~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今までにない上級者向け薬膳講座がスタートしました
9月実践会蕁麻疹・乾癬④
                
今月9月から、第二木曜日に大阪で新しい薬膳講座
「症例別 薬膳実践会」を開催し、昨日は記念すべき第一回目、
急な日程にもかかわらずお陰さまの満員御礼で終了致しました。


本当にありがとうございました!!




新しい講座のカリキュラムと詳細はこちら




さて、この講座は私、赤堀真澄が中医学の弁証施膳を、
調理の天才、黒川真妃子先生が薬膳調理を担当し
1日で弁証施膳と調理実習を学べる全く新しい講座にしました。




黒川先生とタッグを組んで一つの講座を開催した理由は、
今まで薬膳をずっと学んでこられた方の


「さらに一層臨床の現場の状況を知り
より多くの身近な症例について証を立てられる訓練をしたい!」


または

「たくさんの症例に対する薬膳調理法が知りたい!」という
多くの声にお応えするためです。




毎月決まったテーマから、証を立てる練習をし
その証に処方する漢方薬の中身の分析をする。

そして同じ効能、同じ帰経から食材をピックアップし
処方と同じ薬効を持つ食材を組み合わせて
漢方薬のごとく「本当に効くレシピ」で薬膳を作れるようになることが目的です。




昨日のテーマは「じんましんと乾癬に対する弁証施膳と薬膳調理実習」



血熱タイプの乾癬やじんましんの食事を
清熱解毒の基本処方である「黄連解毒湯」をもとに、

また疲れるとじんましんが出るという血虚生風の食事に
養血袪風の基本処方「当帰飲子」をもとに



こんな献立が出来上がりました!


9月実践会蕁麻疹・乾癬メニュー②
       手前が黄連解毒湯と同じ薬効のある食事                         
       右手奥が当帰飲子と同じ薬効のある食事



漢方処方を煮出した汁を料理に入れる作り方ではなく、処方の中身の生薬と
同じ薬効を持つ食材を一つ一つ組み合わせた調理方法でお伝えしていきます。




テーマとなる症状の病因病機から証を立てる訓練ができ
漢方処方を分析して同じ効能の食材を知れる。

またそれらをもとにその体の状態に合わせた調理法で
本当に効く薬膳を作れるというのがこの講座の最大のウリです。





ほとんどの方が半年単位または1年を通してお申し込みいただきましたので
10月の講座には若干名の空きがあります。


様々な薬膳講座を受けて来られても今一つ薬膳がわからない方、
様々な症例の弁証の訓練をしたい方、
体の状態にあった薬膳調理を知りたい方は是非お待ちしております!!




講座のカリキュラムと詳細はこちら
スポンサーサイト
【2012/09/14 15:21】 | Daily Life | コメント(0)
<<神戸に香港スイーツ店がオープンします! | ホーム | 増刷決定しました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。