~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
香港で薬膳セミナーをやってきました! ~クリニック編~
かつて中医師試験の実習を受けていた
香港 中環にある新華中医薬有限公司に
今回の滞在中、再び診察の通訳をしに行ってきました。


異国の地に、また帰る場所があるなんて、本当に私は幸せ者です!


白衣を持ってウキウキしながら再びここへやってきました。
久し振りだからちゃんと通訳できるかなぁ~
ワクワク!!


セントラル(中環)のMTRの駅 出口D2を右に出たら
上海灘に沿って左に曲がります。

すると目の前にすぐQUEENS ROAD CENTRALの道路にぶつかりますので
それを右に曲がりますと3軒先ほどの右手にこのビルがあります。

萬邦行(MELBORUNE PLAZA)



奥に入るとエレベーターがあるので6階で降ります。
廊下を右手奥まで進みます。
IMGP2977.jpg


突き当たり左手の612号室が新華中医薬有限公司、
漢方クリニックです。
IMGP2978.jpg


ああ・・・久しぶりだなぁ、通いなれた場所なのに
なんだかドキドキする。
スタッフに声をかける第一声は、「お久しぶり!」じゃなくて
「ただいま~!!」がいいかな・・・


↑この後は涙の再会!もみくちゃです~~

みんな変わらず元気で本当に良かった!
診察風景も、薬剤師さんのお部屋も何にも変わってなくて
ホッとしました。

数10分もすると、まるで今まで日本に帰国していたことが嘘のように
すっかり前と同じ状況に元通り!
何もかもが以前と全く変わらない時間が過ぎて行きました。



私は扁桃腺が小さい頃から大きくて、
香港の空気にいつも喉がやられていたので、
以前ボランティアに来るたびにここで売っている
「感冒利喉宝」という漢方薬をもらっていました。

これを「喉がちょっと痛いな」とか「気管支のあたりが重いな」とか
感じたらすぐに飲むと、あっという間にそれらを解消してくれるので
いつもお守りのように側において、気になる時にすぐ飲めるようにしていました。


漢方薬は体質に合ったものでないと、と言われますが
感冒のような外邪(外から入ってくるウィルスなどが原因で病気になるもの)には
その人の体質というよりも、外邪のタイプ別の漢方薬で退治するんですよ。


masumiといえばその薬、と覚えていてくれたようで
私の顔をみるなり薬剤師のスタッフが
「持って帰るでしょ~」といいながら
たくさんその薬を包んでくれて持たせてくれました。


優しいでしょ~~~~~(涙涙涙
それがこの白いほうのボトル

IMGP3066.jpg



院長のドクターからはお土産に漢方パックを頂いたんです!
これがまた興味深い!

玉容複方という真珠粉、茯苓、山薬、田七などの美肌に良いとされる
白い漢方薬がたくさん入った外用薬で、同じ分量の水か化粧水で溶いて
シミやそばかすのある部分に塗ってパックするとか。

使ってみよ~~~~!!



今回何よりうれしかったのは香港が何にも変わっていなかったこと!

街の景色も、地下鉄の中の雰囲気も、そして私を待っていてくれた人々も、
変わらず私を温かく迎えてくれたのが
本当に本当に嬉しかったです。


まだまだ夏真っ盛りの
暑くてムンムンした湿気をたっぷり含んだ香港の空気も、
まるでチンピラが喧嘩してるみたいな広東語も、
街の道路の喧騒も、

本当に何もかもが懐かしく嬉しく感じました。





スポンサーサイト
【2009/09/24 17:31】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<香港で薬膳セミナーをやってきました!~夜のお食事編~ | ホーム | 香港へ行って薬膳セミナーをやってきました!>>
コメント

we all miss you very much~
【2009/10/24 11:28】 URL | sammie #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
Thank you for visiting my web and leaving messages a lot!

Of course I miss you and all the clinic staffs, too!!
I can not wait the day which I can meet you again~~~

You must be busy always, so
take care of yourself, please!

See you, Drサミー!!
【2009/10/26 11:40】 URL | Masumi #-[ 編集]

はじめまして。
いつも興味深く、日記を拝見させていただいてます。

海外駐在期間で、資格を取られて日本でも活躍されるなんて
素晴らしいですね。ランチに習いごとに婦人会など・・・
あっという間に時間は過ぎていくのに(わたしはシンガポールにいました。バクテー・ラクサ大好きです♪)
ボランティアと受験をこなしていたなんてすごいです!

ひとつ質問なんですが、漢方クリニックでの通訳とは 中国語→日本語ですか?
それとも英語→日本語なのでしょうか。香港もシンガポールのように、ドクターはみなさん
英語がしゃべれるのか気になったものですから。。。

それとさしつかえなければ、中医学のお勉強は何歳くらいから始められたのですか?

不躾な質問ですみません。どうぞよろしくお願いします。
いつかmasumiさんのセミナーに参加してみたいです☆
【2009/10/28 10:41】 URL | cherry #TY.N/4k.[ 編集]
cherryさまへ
いつもご覧頂いているそうでありがとうございます!
コメントとても嬉しいです、励みになります!


シンガポールでの駐在もとても楽しかったでしょうね~~
私も香港から遊びに行ったことがありますが
街がとてもきれいで食べ物がなんでもおいしくカンゲキしました。

私の通訳は基本的に英語です。
香港人のドクターはとても上手に英語を話すので
診察の中での会話は英語で、そして
体調や中医学用語は中国語を筆談で書いて見せたり
先生が書いた中医学用語を見て、患者さんに日本語で説明すると
こんな風に使い分けていました。

中医師試験の参考書が中国語だったのと
試験に出てくる用語がすべて4字熟語(例えば「脘腹張満」など)
だったために中医学用語や生薬の調剤に関することだけを先に優先的に覚えました。

しかし何と発音したらいいのか未だに知らないものが多く
私の中国語や広東語の会話能力は全く大したことありません(笑


中医学の勉強、といっていいのか、自分の体質などが気になって
漢方の本を読み漁っていたのが27歳の時からです。

右半身が冷えて痺れていたのと、なかなか子供が授からず
自分の体についてとても悩んでいました。

藁をもすがる思いで、原因を知りたいために始めた勉強ですが
本格的に中医師試験の受験生になって勉強していたのは
30代前半から半ば過ぎです。
ぎゃおー、歳がばれますね!


これからもぜひお時間あるときお訪ねください。
お待ちしております!








【2009/10/28 16:01】 URL | Masumi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/28 20:29】 | #[ 編集]
Cherryさま
コメントありがとうございます!

冷えが気になってきた、とのこと
寒くなってきましたのでお体お気をつけてお過ごしくださいね。

首、手首、足首をしっかり温めると
体が冷えませんよ。ぜひお試しをv-238
【2009/11/01 21:49】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/154-bd121420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。