~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
夏場の疲労回復食 サムゲタン


何だか疲れが取れないなぁ~、というときは
参鶏湯(サムゲタン)を作りましょう!

本場韓国では丸鶏の内臓を出したお腹の中に
もち米や朝鮮人参などを詰めるので大変ですが
サムゲタン「風」ならとっても簡単にできます!


骨つき鶏肉を買ってきたら、鍋にたっぷりの水と肉を入れ
もち米(数時間水に漬けておく)、なつめ、クコの実、松の実
にんにくゴロゴロ、栗も入れます。

あれば漢方薬局で売っている「人参」→乾燥してスライスしてあるもの
も入れたら、ただひたすらじっくり煮込みます。

鶏のダシとにんにくのいい~香り・・・
もち米がトロトロになってリゾットのようですよ。
塩を加えて味を調えたら召し上がれ。

鶏肉のお肉はホロっとお箸でも簡単にほぐれます。
別の小皿にお好みのおいしい塩を用意して、
ちょんちょんと少量つけながらお肉も食べてください。

元気が出ますよ~~~~

スポンサーサイト
【2009/06/12 18:38】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<韓国伝統菓子 お餅 | ホーム | 練りきり、初挑戦!>>
コメント
お久しぶりです!
おいしそう~♪
なるほど、「風」にしちゃえば良いんですね!!
こういうアレンジの発想とかが私には全く出てこないので、もっとお料理がんばらないとですv-91

以前、補気・補血はし過ぎても必要以上分は無駄になるだけだから、もったいないけど問題ない、とどこかで聞いたことがある気がしていたのですが(恐らく聞き間違い&私の激しい思い込みなのですが…i-202)、補気しすぎると気滞になるから気をつけるようにと今の学校で習って以来、自分が何を食べればいいやら分からなくなってきちゃいましたi-201

中医学。
考えれば考えるほど興味深いですが、迷い込むと抜け出せるか不安です(笑)
【2009/06/18 09:01】 URL | ryuno #-[ 編集]
ryunoさまへ
> おいしそう~♪
> なるほど、「風」にしちゃえば良いんですね!!
> こういうアレンジの発想とかが私には全く出てこないので、もっとお料理がんばらないとですv-91
>
> 以前、補気・補血はし過ぎても必要以上分は無駄になるだけだから、もったいないけど問題ない、とどこかで聞いたことがある気がしていたのですが(恐らく聞き間違い&私の激しい思い込みなのですが…i-202)、補気しすぎると気滞になるから気をつけるようにと今の学校で習って以来、自分が何を食べればいいやら分からなくなってきちゃいましたi-201
>
> 中医学。
> 考えれば考えるほど興味深いですが、迷い込むと抜け出せるか不安です(笑)

迷い込むと分からなくなること私もかつて何度となくありまして
何年も経った後にやっと「そうだったのか~!」という
スッキリを経験することも多々・・・

もともと虚証でいつも「補気補血」していても
風邪などを引いていて「実証」が一部入っているときは
補の薬や食材はその時ばかりは控える、さもないと
「盗賊を家の中に閉じ込める」という意味がありますよね。
・・・どうしたらええねん!って言いたくなる。

ややこしいです、中医学は本当に。
でもだからこそ「そうだったのか!」と気付きがあったときは
心底うれしいですよ。

がんばれ~~~~

私も「がんばり」継続中です!
一緒にやっていきましょ。
【2009/06/18 19:06】 URL | masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/119-b7d1e3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。