~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
冬の薬膳弁当4
山薬ご飯弁当
   黒きくらげたっぷりハンバーグ
   ホウレンソウの黒胡麻和え
   しいたけと豚肉と黒きくらげの炒め煮 松の実トッピング
   ニンジンのグラッセ
   卵焼き
   山薬ごはん



山薬(さんやく)の正体とはやまいも。

脾・肺・腎の弱りからくる虚証体質改善には最適の生薬です。



生薬の状態だとチョークのように粉っぽく見えますが
水で戻して火を通すとこのようにほくほくっとイモに戻ります。



水分代謝も正常にするので、アレルギー体質持ちの方や
湿疹が出やすい方、だるい、むくむ、いつも眠いという方にもぴったり!

山薬が手に入らなければ普通の野菜の山芋を角切りにして炊き込んでください。





今日のおかずは特に全体的に黒っぽくなったので
ゆずを半分に切って中身をくりぬき(指で簡単に取れます)
ゆず釜にして自然の色を足してみました。


まわりに香りが移ってとてもさわやか!
おかげで気も流れるし!



やっぱり野菜を器にすると(トマトとかかぼちゃとか)
それに勝る風情のものは他にないですね。




   
スポンサーサイト
【2012/12/27 15:27】 | 薬膳弁当 | コメント(0)
<<明けましておめでとうございます | ホーム | 冬の薬膳弁当3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。