~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
乾燥の季節、常備してますか?



背景を黒にしてあまり明るくしないでフルーツの写真を撮ると、
まるで油絵みたい。
なんちゃって!



乾燥の季節になったら、梨をお家に常備してください。


肺は元々、嬌臓(=弱い臓器)で、
空気が乾燥するととたんにその働きに影響します。

この季節はカラ咳が出たり、鼻やのどの粘膜がパリパリになり
風邪のウィルスにさらされやすくなります。




香港ではこの乾燥のシーズンになったら、皆が
競うように梨を買い求めるのですよ。

はじめは「梨好きの人が多いのだなぁ…」と、ただ見ていたのですが
薬膳を学んで、その意味がわかった時の感動!

喉が炎症を起こす前に、潤肺作用のある梨で肺を潤しておくことで
あらかじめトラブルを予防する、という素晴らしい食の知恵!

中医学は本来、予防医学だということを思い知らされます。





香港ではこの時期「梨と白キクラゲの糖水」という
トロトロの白キクラゲが入った梨のコンポートみたいなものをよく作ります。

白キクラゲのコラーゲン含有量は特筆ものなので
このスープは梨と白キクラゲのダブルで肺を潤す
超美肌スイーツとなるのですよ。



その季節が及ぼす身体への悪影響をあらかじめ回避するため
私たちも咳が出たり、のどが痛くなる「前」に
梨で肺を潤しておきませんか?




PICT3257_1.jpg

最近ハマっている、リンゴカッター。
直径12センチのパイナップルにも使えます。

一気に芯までくり抜いて、一瞬で8等分というスグレ物です!
スポンサーサイト
【2011/11/11 23:25】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<寒くなりましたね | ホーム | 様々なステージに生きる女性を応援します!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/488-79ae7f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。