~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
乾燥予防の美肌スープ♪


空気も乾燥してきたし、お肌をいたわる美肌スープでも作ろうかなと思います。


まずは中に入れる材料を考えます。



”きれいな血が体内に充分にある=美しさに不可欠な要素”


の鉄則にのっとって、赤い食材で美容には欠かせない「きれいな血」を作りつつ、
さらには直接体内の水分を補って、お肌を潤わす食材でスープを作ります!!



赤い食材はというと・・・

ナツメは消化吸収機能を高めて気や血を作るのでこれを使いましょう。
(写真は密棗を使用)

造血作用のあるにんじんのβカロチンは、乾燥予防になりますよ。


そして直接体内の水分を増やして肌をみずみずしく保つ
肺を潤す作用のある「白い食材」も加えて、お肌を乾燥から守りたいと思います。

白きくらげ(コラーゲン含有量ピカイチ!)
百合(びゃくごう・ユリ根を乾燥させた生薬です。なければ野菜のユリ根でOK)
杏仁(きょうにん・杏仁豆腐で有名な肺を潤す咳止め生薬、なければ省いてOK)

を使ってみます。
(杏仁の実は使用量に気をつけて。1日10グラム以下です。よく火を通して下さい)


さて、鍋に水を入れたら、豚肉を一口大に切って入れます。
豚肉も体の潤い補給になりますよ。

そこへ密棗と一口大に切ったにんじん、
白きくらげ、杏仁を加えてさらに煮込みます。

最後にユリ根を加えてさらにコトコト30分ほどしたら
塩のみ、またはお好みのダシで味付けします。



赤い食材=血を増やす食材
白い漢方食材=肌をみずみずしく保つ美肌食材ということで、
お肌を潤わす美肌スープの出来上がり~




スポンサーサイト
【2009/11/09 14:31】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<柚子ピューレで柚子みそ | ホーム | 12時前には眠っていますか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/172-efa01b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。