毛は刀傷を治すといわれています。

でも最も優れた効能を持つのがこの果実の部分。

きれいな球形で、直径はだいたい5センチぐらい。
見た目は鉄の玉のようですが、手にもってみると
意外にも拍子ぬけするほど軽いんです。
外側の殻は手でも「バリっ」と簡単に砕けます。

果実を採取したら天日に数日間干して乾燥させたあと
加熱加工したものを、殻ごと砕いて煎じて薬として服用します。

羅漢果はスカベンジャー物質(活性酸素を取り除く物質)を多く含むだけでなく
甘味成分が強烈で、羅漢果の実1個で砂糖50gから80gと同じ甘さを持ちます。

しかもほとんどカロリーがない上、甘味成分も排泄されるという特徴があるので
糖尿病患者の代用糖として使われます。


すごいのはこれだけではない羅漢果。

飲用すれば体内から作用し、外用すれば皮膚表面からも浸透して
肌荒れや老化を防いでみずみずしく保つことができるという
この羅漢果を使った美容水を香港で習いました。

羅漢果1個は砕いて、殻ごと沸騰したお湯で20分煮出すだけ。

それをスプレーボトルに入れて、私は髪にスプレーしたり
入浴剤の代わりにお湯に入れたりして使っています。
お湯が薄い紅茶色になるぐらいの量を入れてください。

髪の毛は驚くほどしっとり!
フケや抜け毛も減少するとか。

ちなみに美容水は冷蔵庫に入れて1か月持ちますよ。

rakankasui.jpg
スポンサーサイト
【2009/05/26 17:18】 | 漢方薬 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<手で混ぜて混ぜて・・・愛情も一緒に! | ホーム | 漢方おやつ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/114-10e95950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。