~薬膳therapy~  WISE CAFE
漢方・薬膳生活で毎日元気で快適に!東洋医学の知恵を日々の生活に楽しく取り入れる方法を、一人でも多くの方と分かち合いたいというのが願いです。どうぞごゆっくりご覧ください!ウェブサイト:ORIENTAL WISE http://www.orientalwise.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
台湾の美味しいもの③ ~夜市編~



朝を食べたら夜も食べます!!


台湾での夜市ははずせませんよね~~~




P1010013.jpg

P1000996.jpg
P1010012.jpg

色んな屋台があって、とっても楽しそうでしょ!!!



その中でもピカイチ美味しかったのがこちら!!

P1010023.jpg

・・・あんまり美味しそうに見えないですけどこれ「葱油餅」。

サクサクパリパリの生地に目玉焼きがくっついていて
何とも言えないおいしい甘辛いタレがかかっているのです!


台北ウォーカーでも紹介されて、芸能人のサインが店の看板に
いっぱい書いてあるほど有名店の葱油餅の屋台!

P1010024-1.jpg






P1000997.jpg

屋台の漢方スープを飲みました。

P1000998.jpg

この味からして当帰とナツメは絶対入っているはず!






さぁ、そろそろゲテモノ行きます~~~???

P1010002.jpg

ハイ!これ、猪血湯!!

豚の血の固めたやつで~す!


香港でもありましたよ~、でも食べられなかった。
でも自分、それでいいのか?それでアジアの薬膳を語れるのか!?と
わが身を奮い立たせ、食べてみました~1個の半分!(笑


味は悪くないのですよ、食感も別にどうというわけでもないし。
ただ頭の中でぐるぐる回るのです、加工前の状態が。





お次は臭豆腐!!

P1010005.jpg


これ、ほんとに「クサッ!!!!!」

辺り一面くさい匂いが漂います!!!
・・・が、さすが台湾人は平気のへの字。


なんで?この匂いでなんで??と一人激しく辺りをキョロキョロしつつも
これも食べずには語れません、台湾料理!


P1010006.jpg

揚げ臭豆腐は初心者向きとのこと。


P1010007.jpg

テーブルに運ばれてくると、わお~~~なお臭い!!


カメラを持つ手元が狂って変なモードになってるのを知らず
慌てふためきながら撮った写真でごめんなさい!

盛られてきた皿に日本語で「おいしい」って書いてあった(笑



口に入れるまで臭かったけど、それより先は結構美味しい。
ソースと添えてある野菜をたっぷり乗せて食べるとホントに結構美味しい・・・





はぁ~・・・、これも修行ですね!!

【2011/08/13 15:54】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(1)
台湾の美味しいもの② ~朝ごはん編~



早い時間から朝ごはんが充実しているのも良いですね~




本場の鹹豆漿(具だくさん豆乳スープのようなもの)を食べました。

これはレシピ本で見て、自分でも日本の家で作っていましたが
本場のは思った以上に具がたっぷり!!


P1000929.jpg

油條やザーサイや干しエビだけではなく、じゃこも入ってた!

食感や味は本場に近い、なかなかいい線いってました。



P1000930.jpg

香港でもお粥に入れる油條ですが、この店では手作りの実演があり
食後にそれを側に立ってジ~~~~ッとしばらく見せてもらいました!


延ばした生地をカットしたら、細い棒状の生地を2枚重ね、
定規で真ん中に線をつけていき、両端を手で引っ張ってチョリソーのように
ビヨ~ンと延ばしたらつぎつぎ油に放り込んでいきます!

めちゃやってみたかった・・・





P1010028.jpg

別の日の朝ごはんには魯肉飯を!


ゴーヤスープにはパイナップルが入ってた。
南国の趣たっぷりですね!


揚げ豆腐には甘いソースがかかっています。
これ、臭豆腐ではないですよ、臭豆腐についての記事はまた次回ね!!


P1010026.jpg

魯肉飯がとってもおいしくて、スーパーに立ち寄り
これの肉みその素を買って帰ってきました。


ひき肉と干しシイタケを用意すればこの素で魯肉飯が家でも食べられる♪



P1010098.jpg

もち米のおにぎり、肉団。



この中にも実は油條が入っていたのですよ~、びっくり!

日本ではお弁当などを詰めたときに揚げものの油がご飯につかないように
仕切りをしたりするのに、おにぎりの中の具に油條を入れるとは!!



油條はまだまだいろんな方法で食べられていました。

温かい豆乳に油條を浸して食べたり
冷たいピーナッツ入りの甘い飲み物に浸して
「つけパン」ならぬ「つけ油條」がポピュラーなようでした!



【2011/08/12 08:05】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
台湾の美味しいものいっぱい①


そろそろ台湾で出会った美味しい食べ物についてご紹介しま~す!


アジア各地、いろんなおいしい麺がありますが
台湾で一番初めに食べたお料理がこの「度小月」の担仔麺!


P1000868.jpg きしめんのような太麺と

P1000869.jpg 糸のような細麺があります


ともに米から作られる麺ですが、もちろん玉子めんもありました。



昔、漁師の一家が、海風が強くなって漁ができなくなる
4月から10月までの小月と呼ばれる時期に
一家を養うため麺を担いで売り歩いて評判になったのがこの店の由来だとか。


小月の度に麺を担いで売り「度小月担仔麺」という名前が付けられたんですって!

なるほど!!!



香港の坦々麺はピーナッツバターがしっかり効いた味だけど
台湾は脂身のない醤油味の肉そぼろにエビのだし、にんにく、黒酢が
入っていて全くの別物でした。


私が日本人だからか「香菜(シャンチァイ)は入れて大丈夫か?」と聞かれ…

「全然、オッケー!!!山のように乗せて下さい!!!」




さて、夜は台湾料理レストラン「鶏家荘」へ。

台湾料理をオシャレにモダンにアレンジした観光客用のレストランじゃなくて
ホントに台湾人が好んで通う台湾料理を食べさせたいと言って
友人の台湾人のYちゃん一家がここへ連れて来てくれました。



Yちゃんのお母さんとかお姉さんとかお姉さんの旦那さんとかも来てくれて
い~っぱい人数がいたので、いろんなお話もできて、しかも
たくさんの台湾料理を食べられてとっても楽しかったです!!



オーダーはお任せ!

どんなものが出てくるのかなぁ・・・ワクワク!!


P1000915.jpg

パリパリの鶏の皮?と思ったら、これは「腸」!
わお~いきなりモツですか!!


P1000908.jpg

豚足と豚の角煮盛り合わせ!

奥はシジミの醤油煮で、日本のものよりかなり大きめのシジミの
つるん!という食感がとても美味。



P1000912.jpg


干し大根入りの玉子焼き。

湯葉巻きとシラス入り青菜のスープ煮。


P1000911.jpg

牡蠣の豆豉炒めの牡蠣。
これは日本よりかなり小ぶり。




初日からアクセル全開で食べまくって、こりゃぁ~胃が大変だわと思い
スープは胃袋入りを注文!


食べ過ぎの旅はモツで始まりモツで〆る。
同物同治ですね~


P1000921.jpg

胃袋と生姜のスープ



P1000917.jpg

台湾料理のプリンはこんな形らしいですよ~。
クリーミ~~



美味しいもの、珍しいもの、まだまだ続々登場しますよ。

お楽しみに!


【2011/08/11 08:14】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(0)
漢方食材街は「からすみ」でも有名
アジアへ行くと必ず立ち寄る漢方生薬街。
迪化街は台北の乾物や漢方食材を売る通りです。

P1000893.jpg P1000895.jpg




ここは台湾名物「からすみ」を売る店が並ぶことでも有名で、こんなふうにブラブラ…
(これは模型ですが)





P1000883.jpg


からすみ専門店がたくさんありました。





しかしお目当ては漢方薬屋さん

P1000900.jpg

台湾の漢方薬は瓶や生薬箪笥ではなく、壺に入っているんですね!


P1000896_1.jpg

漢方薬を配剤しているおじさんに「写真撮っていい?」と聞くと
わざわざ手を止めてにっこり笑ってカメラ目線!


優しい~~~~・・・



松の実やなつめ、枸杞の実、杜仲、山薬、蓮の実などの漢方食材から
菊花、玫塊花、ジャスミン、ハイビスカスなどの花茶、
ツバメの巣や白きくらげなどの乾物定番品以外に
香港でも韓国でもなく、台湾のココだけで初めて見たのがこちら。


P1000902.jpg



柚を丸ごと1個漢方に漬け込んだ喉の薬。(木の蓋の上にある物体)

P1000903.jpg


柚子茶なども喉の不快感のある時に良く飲まれますが
この丸ごと漢方薬漬けの柚を注文があるたび包丁で切って売ってくれます。


P1000882.jpg (右側の袋が切った後の状態)


食べるとほんのり柚子の風味がするのですが
味はやはり漢方薬。

その後驚くほど、喉がスースーすっきり爽快になります!


話す仕事の人は食べたほうがいいよ、とのこと。
へ~、色々あるんですね~。




ホント乾物ひとつとっても、その土地ならではの
いろんな楽しいものがありますよね~!!!
【2011/08/10 08:23】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(2)
台北で台湾料理を勉強してきました


沖縄とは別の日程で、台湾へも行ってきました~!!!


いつの間に2か所も行ったのって?へへへ…体2つあるんです!
なんちゃって!!!
(あったらいいですよね~)



アジアの薬膳料理やその土地ならではの郷土料理に大変興味があるのですが
多くのアジア諸国の中でも今まで台湾料理だけ習う機会がなく
香港に住んでいた時に台湾人の友達に台湾料理を教えてもらっていた程度。

本場の台湾の味を自分の舌と肌で感じてみたくて
やっと行くことができました。



さて、世界の中でもこれほど親日的な国はないですね。

台湾へは14年前に高雄へ行ったきりになっていましたが
台北も美味しいものがたくさんあり、また人々の人情あふれる優しさに
身も心もすっかり浄化されて戻ってきました!


また続々と台湾で出会ったものについてご紹介したいと思います。




一つ、忘れられない出来事になったのは台湾で占いに行ったこと!


性格が単純なので言われたことそのまま全部信じ切ってしまいそうで
香港でも日本でも決して占いには行ったことがなかったのですが
台北滞在中に朝起きたら突然「絶対ここで占いに行かなくては!!」という
切羽詰まった気持ちになり、突然予定変更して突撃してきました。



生年月日と生まれた時間、手相と人相でおじいさんの占い師に
ビシバシ!!と性格を言い当てられ、本当に怖いぐらい。


聞きたい質問が2つあったんですが、こちらから聞かなくても
何を聞きたいか知っているかのように向こうから言ってくる…\(◎o◎)/!ヒャー




有り難いことにこの一件で迷いや悩みがいっぺんに吹き飛び
すっかり肩の力が抜けて本当に楽になりました。
(ね、丸ごと信じてしまっているでしょ!)



人相学で一つ注意されたことを近いうちに実践してみようと思っています。

急にある日突然顔がガラッと変わるかも?!(笑




明日からの台湾についての記事も、どうぞお楽しみに~♪
【2011/08/09 07:41】 | アジアの薬膳料理 | トラックバック(0) | コメント(1)
前ページ | ホーム | 次ページ
プロフィール

赤堀 真澄

Author:赤堀 真澄
国際中医師
中医薬膳指導士
国際薬膳学院 学院長
日本インナービューティー協会理事
ORIENTAL WISE主宰


7年間の香港生活を終え
’08年3月日本へ帰国。
上海中医薬大学附属日本校薬膳講師を経て
国際薬膳学院 学院長に就任。

「普段の食卓を薬膳に変える」をモットーに本場で学んだ素晴らしい食の知恵を日本で無理なく続けられる薬膳にして
楽しくお伝えしてまいります!

出版本のお知らせ

≪漢方スタイル&薬膳テーブル≫

漢方スタイル&薬膳テーブル

初めて薬膳にふれる方でも取り入れやすいレシピが詰まっています!

WISE CAFE Facebook

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。