~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
甘味料改革~!
実を言いますと私・・・

甘いものが大大大好きなんですぅ~~~~!!!
はぁー。言ってしまった。

この嗜好が私の体質を造っていることも
よ~く存じ上げております。

料理研究家の一連のレシピ本を見ていると良くわかるのですが
同じメニューでも人によっては砂糖を結構使うレシピを出している人もいれば
砂糖を使わず同じメニューを書いている人もいますよね。

人それぞれが「ちょうどおいしい!」感じる
甘さや塩加減の好みを反映しています。

白砂糖は取りすぎると体を冷やし血の流れを悪くする上
甘みというものは「もうすこし、もうすこし」と少しずつ量が増えて
だんだんとある程度の甘さ以上ないと物足りなく感じてしまいます。

結構、甘味依存症の方は多いのではないでしょうか。
私も疲れたときなんかは「甘いものぉぉ!!特にあんこ系指定!!!」と
体が叫びます。
食事の後にも、ほんのちょびーっとでいいのですが甘いものがあると
「大満足」。

以前も書きましたが、甘みと関連深いのは「脾」=胃腸
適度な甘みは胃腸機能を活発にしますが
取りすぎると一番に悪くなる臓器でもあります。

そんなこんなで数年前から白砂糖を極力
三温糖や黒砂糖に替えて使っています。
最近の流行は「てんさい糖」。
オリゴ糖が入っておなかに優しいんです。

そうは言ってもどうしても白く料理を仕上げたいときもありますよね。
健康的な献立とされる酢の物も、やっぱり多少は
甘さを出しておかないと味がとんがって食べにくいものです。

そこで!
近頃ははちみつを砂糖に置き換えてかわりに使っているのです。
これがおすすめ!!
酢のとがった風味を和らげますし、色も白いままで上品。



お肉の照り焼きに、砂糖やみりんの代わりとしてもgood。
そういえば「ポークのハニーマスタードソース」というメニューを
前に本で見たことがあり、お肉にも使えそうと試みたところ
照りも出て見た目もおいしそうに仕上がりました!

はちみつは体の潤い(気・血・水の「水」)を増やして肺へ作用し
空咳を止めたり、腸も潤すのでお通じを快適にします。

皮膚や粘膜を守るので、喉のイガイガするときに
はちみつ大根の汁を飲むといいというのは
よく知られたおばあちゃんの知恵ですよね。


あんこにも代表される甘い煮豆も大好きなんですが
豆一袋では少なくとも砂糖を150g前後は使わないと、
そこそこのおいしさはだせません。

そこで、半分てんさい糖で半分はちみつで作ってみたところ
満足の甘さの煮豆ができました。

大豆はゆでて、十分やわらかくなってから
てんさい糖とはちみつを加え最後にしょうゆを少したらしています。
IMGP1345.jpg

ご存知だと思いますが、はちみつは1歳未満のお子さんには
あげないでくださいね。念のため。


スポンサーサイト
【2008/10/30 11:42】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(2)
<<お砂糖事情 各国いろいろ | ホーム | 秋です~。焼いも♪>>
コメント
同じく甘党です☆
我が家は三温糖で料理からケーキまで使っています。
ちょっと割高ではあるけれど・・・もちろん、はちみつも使います。

母親から「白い食べものより、黒いものよ!」といつも言われていて、砂糖まで黒かい?!と
思ったこともありましたけど・・・

DHCから「カラダ巡る直火焼きカレー 気・血・水」っていうのが販売されていてビックリです。
東洋医学のことが広まっていくのが嬉しいです。
【2008/11/02 23:39】 URL | meme #CHbLV.HQ[ 編集]

memeさま~

ケーキまで三温糖ですか!
すごいです!

お母様の食卓もさぞ身体にいい
メニューぞろいだったのではないでしょうか。
素晴らしいですね!!



【2008/11/04 19:42】 URL | masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/58-306d79c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。