~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
目の充血の薬になります


とても立派な緑のカーテンを育てておられるお家から
ゴーヤをいただきました!


2年前に節電!と思ってうちでもチャレンジしたことがあるけど、
結局スカスカで全くカーテンにならなかったことがあり(笑)
こんなに立派なゴーヤがたわわに実るなんて、お世話がどれだけ大変だっただろうと思うと
もったいなくて食べられないから、まずは写真に撮ろう(*^_^*)




ゴーヤは熱中症予防に体の熱を取ったり
皮膚のできもの腫れものを小さくしたり
体内の毒素の解毒に使われる以外に、
目が赤く充血している時や目の疼痛がある時、眼病の薬としても使えます。


ゴーヤは瓜類で湿熱を取るのが得意だから、竜胆潟肝湯を眼の病に使う時と
効能の用い方が似てるなぁ~。


ここまで考えると
「菊花も目の充血など目の炎症症状に使うけど、ではゴーヤとどう使い分けるの?」
という疑問が湧きませんか?


同じ目の充血、どちらも使えど、

菊花は肝陽が上亢して目が赤い時
ゴーヤは脾胃にたまった湿熱邪が上に上がって目が赤い時

に特に最適!ということになります。




こうやって一つ一つ見ていくと、それぞれ食材にはキャラクターがあって
それを紐解いていくのは本当に興味深いですね!
スポンサーサイト
【2013/09/09 21:14】 | 薬膳 | コメント(2)
<<下半期も頑張ります! | ホーム | 9月29日(日)薬膳特別講座のご案内>>
コメント

勉強になります!
目の充血にいいのは知りませんでした〜
色々知れば知る程頭の中こんがらがりますが^^;
こんがらがってるうちはまだまだなんでしょうね〜
ちょっとずつ消化していければと思って勉強続けます!
こちらでも勉強させていただきますね( ´ ▽ ` )ノ
読み逃げさせていただく時もありますが…^^;
【2013/09/11 09:24】 URL | keiko* #-[ 編集]
keikoさま
いつもコメントありがとうございます!

食材も突き詰めていくと「こんな効能も?!」というのを発見してしまい
今まで知っていた効能とどう折り合いをつけるか(笑)で迷うこともありますね。

お互い頑張りましょう~、楽しみながら♪♪♪
【2013/09/11 18:00】 URL | Masumi #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。