~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
酸味続きます~
PICT1173_1.jpg

クエン酸、クエン酸~~~
こう暑いと本当にあっさりした酸味のものが嬉しいですね。




というわけで家にある残り野菜でピクルスを作ってみました。

PICT1168.jpg

米酢     50cc
すし酢    200cc
きび砂糖   大さじ3
塩      小さじ2
ローリエ   1枚
鷹の爪    2本
粒黒コショウ 大さじ2分の1

を耐熱の容器に入れてチンします。
砂糖が溶けたらもう大丈夫!


くどいようですが私は「すご~く酸っぱい」というのがちょっと苦手なので
酢のものにすし酢を良く使うのですが、酸っぱいのが大丈夫な方は
全量米酢で作って下さい。


同じように酸っぱいのが苦手な方は、
コンソメ顆粒または昆布茶を小さじ2分の1ほど加えると
マイルドなマリネ液になりますよ。



きゅうりやだいこん、にんじん、セロリ
おうちになるもの何でも棒状に切って漬けるだけ。


個人的にはセロリときゅうりが今の気分~!
体内ののぼせや火照りを取ってくれます。
水分の多い野菜は半日も漬ければ食べられます。


大根&にんじんは漬かるのにもう少し時間差があります。
先にきゅうりやセロリを引き上げてくださいね~!
スポンサーサイト
【2010/09/01 08:50】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<酵素たっぷり♪ | ホーム | 素晴らしい!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/305-3f50c152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。