~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
春は酸味をとりましょう~!
ピクルス_1

季節ごとに弱りやすい臓器があり、春といえば「肝」をいたわるシーズン!


肝は五臓の中でも剛臓で、気血の流れを司ったり解毒をしたりと良い仕事をしますが
とても気性の激しい性質な上、ストレスに非常に弱い臓器です。


ストレスを感じると途端に影響を受ける「肝」は気血の流れを司る場所なので、
それらの流れがあっという間にストップしてしまいます。


「気」が流れなくなると身体のサイドの部分(片頭痛、脇や胸)に張った痛みが出たり、
すぐイライラするかと思えば逆に不安や憂鬱な気分になったりと精神不安定に。


「血」が流れなくなるとシミやくすみ、肌荒れ、子宮筋腫や内膜症などの婦人科疾患、
高血圧や動脈硬化など血に関連する大きな病気の原因となることも。


また血のめぐりの良さはストレスに対する耐性を作りますので
血が流れなくなることで余計にストレスに反応しやすくなるという悪循環にはまります。





そこで、この時期おススメの食材は肝の大好きな「酸っぱいもの」!!
酸味を積極的に取り入れたメニューは春の薬膳によく登場します。


皆様もこの時期トラブルの出やすい「肝」をいたわるため
意識して酸味を摂るようにしてみてくださいね~♪

スポンサーサイト
【2013/04/10 20:24】 | 薬膳 | コメント(0)
<<五臓に作用する万能果物 りんご | ホーム | 我が家の薬棚>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。