~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
花粉症のシーズン到来間近!
そろそろ花粉症のシーズンですね。

今まで7年以上も日本を離れていて
ここ数年はほんとに春先、楽をさせてもらいました。

しかし今年はいよいよ、シーズン初めから終わりまで
花粉を思いっきり吸い込むことになります。
もともと目と鼻両方に思いっきり症状が出るタイプなので
さて、どうやってこの時期を乗り切るか、現在対策を立てているところなんです。


まずは漢方薬。
早めに「肺」の気を十分に補充しておき、皮膚の表面の衛気
(ウィルスや有害物質をブロックする力)をつけておきたいと思います。

肺気を補い、身体にバリアを張る
玉屏風散(ぎょくへいふうさん)をもう2月初めから飲み始めています。
これは風邪予防にも効果がある処方です。

後は、身体に余分な水分があると、それがだらだら鼻水の原因になるので
「健脾化湿(けんぴかしつ)」を徹底します!
お腹を強めて、余分な水分を溜めないように、
この時期は茶飲みな私も水分摂取量には十分気をつけます。

症状が出たらまず小青龍湯(しょうせいりゅうとう)を飲んで
効き目が弱いと感じたら石膏を足します。
鼻水、鼻づまりがひどい時は蒼耳子散(そうじしさん)も
すでに用意してあります。

後は食事ですね。
これはおいおいレポートします!

なんとか漢方と食療のみで、西洋薬を飲まずに
このつらいシーズンを乗り切れるといいな~と思っています。


注:記載の花粉症の処方は私自身の体質に合わせたものです。
  ご自身の体質にあったものを薬剤師さんにご相談くださいね。



スポンサーサイト
【2009/02/09 12:57】 | Daily Life | トラックバック(0) | コメント(0)
<<冬はやっぱり韓国料理! | ホーム | 趣味に没頭30分!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://orientalwise.blog7.fc2.com/tb.php/83-8aa7600d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。