~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本人に受け入れられる薬膳づくり

 気分すっきり 夏の潤い豚しゃぶ 薬膳ごまだれ



プロの方に頼んで自分のHPを作っていただくにあたり
「薬膳っぽい料理の画像をたくさんください」とのことで
自分の撮りだめた薬膳料理の写真を改めて見て初めて気がついたのが
私の作る薬膳料理は薬膳料理っぽく見えない、ということでした。


HPの画像はパッと見ただけで「薬膳のサイトだ」と分かる必要があるので
いろいろ探してみたのですが、それがほとんど無いんです!


HPを作ってくださった方も膨大な画像の中から
必死でそれらしいものを探してくださったことと思います。


PICT0532.jpg
 せいぜいこれぐらい・・・なつめとクコの実の甘露煮


それもそのはず、私は常に薬膳料理をどうしたら薬膳っぽく
見えないか、という意識で作っているからなんです(笑


香港で学んだ薬膳料理はそれはそれは薬膳料理の色が濃く出ていて
いろんな根っこや葉っぱや鶏の頭や手首やら実やら種やら浮いている感じ。


でもこんなに興味を持って習っている大好きな薬膳でも
さすがにこれをそのまま出したのでは家族は誰も食べてくれないだろうな、
というのをいつも感じていました。



香港と日本では人々の生活の中での薬膳の根付き方も認識も違うし
小さいころから当たり前のように食べ慣れてるかそうでないかは
薬膳を日本で取り入れていくうえで大きな壁になるだろうなと思いました。



PICT9413.jpg
 子供の胃腸強化のキッシュ


薬膳を習いに来てくださる生徒様はいつも大変ご熱心で
ご自身だけでなくほんとにご家族の健康を心から願って
どうしたら強い体を作ってあげられるのか一生懸命勉強しておられます。


でもいざご家庭で良かれと思って頑張って作った薬膳を
家族の誰も手をつけない、喜んでくれないとなると
それだけでいっぺんにがっかりしてしまいます。


健康や美容に良いと分かって頑張ってくれるのは女性だけで
子供やご主人さまは嫌がる方がほとんどです。



そんなことを私自身も自分の家庭でも何度も何度も繰り返し、
どうしたら家族が食べてくれる薬膳を作ることができるのか
あの手この手でやってみたところ、
とにかく「普通の料理が実は薬膳だったという風に作る」
と結論に達しました。




それからは生薬を使っていることをわからないように
処方の煮出し汁を煮物に混ぜたり、細かく刻んでひき肉に混ぜたり
タレといっしょに和えて存在を感じさせないようにしたり。

そうすればするほど私の料理は見た目薬膳料理ではなくなっていきました(笑



001.jpg
 クコの実とセロリ入り 食べる目薬ニンジンポタージュ



これから料理を撮影するときには
多少薬膳っぽく見えるコーディネートにしなければ!と
最近心がけています(笑



日本でもいつか近い将来、本格薬膳料理が食卓に並んでいても
老若男女何の抵抗もなく普通に受け入れられている日がくればいいな・・・と
心から願っています。









スポンサーサイト
【2012/02/23 08:59】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<春一番の山の薬 | ホーム | 本を出版いたします!>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/25 12:16】 | #[ 編集]
damigon08さまへ
いつもコメントありがとうございます!

10年早い、という言葉がありますが
歌舞伎の最中、そのフレーズが頭の中でこだましていましたわ・・・

薬膳を取り入れた家庭料理のお仕事
ぜひ頑張ってくださいね!!
【2012/03/07 16:30】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/524-27caa93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。