~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
我が家の大好物
DSC00231_1.jpg

我が家の定番食、それは餃子!




餃子は油っぽい料理?

使う油をごま油にして、量をごくごく控えて使い、
餃子の中身の具を季節や体調に合わせてバリエーションをつけると
餃子でも野菜がたっぷり摂れる立派な薬膳になりますよ!




豚ミンチ、キャベツ、ニンニク、生姜の時もあるし
エビ、にら、ニンニクの時もあるし
白菜やキムチや青梗菜を入れる時もあるし
その日の体調や天気に合わせて具を変えて作ります。




皮から手作りするときは、フードプロセッサーで簡単に。

ほうれん草やにんじんを茹でてペーストにしてから皮に練り込んで水餃子に。
緑やオレンジの色のきれいな色の餃子になります。




香港で好きだったのは香菜がたっぷり入った翡翠餃子!
こちらでは香菜(シャンツァイ)は少ない量で結構高いので
さすがにあんなにタップリは入れられないな~(+_+)

あの強烈な風味は、香菜が好きな人にはたまりません!





DSC00219_1.jpg

毎回90個、餃子の皮3袋分を黙々と包みます!






DSC00226.jpg


ごま油を薄くひいたホットプレートで焼いて、焦げ目がついたら
ごく薄く片栗粉を溶かした水を加えて、蓋をして蒸し焼き。


仕上げにまた軽くごま油を振りかけると、
水溶き片栗粉がしっかりハネになります!


これを黒酢と生姜のたれで。





具にバリエーションがつけられるものは(カレーやキッシュ、餃子など)
季節に合わせて具を変化させてみてね~
スポンサーサイト
【2012/06/04 14:29】 | 薬膳 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<美肌の大敵! | ホーム | 日本人の体質に最も合う野菜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/557-de1ad292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。