~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
やっぱり、おやつは手作りが理想だな~



出来る限り、可能な限り・・・
「おやつは手作り」が自分の中での目標!


毎日の暮らしは時間に追われることが多いけど
おやつを作ろう…という「気持ちに余裕があること」。
これが大切ですね。


お菓子作りの材料がなければ、余りご飯でおにぎりやのりまきになる時もあるし
晩御飯の用意のついでに、おいもやごぼうの天ぷらがおやつという日もあります。


以前ご紹介した「いも餅」は、今でも相変わらず良く作っています。
作り方はこちら



さすがは育ち盛り、帰ってくるなり
「今日のおやつは何??」と眼を輝かせて言うので
何も無いよというのは、ちょっとかわいそう。

少しの時間、ほんの20-30分時間を割いて作ることができれば
お腹もこころも満たされるのではないかな~。


でも手作りにこだわり過ぎて時間に追われた気になるのは本末転倒。
それなら市販品をご機嫌に与えた方がマシってもんです。



あくまで無理のない範囲で、自分も手作りを楽しめたら一番ですね!



PICT9681.jpg

最近お友達から教えてもらったクッキーはコーンフレーク入り!
チュウイ~な食感がとても楽しいおいしいクッキーです。


ドロップクッキーなので混ぜていくだけの簡単レシピ!
気軽に作ってみてください♪


<材料>

薄力粉150g(ふるっておく)
バター130g
グラニュー糖40g
卵1個
チョコチップ50g
コーンフレーク60g(フロスティタイプ)


<作り方>

1、バターをクリーム状に練って砂糖を混ぜていく。
2、卵を少しずつ混ぜ合わせる。
3、薄力粉を入れて切るように混ぜる。
4、生地がホロホロとしてきたら、チョコとフレークを投入。
5、生地がひとまとまりになるよう混ぜる。(手で混ぜる方がやりやすい)
6、オーブンを160℃に温める。
7、スプーンまたは手で3センチの平べったい円形に形を作る。
8、160℃で20~22分焼く。
  


そうそう、いろんなタイプのコーンフレークがありますが
出来る限りペラペラの薄いタイプを選ぶのがコツですよ!


メーカーはケロッグのものが一番サクサクで美味しくできました。

スポンサーサイト
【2010/04/28 20:56】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
<<淡路島&讃岐 ご当地グルメツアー~うまいもんフェア編~ | ホーム | 太い!きんぴらごぼう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/241-79f06bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。