~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
愛情薬膳弁当⑯ 補陰弁当
PICT3823-1.jpg

    白きくらげ入りハンバーグ
    ベビーホタテの生姜煮
    ひじきと大豆の煮物
    つるむらさきの菊花胡麻和え
    かぼちゃのいも餅
    黒米ごはん



お昼はまだまだ暑いですが、そこかしこに秋の気配。
街でもカラ咳をしている人を多くみかけます。


こうなってきましたらそろそろ潤いを補う方向で
秋の食支度をしないとなりませんね。


汗で体液が失われ、誰もが体が乾いている状態ですから
そろそろ潤い(陰)を補う補陰の養生を始めましょう。





補陰するには「血」と「水」を増やすこと!

ハンバーグにはいつもの混ぜ込み作戦で白きくらげのみじん切りをたっぷり。

ホタテのような海の貝類は「補陰」に最適な食材です。

つるむらさきの黒胡麻和えとひじきで血を増やし

菊花が上部にこもった熱を冷まします。

いも餅は今日は粘膜を保護するかぼちゃで作りました。




よし、これで補陰は完璧!と思っていたら、
長女、お弁当持っていくの忘れてる~~~~




昼休み前に車で届けました・・・(T_T)
スポンサーサイト
【2012/08/23 12:56】 | 薬膳弁当 | コメント(0)
<<愛情薬膳弁当⑰ 薬膳ダレ漬け焼き鳥弁当 | ホーム | 愛情薬膳弁当⑮ ハスの実ごはん弁当>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。