~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
新年快楽!
PICT8851.jpg

香港在住の皆さま
明けましておめでとうございます!


明日は旧正月ですね。
楽しいお休みをお過ごしのことと思います。


今年のお正月の雰囲気はどんなだろう~?
イルミネーションはとても華やかでキレイなんだろうな・・・って
香港のことばっかり考えていたら無性に中華が食べたい~~~!!!


記憶と胃袋はつながっているのですね。



さて、香港でよく見る食材の中でもこの干貝(ゴンブイ)ですが
ホタテ貝の貝柱を乾燥させたものです。
とってもいい「ダシ」が出るのですごく重宝しますよね。


これ、日本で買うとものすご~~く高価なのですよ!
百貨店のデパ地下の食料品売り場などでやっとこさ見つかりますが
大きさも小さい上、少ししか入っていないのに、高い~~~!!


というわけでいつも香港で買ってきます。


でも干貝を使ったメニューのバリエーションがないという方のために
おススメのちょっとしたコツです♪



干貝は戻すのに時間がかかるので、あらかじめ水で1晩
戻しておいたものを冷凍しておきます。

だいたい1回に使う量は3~4人分で3個で十分ですから、私の場合
いつも9個をいっぺんに戻して、残りの2回分はほぐして冷凍しておきます。


和え物や炒め物、チャーハンや雑炊、スープなどを作るとき
必要な分だけ取り出して加えるだけ!

さっと使えて重宝しますし、貝柱の旨みが効いて
いつもの味がグレードアップしたように感じますよ~。



そして今日は白菜のクリーム煮!

PICT8863.jpg


平鍋に水と中華ダシの素、戻してほぐした干貝と白菜を入れて煮ます。
そこへエバミルクを加えて塩で味を整えたら水溶き片栗粉で
とろみをつけます。



PICT8855.jpg

エバミルク(無糖練乳)も香港ならではの食材ですよね。
マンゴープリンにもたっぷりかかって出てきます。

淡白な白菜に干し貝柱の旨みがギューと染みています。



「ザ・香港食材」で作る一品!
満足です~。




今年1年も香港の皆さまがいつもお元気で良い年であります様に。

恭喜発財、身体健康!!!

スポンサーサイト
【2010/02/13 09:32】 | 香港 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<白いマグカップ | ホーム | 歯科医院様へ薬膳レシピをご提供させていただいています>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/207-18c665d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。