~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
海藻類の中でも珍しい増血作用



海藻類は夏場のデトックス食材として超おすすめ!


黒い食材で海のもの(鹹味)だから、薬膳を良く勉強されている方は
「腎を補うので冬向けじゃないの?」と思われることでしょう。


そのとお~~~り!!



が、しかし、海藻類はそのほとんどが体を冷やす「寒性」なのです。

ですから「腎を守るため、絶対に体を冷やさないでくださいね!!」とお願いする
冬場に、いくら黒くて鹹味とはいえ寒性の海藻類をおススメするのは気が引けます。


そこで夏場(特に梅雨時期)に脾が弱って水分代謝が悪くなってむくんだり
便通が思わしくない時、また夏場のアンチエイジングとして、
いよいよ海藻類の出番なのです!!



脾が悪くなると、五行の相克関係で次に腎をやっつけに行きますから
脾の弱りやすい梅雨時期から夏場にかけては次に弱るであろう腎まで
ケアするのが薬膳上級ポイント!


寒性の海藻類でも夏場に摂ることで冷え過ぎの問題なし。



水分の老廃物である湿や便をしっかり排出して
見えない痰を出してくれます。
体にはびこるこの「見えない痰」は原因不明の難病など
様々な病気の原因になるのですよ。


こんぶ、のり、もずくなどの海藻類は今せっせと摂って下さいね!



特にヒジキは、海藻類の中でも珍しく鉄分豊富な増血効果もあり!


まとめて煮ておけば冷凍できます。

その活用法といえば、ヒジキ入り卵焼き、ヒジキと豆腐のサラダ、
ヒジキと鮭とごまの混ぜご飯などなど、様々展開できま~す!


スポンサーサイト
【2011/09/05 20:36】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<薬膳指導士養成講座がスタートしました! | ホーム | 年に3度収穫できます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/458-33ce3aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。