~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鏡開きで長寿を願いましょう~


1月11日は鏡開きですね。
皆様は昨日おかがみを食べましたか?


鏡開きとは、鏡餅を食べることで年初めから硬いものを食べ歯を丈夫にして
長寿でいられます様に、と祈願するためのものとか。


お雑煮やぜんざいに入れて食べるのが一般的ですが
うちではお餅はみぞれ餅にして良く食べますよ。


餅は一口大に切って油で素揚げします。
(鏡餅は包丁で切らず金槌で割るのが正式といいますから、
 小さく割れた物を使って下さいね~)


ぷっくり膨らんで外はパリパリ、中はもっちり!
そこにたっぷりの大根おろしとお醤油をかけます。


大根のジアスターゼは消化不良を改善するので
「腹もちがいい=消化しにくい」お餅も、こうして食べると
お正月から食べすぎが続き、胃がお疲れなこの時期にいいですよ。


時々、お餅を素揚げして海苔を巻いたものをおやつにします。
新鮮なのか結構喜んで食べます!



餅を揚げるときの揚げ油は、なぜか新品をつかうと油を思いっきり吸ってしまって
とっても油っぽくなるので、これだけは一度使った油で揚げるのがポイントですよ。



みぞれ餅、ぜひお試しあれ~!






スポンサーサイト
【2010/01/12 08:18】 | 養生法 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<棗(なつめ)・・・お国違えばこんな食べ方も?! | ホーム | 七草がゆ、食べましたか?>>
コメント
おいしそう~♪
今、私、実はとってもお餅気分なのです♪
日系のスーパーで手にとっては諦め。を繰り返すこと早一週間。。。
こんな美味しそうな写真を見たら、危険だわ!!!(笑)

それにしても昔の風習にはすべてに意味があるんですね。
とっても勉強になりました~。^^
【2010/01/12 21:27】 URL | kyoko #-[ 編集]
初コメ♡
油であげるっていうのは初めて聞きました!!!
早速やってみますね
家族みんなお餅大好きなんだけど、いつも磯部餅ばかりだから、これ絶対喜ぶわ~
楽しみです♡

娘のアトピーも今はだいぶ落ち着いてきてます
今の気候もあるんだけどね、、
また相談させて下さい!



【2010/01/13 20:12】 URL | yumi #-[ 編集]

kyoko、yumiちゃん、コメントありがとう!!

くしくも同じ高校の同級生2人からお餅に対するコメントいただいて(笑
私たちの地元にはこの食べ方なかったもんね~。

これはおろしそばで有名な北陸地方のものらしいよ。
私も結婚してから知りました。
年越しそばもおろしのぶっかけそばなんだよ~
yumiちゃんのところの年越しそばはどんなの?


また夏休みでも関西に帰省した時には会おうね。
kyokoも身体に気をつけて!

【2010/01/14 14:07】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/195-378b66c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。