~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大好き!アジアのご飯もの



私は「米(こめ)」がないと生きていけない。

だからヨーロッパやアメリカではなく
アジアの食べ物が好きになったのだと思います。


今日のひとりランチは簡単にササッと
「ナシゴレンともずくスープのカフェ風ランチ」
・・・なんちゃって!



最近はタイカレーの素だけでなく、ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)の素
というのがペースト状で売られているんです。

アジアの食もだんだんと身近になってきましたね~。

市販のペーストだけで出来上がったら味見をして、何となくいまいちだった時は
ダシしょうゆや鶏がらスープの顆粒などで味をつけ直したりもします。




アジアご飯の盛り付けは、丸く抜くとカワイイ~
それだけで現地の趣たっぷりです!


まず型抜きに使うお茶碗を軽く水で濡らしたら
一番初めにエビなどの目立たせたい具を先に入れ
それからご飯をぎゅ~っと詰めると、ひっくり返したときに
キレイにエビがトップに来てくれます。

きゅうりの薄切りを添えると、ごはん+おつけもの感覚で
アジアご飯がサッパリと食べられますのでおススメですよ~。



もずくスープは、即席と言っていいほど超簡単!
酸っぱいものが苦手な私がどうやってもずくを食べようかと行きついたレシピで
お吸い物の中に味付けもずくパックをそのまま入れてしまいます!

もずくなどの海藻はデトックス効果抜群のアンチエイジング食材。
酸味のあるものは春に摂るとこの時期に弱る肝が喜びます。




だし汁100ccに醤油少々、そこに味付けもずくのパックを開けて
漬かっている汁ごと50ccほど加えて火にかけます。
ごま油を少々たらり。
ごまと松の実をパラパラとして出来上がり!


酸味がまろやかになって食べやすい!
これならもずくパックそのままの酸っぱさが苦手な方でも大丈夫ですよ。


スポンサーサイト
【2011/04/28 15:13】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<猫猫さんでしあわせランチ♪ | ホーム | 困った時の韓国料理頼み>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/397-c0dc855c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。