~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
悟りました
私、薬膳の授業で本当にたくさんの雑談をさせていただくのですけど
その雑談の中で「時代を感じさせる」類の話を良くするそうなんです。


自分では気づいていなかったんですが
生徒様からのご指摘あって
「あれで先生の年がだいたいわかった」って言われます(笑


後で考えても「え~?何を言ってたかな?年代物のギャグでも言ったのかな?」と
考えるのですが、ハッキリ覚えていないところはそれが雑談だから…。



よく生徒様からも「先生はおいくつですか?」と聞いていただけるのですが
包み隠さずお話しします!


自分の年齢に関してですが
ここ数年ジタバタジタバタしていたのですが
もうすっかり悟りました。

私がこの年だからといって誰に迷惑かけてる訳でもなく(笑
この年になったから感じる身体の変化などを
今まで学んできたことと照らし合わせて
体感していきたいと思っています。


今までの人生の中で出会った少し先を歩まれているたくさんの
素敵な先輩女性のその後を
ウキウキした気分でついていこうと思っています。


「あれはこういうことだったのか~」とか
「じゃあ、どうやって過ごしていこうかな」と
後付けでも自分の身体で実際に感じれるのを楽しみにしています。



事実、かつての自分の体に起きたことに関する記述は
テキストでただ読むよりもよっぽど頭に入ってくれます。
それを人様にお伝えする時には説得力が生まれます。



漢方薬もどんな味がするのか、どんな作用が身体に起こるのか
本当は漢方薬局に置いている薬の端から端まで飲んで試してみたい。


瀉(しゃ)の薬=身体の余分なものを下す薬は苦いものが多い
補(ほ)の薬=身体に足りないものを補う薬は飲みやすいものが多い
と習います。


強烈な下剤「大黄(だいおう)」は瀉下の作用が強烈と書いているが
本当はどのくらいすごいのかなとか。



私が生活の中で瀉の効能を持つ薬を飲むことはほとんど無いので
本当に、実際、どのくらい苦くて強烈なんだろう~?と
気になって仕方ないです。


自分の証はだいたいいつも同じだから
そんなにいろんな種類のお薬を試せるわけないのがすごく残念です。





話は戻りますが・・・




この大葉の気の効いたキャッチコピー(見える?左上)に
反応している私の年、分かりますか(笑


スポンサーサイト
【2010/07/17 11:35】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(4)
<<今日はお仕事でした | ホーム | 夏向きおススメドリンク~!>>
コメント
わかりますとも
きっと同じ年代だとおもっておりましたが、決定打をいただきましたp(^^)q

この借り受けた身体も飾りじゃないのですよね。
いかにポンコツでも身体の声に耳を傾けられれば、それなりに使える身体にできるのかなと、最近思えるようになりました。
【2010/07/17 16:43】 URL | ちぃやん #-[ 編集]

懐かしい~!「大黄」!!(笑)
香港で知らずに先生に処方されたとき、
お腹ピーちゃんになって外出どころじゃなくなって(爆)
masumiさんに相談したら「大黄入ってるからだよ」って
即答で教えてもらったことあったよねー♪♪懐かしい!!
大黄の凄さなら体感済みで~す☆(笑)

飾りじゃないのよ大葉は~♪ いただきっ!!
【2010/07/17 23:37】 URL | ふぇんふぇん #J/xinWb.[ 編集]
お、同年代でしたか!
たとえ虚証だとしても、その身体をいかに100%活かすか
そのお手伝いをするのが漢方薬膳です。

ほんとうにおっしゃる通り!

身体の発する声を聞きながらいたわっていけば
自分の持つパワーを最大限発揮していけるものなのです!!
【2010/07/19 15:24】 URL | Masumi #-[ 編集]
ふぇんふぇんさんも知ってた?良かった!
年下のふぇんふぇんさんがご存じだとわかると
かなり嬉しいですね~

そうそう、大黄入っていたね。

ドクターLの処方、
結構作用強烈の生薬出すんだよね。
見た目あんなに穏やかで温和な感じなのにね(笑
【2010/07/19 15:26】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/283-ec298b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。