~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
3カ月間本当にお疲れさまでした!
本日、上海中医薬大学付属日本校の中医薬膳指導士養成講座の
2期生の皆様が、全てのカリキュラムと資格認定試験をお受けになり
無事全員ご卒業されました!


本当におめでとうございます!そしてお疲れさまでした!!




皆様に初めてお会いしたのは、つい先日のことのような気がします。


コース期間中は「どのようにお話したらわかりやすいか?」
「もっと他にお話できることはないか?」を四六時中気にしているので
心の中はず~っと走り続けているような気になりますが
こうして終了の日を迎え、校長から修了証書を授与されている姿を拝見していると
ホッとしてるような気もするし、もう走らなくていいんだという
気が抜けたような脱力感を、1期生ご卒業の時と同じように感じております。



今回の皆様には「この3カ月間ヘドが出るほど勉強してください!」と
初回にお話したため、皆様さぞ驚かれたことでしょうが(笑
公私ともに非常にご多忙ななか、皆様本当に熱心に励んで下さいました。


ホントにホントにお疲れ様でございました!!!




しかしテストが終わったとたん、休む暇もなく
来週水曜日は「第1回症例検討会」でプロになる練習!(笑


頭の中がホットなうちに(笑
弁証の立て方や、適する食材の引っぱり方、レシピの組み立て方
さらには人に見られながら話すことに「慣れて」みましょう!



今日を含め、数日はどうぞゆっくり休んでください!
また来週水曜日にお会いできるのを楽しみにしております(笑!!




スポンサーサイト
【2012/07/18 20:48】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
<<愛情薬膳弁当④ 洋風薬膳 | ホーム | 家庭薬膳コース 7月の単発薬膳セミナーのご案内(奈良学園前)>>
コメント

ヘドが出る程勉強…恐ろしい;;
でも短時間でマスターしようと思ったらそれくらいの気持ちで勉強しないと身に付かないんでしょうね
あたし実は通信教育ですけど薬膳の勉強始めたんです
ヘドが出る程…なんてお話の後で言いづらいですが^^;
で、食材の効能について1冊本を買うことをオススメしますって担当の先生がおっしゃっていて購入しようと思うのですが、食材の本に関わらず、薬膳勉強するんだったら読んでおいた方がいいという本などありますか?
なんだか色々ありすぎてどれ選んだらいいのかさっぱりで^^;

↓奈良在住です^^
ナゼに名古屋なんでしょうか(笑)
【2012/07/20 20:42】 URL | keiko* #-[ 編集]
keikoさまへ
コメントありがとうございます!

薬膳の本の件、お伝えさせていただきますので
info@orientalwise.comまでメールをいただけますか?

宜しくお願いします~
【2012/07/23 07:54】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/572-ce8b851c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。