~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日はお仕事でした
梅雨が明けたと思ったらいきなり猛暑の毎日ですが
今日は朝9時に車で仕事に向かいました。


朝はまだ外はそんなに暑くなく空気がとても爽やかで
高速道路の上り坂はまっすぐにそのまま青い空に続いているみたい!
フッ~と車ごと空に吸い込まれそうですごくいい気分!



さて、今日の授業で「夏の暑い時期と冬の寒い時期の
どちらの方が元気に過ごせますか?」と皆さまにお聞きしたら
3分の1が夏、3分の1が冬、3分の1は季節の変わり目だけが弱いという方。


なるほど~・・・。




私個人的には完全に夏強い派!!!


思いっきり好きなファッションを楽しめたり
多少無理しても大丈夫。

「暑いの大好き!夏万歳!!」って言ったら
3分の1の生徒様が「え~~~~~!!!」とのこと(笑



その分、冬にめちゃくちゃ弱い派~。

1年中元気そうに見えるでしょうが、
着るものは防寒対策第一優先、3つの首(首、手首、足首)しっかり保温。

そうやって身体をこれでもかといたわっていても
もともとこの世界に入っただけあって虚弱体質。
少しでも寝不足しようものなら、あっという間にどこかサインを発します。

冬はそれこそ必死で身体のバランスを崩さないよう
気を張って(!)気をつけなければやっていけません。


人も自然の中の一部。
それぞれ、体調のいい季節を1年で1番楽しみながら満喫しましょう!!





さて夏の暑さは「心」に負担がかかる季節。


「心」(=しん)は東洋医学では
①血液を全身に運行させる
②精神活動、意識、思考を統括する

臓器として、五臓の中でも一番のボス(王様)としての地位を占めて
臓腑の機能活動を主宰しています。


鏡で舌を見たときに他の部分より舌の先(先端)が赤い場合、
「心に火がある」状態です。

これがある場合、夜中何度も起きたり夢をよく見るなどの睡眠障害や
怒りっぽい、いつも心配事が多く胸がざわざわするなど気分が落ち着きません。
血液循環に障害があると、動悸や息切れ、不整脈などとなって現れます。



「心」によい食材といえば、五行学説の理論から「苦味のある食べ物」です。

セロリや緑茶、きゅうりやパセリ、三つ葉、ピーマン、など
それ自体に自然な苦味のあるものは適量採ると「心」の働きを助けますので
この時期意識して取り入れてみて下さい。
スポンサーサイト
【2010/07/19 15:13】 | 養生法 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<赤い食べ物で心の負担を軽減! | ホーム | 悟りました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/284-b87ccbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。