~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
白いマグカップ


緑茶やほうじ茶、時にはカルダモン入りチャイやクコの実レモンティー、
美容のためにローズヒップティー、花粉症予防の薬膳茶・・・などなど

いろんな茶葉と生薬をストックして、その時の体調や気分で選んでは
いつも何かしらお茶を飲んでいます。



「茶飲みの友」として、気になってくるのがマグカップ。

何もかもが’ぴったりしっくり’くるマグカップに出会うと
自然とそのカップを手にとってしまいます。


ブランド食器のカップは存在感もある上
いろんな可愛い絵付けも施してあり、磁器が薄くて口当たりもいいのですが
洗う時や重ねて収納する度に欠けたりしないか心配だし
縁にゴールドの飾りがあるものなどはレンジにかけられなくて
普段使いには不向きだなぁと感じます。


そこで気楽に使える白いマグカップを集めるようになりました。



マグカップに必要な条件はある程度の厚みがあること。
それと倒れにくいシェイプであること。


アツアツで入れた飲み物をそばに置いておいて
テキストを作りながら少し飲んで、
パソコンでレシピを打ち込みながら少し飲んで・・・ってしていると
薄いカップだったらすぐに冷めてしまいます。


コーヒーショップでテイクアウトせず、その場で飲むと
カップはかなり分厚いものに入って出てくることが多いですが
厚みがあればあるほど中身が冷めにくいので
ああいうカップになっているそうですよ。


でもあんまり縁まで分厚いと口当たりが悪いので
縁に行くに従って薄くなっているかどうか
買う時にお店でカップの縁を指でつまんでチェックします。


近くにある本やらキーボードに倒れて中身がこぼれるなんて最高に悲しいので
安定感があるものがいいですね。



それから私は手がすごく小さいので、
カップの持ち手を持ってみて指が滑ってしまうもの
またはカップそのものがずっしり重すぎるものもNG~。



あとはカップの容量ですね。
1度に飲める量もその時々によって違います。


たっぷり飲みたいときは写真後ろ側左が350cc
右が400cc入るのでそのどちらかを、

少しで充分と感じるときは前列左から順に
150cc、200cc、250cc入るので
何となく直感で「これ!」と選びます。



和食器のマグカップ(写真中央)は他のものと違って
カップの素材自体がひんやりしていなくて、
飲み物を入れたときカップを温めていなくても温度が冷めにくい!


見た目よりも安定感もあり、持ってみるととても軽いのですよ。


最近1番のお気に入りマイカップです

スポンサーサイト
【2010/02/15 15:02】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
<<香港日本人倶楽部 機関紙に薬膳記事を連載します! | ホーム | 新年快楽!>>
コメント
ほほ~♪
白いマグカップひとつとっても、
こだわりがあると楽しいものですね♪

またひとつお勉強させてもらいました~。^^
【2010/02/17 01:56】 URL | Kyoko #-[ 編集]
タイ食器もかわいいよね
kyokoへ

いつもコメントありがとう!
そっちは暑いですか?
こっちはすんごく寒いよ。


タイ食器もかわいいの、いっぱいあるよね~。

パイナップル柄もステキだけど
外側がテラコッタ色で内側が青緑のセラドン焼きのタイ食器が
すごくいい!!


また綺麗なお花のアレンジ見せてもらいに
ブログお邪魔します♪



【2010/02/19 00:26】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/208-25b386c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。