~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
田舎風煮ものは多量がおいしい



やまぶきはちょっと細めの茎の若いふきで、きゃらぶきを作るときに使いますね。

茹でてあく抜きした下処理済みのものを義母が田舎から送ってくれました!




義母はいつも大きなお鍋に厚揚げとジャガイモをゴロゴロっと入れて
最後にこの茹でたふきを加えてさらにクタクタに煮るんです。



給食かと思うぐらいホントにおお~きなお鍋に
採れたてのジャガイモをむいては入れむいては入れ
皮の柔かいソフトな厚揚げをこれまた大きく切ったもの、
そこにドドドーっとだしと醤油、酒、みりんなどで味付けて
最後にふきを入れたら全体がしんなりくたっとなるまで煮る。



それぐらいたくさんの量を煮ると、3~4人分炊くのとは違って
なぜだかとっても美味しいのですよね~


はじめは使っているしょうゆが違うからこの味が出せないのか?とか思っていたけど
田舎の水そのものが美味しいのと、そこで採れた新鮮野菜の味がしっかり濃いからと
たくさん煮てある~っていうだけで何だか豊かな気持ちになるからでしょうか?



じゃがいもを煮崩れさせない様に、角のない木じゃくしで混ぜるのは
さも美味しそうなものをたくさん作り出しそうなぽっちゃりと柔かい義母のお手々。



働き者の優しいお母さんの手だ~っていつも思います。


スポンサーサイト
【2011/06/23 17:07】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<血を補う夏向けメニュー | ホーム | トロピカル気分♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/420-bfc755db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。