~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
愛情薬膳弁当⑤ 京風弁当

   サバのみぞれ煮
   桂花醤の煮玉子
   京風煮物
   赤ピーマンの酢のもの
   銀杏ごはん 昆布とシイタケの旨煮添え


昨日は洋風だったので、今日は純和風で!





ぎんなんは咳止めと頻尿のお薬です。

咳をし始めたら、食事は脂っこいものと冷たいもの、
甘いものは一切やめて、超あっさりにします。

おやつもチョコレートとかアメ、スナック菓子は余計に咳を誘発しますので
せいぜいおせんべいのようなものにしたほうがいいですね。



咳は放っておくと癖になって長引くため、し始めのケアが肝心!






きんもくせいの花の乾燥「桂花」は香りがとても良くて
これをはちみつ煮した自家製桂花醤(けいかじゃん)を作って
紅茶に入れたり煮物の香り付けに使っています。

これを今日は煮玉子の甘みに入れてみました。




”煮玉子いろんなバージョン”をいろいろ試してみて
お弁当に一番おいしいレシピを探しているところです。






そろそろ普通の白いご飯にしてくれ、と子供からクレーム出そうだな~




スポンサーサイト
【2012/07/24 08:28】 | 薬膳弁当 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<愛情薬膳弁当⑥ 夏野菜たっぷり弁当 | ホーム | 愛情薬膳弁当④ 洋風薬膳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/574-175d9403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。