~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
おなかの弱いお子様のおやつに、イモ餅はいかが?
皮をむいたじゃがいもを茹でてマッシュし、イモの半量の片栗粉と混ぜてこね
塩少々で味付けて丸い棒状にのばしたら8ミリぐらいの厚さにスライスします。

フライパンに多めの油を熱し、炒め揚げして両面こんがりキツネ色に。
すると片栗粉に熱が入って、まるでお餅のような
もちもちしたおいしいイモ餅のできあがり~!

子供は大抵、脾(消化吸収機能)が弱いものですが、
イモ類は胃腸の働きを丈夫にする効果があります。
(胃腸を丈夫にするといってもガスがたまってお腹が張るような場合は
イモ類は不向きなのでその点は気をつけて)

中医学の五行学説では脾の臓器と密接に関係するのは「甘み」。
素材自体に自然の甘味を持つものは脾を強くする食べ物と言われています。
(ですが砂糖を使った甘いものの採り過ぎは胃腸を傷つけ弱らせるので注意)

自然の甘味を持つイモ類(じゃがいもやかぼちゃ、山芋)は胃腸を丈夫にするので、
脾の機能がやや弱く、風邪を引くと必ずお腹がゆるくなる我が家の次女にと、
おやつによくイモ餅を作ります。

フライドポテトと違って少なめの油でいためるように揚げるのがポイント!
味付けは塩だけなのに、ほんとにお餅のような
もちもちした歯ごたえがくせになります。

子供の友達が大勢遊びに来たときも、その食感が珍しいのか
これを出すとあっという間に売り切れて大人気!

たくさん作ったら、棒状に延ばした段階でラップをして冷凍もできます。
お子様のおやつに是非作ってみてください!



スポンサーサイト
【2008/08/26 20:56】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<レモンのパワーで気を動かす! | ホーム | ホームページができました~~!!>>
コメント

masumiさん、お久しぶりです!先週末、日本から帰って来ました。

何を隠そう、私とワンパク息子、日本での暴飲暴食が祟り、今胃痛に悩まされています。
(トホホ・・)
こんな時は、イモ類中心のお食事がいいんですね!!じゃがいも・長芋・かぼちゃ・・
この中で冷蔵庫に入っていないのは長芋ちゃん。
夕方、涼しくなったら買いに行ってきますWW
【2008/08/29 15:19】 URL | マダム #-[ 編集]

マダム~~~!!!日本の夏はいかがでしたか?おいしいものがいっぱいでどうしても暴飲暴食になってしまいますよね。山芋は火を通して食べてみてください。汁物に入れたり鍋の具にしたりすりおろして蒸したり。消化がよくお腹に優しいです。まだまだ暑い気候が続くでしょうからお体くれぐれもお大事に!また近況お知らせくださいませ~~
【2008/08/29 20:46】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/32-27d71a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。