~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
四国三県を回ってきました ~愛媛県郷土料理編~
愛媛で出会った郷土料理の数々をご紹介します!


まずは新居浜港での「白じゃこのから揚げ」!

P1020783.jpg

これがサクサク、中がしっとりふんわりでとってもおいしいのです!!

関西でじゃこといえば「ちりめんじゃこ」ですが
こちらは頭とはらわたを取った状態で3~4センチのサイズ。

これをカリッとから揚げにしてあるのですが
食感はただ「カリカリ」だけでなく、ちゃんと身のふんわり感もしっかりあります。



次に「鯛めし」!

愛媛県は縦に長い地形のため、同じ名前のメニューでも違うものが出てくるらしい。


例えば、県庁所在地松山市では鯛めしと言えば鯛の釜めし。
P1020870.jpg


ところが愛媛の南部、愛南町で鯛めしと言えば、
こちらのような鯛どんぶり。
P1020959.jpg

どちらも甲乙つけがたい美味しさですが、
生卵とたれに絡めて食べる愛南町の鯛めしが忘れられません!!






鯛でもう一品、「鯛そうめん」!


こちらはゆでたそうめんに「鯛の煮つけ」または「塩焼きの鯛」の身をほぐして乗せ
甘めのつゆをかけて食べるという郷土料理。

P1020881.jpg
こっちが鯛の煮つけで



P1020936_1.jpg
こっちが塩焼きの鯛のほう。


これは香ばしさも加わった塩焼きの方が好みでした!






「じゃこ天」も有名~

P1020867-1.jpg

こんな感じで食べた揚げたてのじゃこ天が素晴らしくおいしかったです!!

同じものかどうか分かりませんが、じゃこカツというのもありましたよ。

P1020849.jpg




最後に「かつお」の刺身!

関西では傷みが早いかつおはたたきとして食べますが
この辺では新鮮な採れたてを刺身で食べるのが普通だそうです。

P1020947_1.jpg

こんなに分厚くても全く生臭みなし!
2日連続、毎日感動しながら刺身のかつおを頂きました!
スポンサーサイト
【2012/08/19 08:02】 | 日本の薬膳料理 | コメント(0)
<<四国三県を回ってきました ~高知県しゃえんじり編~ | ホーム | 四国三県を回ってきました ~砥部焼編~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。