~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
心(しん)の薬 ラッキョウ



いつも宅配で頼んでいる有機野菜の中にラッキョウがあったので
夏に向けてラッキョウの甘酢漬けを仕込みました!




PICT0564.jpg 堂々のJASマーク付き!


PICT0580.jpg 土を落として軸と根を切ると
                  薄皮がむけます。



ラッキョウの下処理が済んだら
煮沸消毒した瓶に甘酢と鷹の爪を入れて
10日ほどで食べられます!

楽しみだなぁ~♪




ラッキョウは実は薤白(がいはく)という生薬なんですよ!

夏の暑さに弱い「心」をいたわるために、また
コレステロールが高く狭心症(中医学では胸痹といいます)予備軍には
日常から食べると良いとされる食材です。


こうやって作り置いた保存食で病気の予防をしたり
体調不良の時に「そうだ、あれがある!」と思えるものがあるのは
とても心強いですね。



そういったたくさんの’食であり薬にもなる食べ物’をご紹介したくて
夏に薬日本堂の薬膳実践講座でまた新しいテーマ
「食の薬箱」を開講することになりました!


薬日本堂 夏の薬膳実践講座「食の薬箱」
くわしくはこちら



そこでは体調不良の時にお薬に頼る前に
こんな食べ物、飲み物で改善してみましょう!と
お茶やスープ、おかず、保存食、民間薬や薬膳酒など
またまたレシピと効能をたくさんご用意してお届けしますよ~!



ぐっすり眠ってツヤ肌つくる「棗とくこの実の薬膳酒」や
風邪や花粉症の時に飲む「赤シソドリンク」
むくみ解消に「冬瓜の薬膳茶」
そうそう、去年の冬には5瓶も作った咳止め&のどの痛み止めの
「金柑のはちみつ漬け」などの保存食のほか
体調不良の時でもサッと作れて、いざという時役に立つレシピを
た~~~っくさんご紹介しますね!



どうぞお楽しみに!

スポンサーサイト
【2010/05/31 17:27】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<夏野菜の代表格 トマト | ホーム | 豆 食べてますか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/259-d9979c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。