~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
中身は小豆が最適ですね


最近、下の娘の学年では学校で「むかしあそび」を教えて頂いているそうです。


先日、学校の体育館を使って地域の老人会の方をお招きし
こままわしやめんこ、おはじき、竹馬、けん玉など
いろんな種類の道具を使って遊び方を教えて頂く機会があり
老人会の皆さまのお手伝いをする父兄募集があったので、私も
お邪魔しに行ってきました。


行ってみると私は「こままわし」コーナー担当になりました。
名人級のおじいさまが生徒たちに教えて下さる中
手が足りないときにお手伝いのご父兄も子どもたちに指導を、と
先生方から言われたのですが・・・


・・・私のコマ回し技術ときたら激ヘタ~~!!!


まずは私から、まわし方の指導となり(-_-;)
おじい様が手取り足取り懇切丁寧に教えて下さるのですが・・・
「手伝い」どころか、呑み込みの悪い逆に手間のかかる父兄~(←私)


私には子どもの時から父方、母方ともに祖父がいなかったので
「おじいさんが遊んでくれるってこんな感じなんだな~」と
この年でしみじみ嬉しく思いました。



さて、家に帰って下の娘と「楽しかったね~~」と話していると
上の娘が突然「私、今まで一度もお手玉ってしたことない」と
仰天発言!

生後すぐから小学校2年生になるまで香港育ちだったので
確かにそんな機会はなかったかも・・・と
あわてて布のハギレと糸を出してきてお手玉を作りました。


昔のおばあちゃん作のお手玉は短冊形の布を4枚かざぐるまのように
重ねて縫ってありましたが、今はこんな簡易な形もあるんですね。
ネットで見て簡単バージョンにしました。

正方形の布を中表にして筒状に縫ったら、上下はぐしぬいで絞ります。
子どもの手にもおさまりがいいように、大きさは小ぶりのみかんぐらいです。


中身は小豆が最適だよ、と遠い昔に誰かから聞いたことがあったので
小豆を50グラム、きちんと計って入れました。

つかむ度に一つ一つの重さが違っていたら
なんだか変な感覚だろうなと思うので・・・


もちろん初めはお手玉が上手にできなくて、
キャッチボールのようにして違う遊び方をしていましたが、
そのうちにだんだんと上手に遊べるようになってきました。




子どもが飽きてお手玉がほったらかしになってきたら
今度は私がボケ防止に3個使ったお手玉に挑戦してみま~す!


スポンサーサイト
【2010/02/08 11:29】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
<<歯科医院様へ薬膳レシピをご提供させていただいています | ホーム | 奈良公園はお宝が放し飼い?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/205-2d6fc577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。