~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
あなたのボディは築何年?
マイホーム。

初めはピカピカでも、そのうちに何年も経ってくると
それなりにどこかしらガタがくるもんです。


ボイラーの調子が悪いとか、床下とか建てつけが悪くなるとか
年数がたつごとに気になってくる場所が多くなってきますよね。




人間の身体もそれと同じ。
年齢=ボディー築○○年!!



たとえ気持ちは若くとも(笑)どうしても身体のほうは
その年月の分だけ酷使されているものです。


何年も使っていたらどこか調子が悪くなって当然!
それを放置せず、ボイラーが調子が悪ければ修理するように
身体も早い段階でメンテナンスしてあげることが大切です。




例えば中医の診察に「押すと痛くて腫れてて出血もある」という
患者さんが来られたら、ひとまず西洋医へ行って検査して下さい、となります。


西洋医学と中医学では「得意な部分が違う」ものなんです。


急性の症状がもうすでに出ているなら西洋医へ。
検査しても診察や検査数値に問題なかったのなら
そこからが中医学の出番です。



私も半日ドックでボディチェックだけは定期的にしています。

最近の検診施設はとてもスピーディーで、
検査開始の2時間後ぐらいには
血液検査などあらゆる結果がもう確認できるんです。

結果の説明を受けてホントに半日で終了。



自分の体調では特に「冷えないこと」と「血を不足させない」ことに
食で気を付けているのですが、毎年血液検査の鉄分の数値に注目!


今年も去年より、またさらに鉄分数値アップ達成していました!
やればやるだけ応えてくれるのもまたこれ、「身体」なのです。




まずは築ウン十年の傷み具合を数値でチェック。
問題なければ食事や漢方薬で気血水のバランスに注意しながら
自分の持って生まれた弱い臓器をずーっとフォローしていく。



おススメのボディメンテナンスの方法です!


スポンサーサイト
【2011/02/25 14:42】 | 養生法 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Happy Wedding!! | ホーム | いつもありがとうございます!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/379-a42b2e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。