~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
夏野菜の代表格 トマト


夏は陽の気が1年で最も高まり
暑邪が心を犯しやすくなるシーズン。


心が喜ぶ赤い食材であるトマトは夏の火照った体を緩やかに冷まし
汗が出てのどが渇く時や食欲がない時などにぴったりの食材です。



丸ごとトマトを熱湯の中にさっとくぐらせ(20秒~30秒)
すぐ冷水につけます。

すると皮がズルッとむけるので皮と緑のへたを取ります。

酢のものに使うような甘酢を作りしばらく漬けて
全体に味がなじむように置いておきます。



赤白緑のコントラストがかわいい
「トマトの丸ごと酢のもの」の出来上がり!



甘酢には昆布だしを加えると
トマトと昆布に含まれているグルタミン酸の旨みが引き立ちますよ~



夏の献立の一品にいかが?

スポンサーサイト
【2010/06/02 17:57】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<黒豆味噌で作るアンチエイジングみそ汁 | ホーム | 心(しん)の薬 ラッキョウ>>
コメント

香港より、いつも楽しく拝見しております・・・。
トマトの上の白いものは、クリームチーズですか? おいしそうですね~!
こちらのトマトは、皮がしっかりしているで、なかなか、生で食べていませんでした。  このように、皮をむいて調理すれば、おいしくいただけそうです。
【2010/06/03 09:30】 URL | MH #-[ 編集]
MHさまへ
今年の香港の雨季はいかがですか?
雨はやはり多いのでしょうか?


そうでしたね、トマトの皮が固かったですよね。
基本的に香港はトマトもスープに入れたり
炒め物にしたりと火を通して食べるので
皮の固さがあまり気にならないのでしょうね。

熱湯にくぐらせるだけで簡単に湯むきできますから
是非一度やってみてください。

コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!
【2010/06/04 13:28】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/260-acd946ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。