~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
春一番の山の薬



まだまだ寒さが続く早春、一番早く芽吹く山菜、ふきのとう。

款冬花(かんとうか)という名前の生薬で、咳止めの
お薬として使われます。



激しく咳が出るときに、ユリ根と一緒に調理すると
咳止め効果が高まります。


山菜はてんぷらにするとおいしいけど
咳が出るときに揚げ物はNG。


だから酢味噌和えとか、お浸しなどがおすすめの調理法です。



春の山菜の多くは解毒の効果を持ち、
春に負担が強い肝の解毒を助けます。


「毒おろし」の効果がある食材や薬は体を冷やすものが多いのですが
まだまだ寒い早春の体に負担がかからないよう
春が来るか来ないかの時期に芽吹く山菜は体を温める温性です。


素晴らしい自然の摂理!!
ありがとう、山の恵み!!!






スポンサーサイト
【2012/02/27 18:58】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<離れていても大好きです! | ホーム | 日本人に受け入れられる薬膳づくり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/525-98649051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。